季語/土用芽(どようめ)を使った俳句

「土用芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「土用芽」について

【表記】土用芽

【読み方】どようめ

【ローマ字読み】doyome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・土用の芽(どようのめ:doyonome)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

土用芽を含む俳句例

土用芽や母を縛む文いくつ/村沢夏風

雨の中土用芽しるき梛大樹/柿沼常子

土用芽の吹く盆栽を軒下に/川崎栗堂

土用芽や天にもありし雨疲れ/大牧広

土用芽のそら白雲の溜り易し/高澤良一

土用芽や宙にとどまる微塵光/下村槐太

土用芽の赤く伸びたる楓かな/佐藤芙陽

色浅き土用芽風になぶらるる/品川てい

詩の話などせよ樟の土用芽に/榎本好宏

人悼むこと土用芽に触るること/石田勝彦

北晦くして土用芽のひるがへる/下村槐太

土用芽にうすくれなゐの走りけり/脇祥一

土用芽につきし小さき蕾かな/高瀬/初乗

土用芽のくれなゐ赤彦歌碑の前/池上樵人

土用芽の伸びて気だるき昼下り/武田光子

土用芽や原爆知らぬ子の背丈/下村ひろし

土用芽や手品師の引く赤き領布/平井照敏

土用芽や温泉町つづきに垣低く/木村蕪城

土用芽や遠くたしかに雷ひとつ/細川加賀

土用芽をしかと見てをり死が近し/風見潤

俳句例:21句目~

息を深くしぬ土用芽の翳れるに/下村槐太

鎧戸鎖す土用芽白く炎ゆを見て/下村槐太

どうだんの刈込み土用芽浮べたり/高濱年尾

まぼろしや土用芽現に胸突く径/赤城さかえ

まるめろの土用芽一枝手で欠きし/高澤良一

まろ~と刈り土用芽を待つ茶山/新田千鶴子

土用芽の中の山椒の芽を摘まな/戸井田和子

土用芽の手折りたくなる薄みどり/高澤良一

土用芽の日ぐれは紅くよみがへる/草村素子

子の睡いまを土用芽ひらひらする/下村槐太

時差疲れ癒ゆ土用芽のくれなゐに/吉田/明

土用芽の星のごとくにつらなれる/山口青邨

土用芽の伸ぶにまかせて憂しとせず/高木晴子

土用芽の照りかがやきて人逝けり/佐々木六戈

土用芽のわけてもばらは真くれなゐ/篠田悌二郎

土用芽やたしかに生きる樹を廻る/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ