季語/夾竹桃(きょうちくとう)を使った俳句

「夾竹桃」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夾竹桃」について

【表記】夾竹桃

【読み方】きょうちくとう

【ローマ字読み】kyochikuto

子季語・関連季語・傍題・類語など

・叫出冬(きょうしゅつとう:kyoshutsuto)

・半年紅(はんねんこう:hannenko)

・桃葉紅(とうようこう:toyoko)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

夾竹桃を含む俳句例

阪急は夾竹桃を飜す/京極杞陽

灘五郷夾竹桃の花盛り/塩川雄三

老人の白昼夢見る夾竹桃/斉藤節

病人に夾竹桃の赤きこと/高濱虚子

水着ほす夾竹桃の夕日中/西島麦南

獄舎の扉夾竹桃の花犇と/石原舟月

夾竹桃空白の檻水打てり/宮武寒々

灰燼に夾竹桃の朝の微雨/西島麦南

夾竹桃さき滞船に燕飛ぶ/西島麥南

夾竹桃昼は衰へ睡りけり/草間時彦

昼は夾竹桃夜は夜の女/浜井武之助

文中の夾竹桃も暮れにけり/斎藤玄

巷間や夾竹桃は白に出て/菅家瑞正

夾竹桃廈の石造貧に耐ヘ/飯田蛇笏

夾竹桃戦後の病みな長し/石田波郷

夾竹桃競車かくやと乱れけり/林翔

夾竹桃漁港の昼の雲翳す/石原舟月

夾竹桃運河一本鉄のごと/永方裕子

論外に夾竹桃の赤がある/大西泰世

夾竹桃父殺したるごと昏し/岩月通子

俳句例:21句目~

猫散つて夾竹桃は風の塊/河野多希女

夾竹桃はげしき言葉われを去る/原裕

父母にあふ夾竹桃のまた盛り/森澄雄

爆禍遠し夾竹桃に甘い風/下村ひろし

爆心地こゝと夾竹桃燃ゆる/浅見春苑

夾竹桃さき運河ゆく蔬菜舟/西島麦南

橋の名を残せる暗渠夾竹桃/星野恒彦

夾竹桃夕立返すけしきかな/増田龍雨

朝焼が胸につめたし夾竹桃/太田鴻村

うつつなる夾竹桃の空に兄/柿本多映

夾竹桃炎ゆ広島も長崎も/関口比良男

老人の手のように白夾竹桃/和知喜八

美少年かくまふ村の夾竹桃/柿本多映

悲報の空夾竹桃の紅きはむ/仙田洋子

ひろしまの弔花夾竹桃の白/居升白炎

夾竹桃黙祷一人ひとりかな/菱田久恵

夾竹桃頭蓋蔽ひて髪しげる/野澤節子

税関吏わかく夾竹桃あかし/木下夕爾

夾竹桃造船の音ぶつかり来/矢島渚男

夾竹桃花無き墓を洗ふなり/石田波郷

俳句例:41句目~

夾竹桃花のをはりの海荒るる/桂信子

夾竹桃火の如く咲く爆心地/寺田順子

夾竹桃花なき墓を洗ひをり/石田波郷

白は目に涼し夾竹桃さへも/稲畑汀子

ローマとは松と夾竹桃の街/高木晴子

夾竹桃二階の窓に人老いて/藺草慶子

夾竹桃南蛮墓標朽ちにけり/小林康治

画廊出て夾竹桃に磁榻ぬる/飯田蛇笏

夾竹桃河は疲れを溜めて流れ/有働亨

夾竹桃火花の如し過密都市/山本歩禅

夾竹桃一難去ってまた一難/高澤良一

夾竹桃咲けば向田邦子の忌/原田青児

町貧し夾竹桃は咲かしめて/清水基吉

古き町運河に沿へり夾竹桃/水野爽径

大阪の埃りなつかし夾竹桃/西本一都

玉音を聞きしこの駅夾竹桃/榊原麦子

踏絵見る夾竹桃を背の窓に/多田裕計

夾竹桃旅は南へばかりかな/福永耕二

夾竹桃のような女と寝てきたよ/仁平勝

夾竹桃ほのほの色の見えぬ昼/福永耕二

俳句例:61句目~

夾竹桃ゲートル巻きし少年期/今泉貞鳳

夾竹桃下校の吾子の日の臭ひ/中村先行

夾竹桃咲きて墓標に陰作る/斉藤シゲ子

夾竹桃咲きの盛りの翳もたず/岸風三樓

夾竹桃咲き憔悴が昏れのこる/石原八束

夾竹桃咲けば華やぎ沙漠町/吉良比呂武

夾竹桃夢二の甃の坂いまも/千代田葛彦

夾竹桃憂し広島に住むかぎり/内田柳影

夾竹桃戦車は青き油こぼす/中村草田男

夾竹桃日暮は街のよごれどき/福永耕二

夾竹桃東京砂漠灼けはじむ/千代田葛彦

夾竹桃火屑の如く掃き寄せて/行方克巳

夾竹桃白きは夕べ待つごとし/米谷静二

夾竹桃白のたぎるは雨の前/蓬田紀枝子

夾竹桃砂に這ふ如人住みて/望月たかし

夾竹桃羅馬に残るネロの鞭/田川飛旅子

夾竹桃遊び尽くして帰りけり/蘭草慶子

夾竹桃遺品に妻のものあらず/吉野義子

夾竹桃陋巷の夏はじまりぬ/大橋櫻坡子

夾竹桃雲と会ふ陽のきらめきて/中拓夫

俳句例:81句目~

尻上り言葉を浴びつ夾竹桃/八木林之介

怒濤もて満ち来る潮や夾竹桃/岡田貞峰

戦中派戦後派夾竹桃咲けり/梅田実三郎

殉教地夾竹桃はほむらなす/古賀まり子

測量器の目玉がすわり夾竹桃/桜井博道

激動の世を咲き継ぎて夾竹桃/生田経子

火を焚くや夾竹桃の花の裏/波多野爽波

産聲や夾竹桃の夜明けつつ/石田あき子

病めば炎ゆ夾竹桃が家つつみ/松村蒼石

紺の濤くづれて夾竹桃のうへ/大屋達治

たしかなる記憶夾竹桃咲けり/岸風三楼

街路樹の夾竹桃の雨を来し/児玉寿美女

被爆地に夾竹桃の花咲けり/中野美智子

夾竹桃おなじ忌日の墓ならぶ/朝倉和江

夾竹桃にひるの屋根ばかり/栗林一石路

夾竹桃のつぼみ勉強部屋の前/瀧井孝作

風が出て灯の電車ゆく夾竹桃/桜井博道

早咲きのいくらなんでも夾竹桃/高澤良一

夾竹桃背を向け合ひて裸となる/岩田昌寿

夾竹桃あせもの寄りの子を抱く/松村蒼石

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ