季語/破れ傘(やぶれがさ)を使った俳句

「破れ傘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「破れ傘」について

【表記】破れ傘

【読み方】やぶれがさ

【ローマ字読み】yaburegasa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「や」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

破れ傘を含む俳句例

鴬の声を眼下に破れ傘/八木綾子

含羞の一つの容破れ傘/高澤良一

破れ傘生ふ裏山の道愛す/高澤良一

奥飛騨は水音太し破れ傘/佐藤斗星

破れ傘一境涯と眺めやる/後藤夜半

山側の東に当るやぶれがさ/石川桂郎

それぞれに枯葉被きし破れ傘/鈴木弘

滝近きけはひの霧に破れ傘/岡田貞峰

破れ傘貧しき花を傘の上/青柳志解樹

孫ほどの破れ傘容れ破れ傘/高澤良一

破れ傘まこと破れて夏の草/高野素十

朝市に売つてゐたるよ破れ傘/辻桃子

雨去りし斑鳩道の破れ傘/町田しげき

破れ傘音なき雨に傘ぬらす/渡辺夏舟

破れ傘控え目といふ装したり/高澤良一

この葉形たしかに破れ傘の花/高澤良一

破れ傘白花かかげかけこみ寺/東福寺薫

夢は葉の隙より遁ぐる破れ傘/笠原和子

破れ傘破れし傘を陽おもてに/椎橋清翠

破れ傘詠みて即ち雨季を詠む/後藤夜半

俳句例:21句目~

物の怪の何時離れたる破れ傘/高澤良一

蚕の神をひしめき囲み破れ傘/和田暖泡

風吹いていよよ黄葉の破れ傘/岡田日郎

相聞歌古りざんばらの破れ傘/平井さち子

破れ傘ここら辺りとおもふ辺に/高澤良一

破れ傘まこと破れて冬枯るゝ/古藤一杏子

破れ傘めきたる雨の牡丹あり/阿波野青畝

雫して破れ傘とはこのとほり/佐々木六戈

破れ傘大分しっかりしてきたる/高澤良一

破れ傘の命名主はどなたぞ若し/高澤良一

破れ傘ことし見損じなかりけり/高澤良一

やぶれ傘油じむ日を浴びゐたり/高澤良一

馬の背にゆく花嫁よやぶれがさ/金平伍冬

いつやらも折れてをりたる破れ傘/後藤夜半

やっとこさ地べたを出でて破れ傘/高澤良一

曰くありげな名を貰ひたる破れ傘/高澤良一

咲くと見て鉢にあげたる破れ傘/下村ひろし

花了へてまことその名も破れ傘/田上一蕉子

破れ傘花といふものありにけり/大久保橙青

やぶれ傘傘さしきればつまらなき/高澤良一

俳句例:41句目~

やぶれ傘薹が立つとはこんなもの/高澤良一

日曜の終りさみしきやぶれがさ/上野美智子

破れ傘五指ぎくしやくと見てゐたり/大石悦子

やぶれ傘むらがり生ひぬ梅雨の中/水原秋桜子

やぶれがさむらがり生ひぬ梅雨の中/水原秋桜子

やぶれがさ打つ木しづくか小瑠璃なく/金尾梅の門

蛾がたちてまだ夜がひそむやぶれがさ/千代田葛彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ