季語/瓜の花(うりのはな)を使った俳句

「瓜の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「瓜の花」について

【表記】瓜の花

【読み方】うりのはな

【ローマ字読み】urinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

瓜の花を含む俳句例

家々によき年寄や瓜の花/森澄雄

瓜の花屏風の如き雨通る/辻桃子

夕にも朝にもつかず瓜の花/芭蕉

雷に小家は焼かれて瓜の花/蕪村

きり~す啼やいつまで瓜の花/士朗

湖照りの眦にあり瓜の花/六本和子

よく滑る空気枕と瓜の花/永末恵子

夕べにも朝にもつかず瓜の花/芭蕉

少年のいがぐり頭瓜の花/菅谷泰夫

山畑は父の生甲斐瓜の花/古川幸市

瓜の花密通の罪今あらず/辻田克巳

瓜の花雫いかなる忘れ草/松尾芭蕉

嬰児の確かな血筋瓜の花/佐倉あさ子

乞食にひと畑ありぬ瓜の花/石田勝彦

小さき蝿我へ移りぬ瓜の花/岩木躑躅

朝のみの瓜の花かな雨蛙/大谷碧雲居

瓜の花日雇やもめ数知れず/岩田昌寿

瓜の花海には月を遊ばしむ/天野龍斗

瓜の花甕ごろごろと陶の町/山田ゆき

瓜の花蝶を誘惑してやまず/松本弘孝

俳句例:21句目~

秋たつや朝横日して瓜の花/松瀬青々

海面を風走りくる瓜の花/大木あまり

涼しさに伸びて夜明の瓜の花/石井露月

父母健やか雨瓜の花も日々を大/大串章

山門を出れば瓜畑瓜の花/北川/与志昭

思ひきり泣く少年や瓜の花/星野麥丘人

母病むや瓜の花みな北向きに/村越健雄

瓜の花夫婦かたみに俸待つも/草間時彦

瓜の花たんだ一輪はしり咲き/水田正秀

瓜の花手毬つく子の出羽訛り/池田義弘

草木瓜の花に笑顔を使ひ捨て/綾部仁喜

臍隠すまでもなからん瓜の花/橋石和栲

葉がくれに空を仰いで瓜の花/栗原昌子

野良猫の無理して通る瓜の花/藤岡筑邨

雨土をしたゝか揚げぬ瓜の花/西山泊雲

さざなみの志賀に見てをり瓜の花/森澄雄

井戸水の溜まるを待てる瓜の花/北川左人

瓜の花肌にふれし手ひそかに持す/岸田稚

物売りのづかづかと来ぬ瓜の花/川上庫子

瓜の花我が凡の日を足れりとす/吉田久子

俳句例:41句目~

瓜の花手につけ農夫胸診られ/瀧澤伊代次

かな~や土暮れて来し瓜の花/大谷碧雲居

鶏小屋をここにうつして瓜の花/中村吉右衛門

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ