季語/秋の芽(あきのめ)を使った俳句

「秋の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の芽」について

【表記】秋の芽

【読み方】あきのめ

【ローマ字読み】akinome

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

秋の芽を含む俳句例

晩婚や風禍の欅秋芽吹き/松崎鉄之介

牡丹の秋芽につきし蕾かな/高野素十

月光菩薩秋芽のごとき合掌を/野澤節子

献体のこと思ひゐる秋芽かな/綾部仁喜

秋芽ふく島にキリスト復活図/林十九楼

秋芽ふく歓喜しみじみ空へ向き/板野古楠

秋芽摘む唄も聞かざり深山の茶/林原耒井

わがゆくて秋芽いろなす薔薇の門/草村素子

秋の芽やみづみづしきは恋の顔/鈴木真砂女

秋の芽や財を持たねば身のかろく/鈴木真砂女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ