季語/石榴(ざくろ)を使った俳句

「石榴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「石榴」について

【表記】石榴

【読み方】ざくろ

【ローマ字読み】zakuro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・柘榴(ざくろ:zakuro_)

・実石榴(みざくろ:mizakuro)

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

石榴を含む俳句例

実柘榴や父の宿りし寺の塀/原裕

実石榴に嵐の前の雫かな/日原傳

石榴握りしめ終戦日弟よ/原田喬

潮騒や裸灯暗く柘榴売る/小池文子

麗しき石榴新作見る如し/高澤良一

実柘榴や因幡美作国境/和田しずえ

厠から寒肥汲んで古柘榴/滝井孝作

一筋の月の光に石榴裂け/新野祐子

柘榴の実小さき顔の少女出づ/原裕

世間体一笑に付す石榴の実/高澤良一

明朝活字填りて邃し石榴なり/竹中宏

鉢植の柘榴少き実を持ちぬ/寺田寅彦

実柘榴や夕日の奥の絵本棚/能村研三

昨日寸前今日また寸前熟れ石榴/林翔

過去苦く柘榴一粒づつ甘し/鷹羽狩行

終の石榴燦たりや笑う遺影/寺井谷子

紅とても透明感に石榴の実/山下美典

大奥は満員柘榴笑むばかり/櫂未知子

柘榴裂け吾は晴天童子なり/古館曹人

石垣の上の姉より柘榴受く/廣瀬直人

俳句例:21句目~

王冠に嵌めよ石榴の紅き粒/品川鈴子

柘榴紅まだ破裂せず愛吉碑/岡崎万寿

牧と言ふ向うは大雨柘榴酸し/松澤昭

海石榴市の歌垣の辻陽炎へる/坂上香菜

火の性の石榴ひやびや雨弾く/高澤良一

火石榴や屋敷を浮かす夕明り/内田百間

石榴の実吸ふやたかだか四十年/辻桃子

実柘榴や火影あばるる寺竈/藤田あけ烏

石榴より硬き頭のテロリスト/高澤良一

実石榴に一笑の乱ありにけり/鈴木渥志

石榴喰ふ女かしこうほどきけり/炭太祇

石榴淡紅雨の日には雨の詩を/友岡子郷

美しき石榴に月日ありにけり/瀧井孝作

虚空にて見えざる鞭が柘榴打つ/桂信子

実石榴や五戸より増えぬ隣組/手塚美佐

実石榴や妻とは別の昔あり/池内友次郎

寒の入見舞はん伯父が柘榴鼻/尾崎紅葉

實柘榴や妻とは別の昔あり/池内友次郎

西安を思へば燃ゆる石榴かな/白土吾夫

幾刻ぞ月と石榴の位置かはる/加藤楸邨

俳句例:41句目~

庭の柘榴床の柘榴を笑ふらく/寺田寅彦

跣群れて石榴うちわる港かな/小池文子

金剛力士めく赭顎の石榴割れ/松木利次

怺へ性なき石榴から爆ぜはじむ/飯田直

闇汁の納豆にまじる柘榴かな/会津八一

海石榴市や小松菜洗ふ車井戸/内山芳子

青ざくろ眼の濁りゆく齢なる/藤田湘子

悪魔来て我と柘榴を頒ち食ふ/藤岡筑邨

二の腕は柘榴と同じ味がする/櫂未知子

青柘榴家抜けてすぐ湖のへり/右城暮石

柘榴割きわれら射手座の兄妹/馬場駿吉

青空に絵具の色の石榴の実/大峯あきら

拾得の笑ふがごとく裂け石榴/高澤良一

風空にはためき恍惚と柘榴/川島彷徨子

口あけて柘榴のたるる軒端哉/正岡子規

提灯に石榴を鬼子母祭りかな/松瀬青々

風遊ぶ一つ残りし実石榴に/佐々木扶美

柘榴が口あけたたはけた恋だ/尾崎放哉

柘榴の実蒼天に爆ぜ武家屋敷/水原春郎

柘榴一個老人の巣に輝けり/小泉八重子

俳句例:61句目~

覚醒の時や柘榴の実のこぼれ/柴田奈美

柘榴紅し都へつづく空を見て/柿本多映

柘榴裂け岐路一方に逃げ易し/古舘曹人

校長の石榴にふれて帰りけり/香川修広

妻がくふ柘榴の紅を見出せリ/林田紀音夫

うなだれて灰汁桶のぞく柘榴哉/寺田寅彦

海石榴市の霧に点れる木守柿/長谷川史郊

雨粒のひつきりなしに石榴かな/岸本尚毅

ざくろの実旧居の扉触れず去る/小倉緑村

海鳴りや吼ゆるが如く柘榴割れ/酒向庄八

雨鬼鳴きてくもる菜園柘榴さく/飯田蛇笏

柘榴屋敷で馬丁を責めし未亡人/筑紫磐井

柘榴接いで其夜逝かれし聖かな/野村泊月

柘榴食ひしづかなる父怖れけり/藤岡筑邨

海柘榴市のむかし語らぬ蝸牛/町田しげき

早稲の香や老樹の柘榴垣に垂り/飯田蛇笏

柘榴ちつて珊瑚瑪瑙をしく庭よ/村上鬼城

ようやくに母の呪縛の石榴割れ/二村典子

昨日今日晴れて石榴の重さ増す/菖蒲あや

目薬をさしてしばらく柘榴濡れ/和知喜八

俳句例:81句目~

珠玉蔵す柘榴赤磁の壺といはん/福田蓼汀

眦あげて子が怒り泣き柘榴爆ぜ/小林康治

矢の如く速達が来て石榴の家/波多野爽波

一粒一粒柘榴の赤い実をたべる/臼田亞浪

下向きて落ちんともせぬ柘榴哉/星野麦人

柘榴揺れゐてさ迷へる国ありき/飯田龍太

石榴の実噛めば思ひ出遥かなり/高浜年尾

二つ三つ爆ぜし石榴に盆地の日/高澤良一

石榴みな弾けて媼にこにこと/波多野爽波

光こめて深くも裂けし柘榴かな/渡辺水巴

割れ石榴父のあそびの暗かりき/鎌倉佐弓

午後二時の日南の圏に柘榴の実/佐野良太

柘榴日々熟れゆく重さ加へけり/岸風三樓

古寺の庭石榴落ちかりん落ち/成瀬正とし

四分割姉妹に石榴実を高盛り/中村草田男

大津絵の鬼出て喰ふ柘榴かな/黒田桜の園

石榴手に水瓶は頭にひたむきに/小池文子

実ざくろや妻とは別の昔あり/池内友次郎

木を離る拈華微笑の柘榴の実/小檜山繁子

石榴裂け生涯いくつ時計もつ/波多野爽波

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ