季語/秋近し(あきちかし)を使った俳句

「秋近し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋近し」について

【表記】秋近し

【読み方】あきちかし

【ローマ字読み】akichikashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋隣(あきどなり:akidonari)

・秋隣る(あきとなる:akitonaru)

・秋の隣り(あきのとなり:akinotonari)

・秋の境(あきのさかい:akinosakai)

・秋迫る(あきせまる:akisemaru)

・来ぬ秋(こぬあき:konuaki)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

秋近しを含む俳句例

秋近き影を憐む鏡かな/士朗

秋近き心遊ぶや沢の水/余子

飯櫃にまたのる猫や秋隣/龍雨

草藤の阿蘇の紫秋近し/石昌子

秋近き心の寄るや四畳半/芭蕉

暁の雲をさまらず秋近し/紅緑

鶏の寝言聞きけり秋隣/窪田英治

秋隣そののち久し夏休/高橋睦郎

六甲に雲ひとひらや秋隣/谷迪子

草庵の壁に利鎌や秋隣/飯田蛇笏

松風や紅提灯も秋隣/芥川龍之介

箒木に一樹のかたち秋隣/斎藤玄

帚木に一樹のかたち秋隣/斎藤玄

木喰に膝詰めてゐる秋隣/下田稔

秋近き塀に風ある住居哉/内田百間

秋隣る柴の籬や種胡瓜/今成無事庵

わが一人行水了へつ秋隣/石井露月

三つ星の岩波文庫秋近し/藤井彰二

物の葉のそよぎに浜の秋近し/里紅

秋近し七夕恋ふる小傾城/正岡子規

俳句例:21句目~

秋近し石ごもり鳴る水聴けば/占魚

秋近き往来となりぬ黍畑/大谷句佛

秋ちかく隠亡昼をねむりけり/麦南

天日暗く満都の弔旗秋隣/中川四明

米借りて背負ひ帰るや秋隣/松本長

山水のつまづく音や秋隣/石田勝彦

庭先を猫歩み居り秋隣る/内田百間

秋近き梶の茂りや天の川/松瀬青々

雨空が人を走らす秋近し/守屋明俊

松が根に小草花さく秋隣/子規句集

墓松に玉虫とるや秋近く/飯田蛇笏

秋近しむすめの料理清潔に/中山純子

秋近し熟睡の国に入りしより/斎藤玄

秋近し牛のうんこも大ぶりに/仁平勝

秋近し薄雲透ける空にさへ/加藤覚範

一坪の花にかくれて秋近し/会津八一

秋近し露に溢るゝつゆの月/松岡青蘿

綺羅星を噴く死火山や秋隣/岡田貞峰

老を呼ぶ鳩も吹かれな秋隣/水田正秀

腹うすく仰臥つづけり秋隣/石田波郷

俳句例:41句目~

薬壜の口のひかりて秋隣/佐藤美恵子

野の果の空井戸のぞく秋隣/橋石和栲

夕べ遊ぶこどもの声や秋隣/増田龍雨

鉢の葦ふときもかしぎ秋隣/木津柳芽

子供等の寝癖の跡や秋近し/小西正海

室内の調度に目のゆく秋隣/高澤良一

鏡見てゐるや遊女の秋近き/正岡子規

風たちて岡城に秋近しとも/松下義幸

鱒料る籠を瀬に浸け秋近し/河野南畦

鶴一つ痩せて秋待つ木の実かな/支考

秋を待つ行燈はるや宿の妻/高田蝶衣

泊船や誰かはなひる秋隣/東洋城千句

燈台に灯すこゝろや秋隣り/飯田蛇笏

瑠璃色の海を秋待つ心とし/細見綾子

瓢亭の茄子汁の香も秋近し/中川四明

磨崖仏一筋の風や秋近し/赤木日出子

秋ちかき心の寄るや四畳半/松尾芭蕉

秋近う鬼灯の恋色に出づる/会津八一

秋近き世のなりはひの似顔絵師/鷹女

秋近き天領のまち土鈴買ふ/田中芙美

俳句例:61句目~

秋近き扇のひだのよれ~に/大谷句佛

秋隣沮池の鷺草を鉢に愛づ/内藤吐天

秋近き蛙の声と誰知るや/大場白水郎

秋近しふと草むらの五輪墳/尾崎迷堂

秋近き雲の流れを簾越しかな/臼田亞浪

きのふけふ何に疲れし竹の秋/近藤一鴻

みんみんに眠り足らふも秋近し/森澄雄

秋近き洞爺の大に身を置きぬ/林原耒井

涼しき斑染めて秋待つ薊の葉/大島民郎

秋近し衢路の樹はきりつゞめ/木津柳芽

割れ出でし茘枝の紅や秋隣/大須賀乙字

竹の幹秋近き日ざし辷りけり/室生犀星

白楊の梢つぶやくに似て秋隣/加藤楸邨

垣ずりにゆく灯明るし秋隣/金尾梅の門

秋近き風鈴となりねむられぬ/三橋鷹女

手にとる本手にとらぬ本秋隣/高澤良一

拈りつゝ秋待つらしも麦の髯/尾崎紅葉

秋近く夜毎聖書を読む灯哉/石島雉子郎

秋近く切り残されし藜かな/安藤橡面坊

桁丈といふも着のみや秋近し/石塚友二

俳句例:81句目~

秋近き夜ふけの風や屋根の草/永井荷風

秋近し燈下の蟲の稀になりぬ/高浜虚子

秋近や落葉松うかぶ風呂の中/室生犀星

秋待つと拈るべうなり麦の髯/尾崎紅葉

秋近きてすりに凭るや月二つ/飯田蛇笏

軒に干す伊吹もぐさや秋近し/三宅孤軒

秋近き日の透き易き葭簀かな/小杉余子

秋近し厠上無花果の雨を聴く/内藤吐天

秋近し書棚に映る草ゆらぎ/伊藤いと子

馬刺食ふ木曾の真闇や秋近し/有馬朗人

高根雲秋近き雨こぼしけり/金尾梅の門

秋近し夕ベの汐に光りなく/鈴木真砂女

亡き妻を心に抱き秋を待つ/井上兎径子

渋柿の渋の抜け去る秋を待つ/大谷句佛

秋近し灯下の虫の稀になりぬ/高浜虚子

お妾といはれて住むや秋近し/大場白水郎

切手など買ひ足しおかねば秋隣/高澤良一

夜雨しば~照り極つて秋近し/大須賀乙字

秋待や径ゆきもどり日もすがら/室生犀星

秋近き蕨をつみてよろこべり/瀧澤伊代次

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ