季語/旱星(ひでりぼし)を使った俳句

「旱星」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「旱星」について

【表記】旱星

【読み方】ひでりぼし

【ローマ字読み】hideriboshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

旱星を含む俳句例

旱星教会裏は曠野めき/三谷昭

鉢の子や国上に勁き旱星/原裕

ふるさとや豊年星の旱星/有働亨

団交のあとを残業旱星/亀井糸游

旱星百姓強き酒に酔ふ/長井哀耳

旱星神の水甕手窪ほど/佐藤火星

旱星流木は山忘れざる/大庭紫逢

水使ふ音の夜更けて旱星/内藤吐天

人形に生死の無くて旱星/永井純子

力なき木々に力の旱星/永田耕一郎

水ゆれて猫の渡りし旱星/柚木紀子

月蝕の闇引き緊まる旱星/熊田鹿石

男泣く外科病棟の旱星/伊丹三樹彦

耳掻購い帰る東京の旱星/赤尾兜子

草の香を強く感じて旱星/如月真菜

旱星集へば踊るジプシーは/吉野義子

旱星食器を鳴らす犬と石/秋元不死男

木星の水と出会いの旱星/畠山あさみ

犬楠の木は石より堅し旱星/古舘曹人

狐憑き診て戻る夜の旱星/武井ひろ子

俳句例:21句目~

屋根明るむUFOでなく旱星/安西篤

旱星われを罵るすなはち妻/西東三鬼

旱星祈られ疲れの主は一人/池田澄子

旱星積みたる漁網匂ひけり/植竹京子

鬱々と潮は満ちをり旱星/下村ひろし

女立たせてゆまるや赤き旱星/西東三鬼

夜泣き子の深き眠りへ旱星/三浦加代子

酔うて寝る破片ばかりの旱星/上原勝子

降ろされし帆の匂ひけり旱星/藺草慶子

疲れ寝のてのひらを抜け旱星/桜井博道

身のうちの虚空に懸かる旱星/大道寺将司

エチュードの後のしじまの旱星/高橋修宏

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ