季語/アマリリスを使った俳句

「アマリリス」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「アマリリス」について

【表記】アマリリス

【読み方】あまりりす

【ローマ字読み】amaririsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

アマリリスを含む俳句例

青天やアマリリスこそ島の芯/林翔

島役所址の畑のアマリリス/清崎敏郎

愁なき夫婦の生活アマリリス/力富山葉

恋成就して大輪のアマリリス/佐藤信子

病室の隅の未明やアマリリス/石田波郷

アマリゝス南無三宝を肯ぜず/攝津幸彦

原爆の地に直立のアマリリス/横山白虹

アマリリス叢るは濃き空の色/坪根里杏

太陽に烏が棲めりアマリリス/福田蓼汀

颱風の廣間の闇のアマリゝス/横山白虹

病歴に夫恋とありアマリリス/千原草之

傾きしまゝに開きぬアマリリス/川口咲子

夫恋は恋にはあらずアマリリス/森田桂子

室咲きにして赤巨大アマリリス/高澤良一

アマリゝス其處は厨の水流る/殿村菟絲子

アマリゝス廃墟明るく穢なし/殿村菟絲子

アマリゝス癈墟明るく穢なし/殿村菟絲子

アマリリス貧しい話もう止そう/川島南穂

駅名も城址路傍のアマリリス/下村ひろし

アマリリス開く来訪者のやうに/山田弘子

俳句例:21句目~

バーは夜の言葉が腐るアマリリス/有働亨

ブラジルに一期一会のアマリリス/星野椿

アマリゝス殉教の話きゝし後/殿村莵絲子

ばんざい寝の猫の肋骨アマリリス/松本恭子

アマリゝス跣の童女はだしの音/橋本多佳子

アマリリス土佐闘犬を飼へる門/篠田悌二郎

アマリリス廃墟明るく穢れなし/殿村菟絲子

アマリリス描く老画家の師はマチス/皆吉司

四つの花四方へ開きてアマリリス/日野草城

アマリリス跣の童女はだしの音/橋本多佳子

二方プラス二方四方やアマリリス/京極杞陽

アマリリス眠りを知らずただ真紅/堀口星眠

アマリリス男の伏目たのしめり/正木ゆう子

温室ぬくし女王の如きアマリリス/杉田久女

燭さはに聖母の花のアマリリス/水原秋櫻子

アマリリス泣き出す声の節つけて/山本詩翠

真紅とはこの花のことアマリリス/川口咲子

華やかに咲いても孤独アマリリス/川口咲子

アマリリス曇り日寄する波一線/水原秋櫻子

属性は火星その名はアマリリス/夏井いつき

俳句例:41句目~

アマリリスぶつきらぼうや寺の庭/八木林之介

アマリリス耶蘇名マリアの墓多き/古賀まり子

咲き誇るほつたらかしのアマリリス/中井郁子

アマリリス月のなき夜を深ねむり/柴田白葉女

なまじひに蜑が咲かせしアマリリス/佐野まもる

アマリゝス過去が静かにつみかさなる/横山白虹

アマリリスまでフリージアの香りかな/高野素十

四方に告ぐここにわれありアマリリス/小沢信男

アマリリス過去が静かにつみかさなる/横山白虹

指が裂ける股が裂けるとアマリリス/田邊香代子

アマリリス炎のいろ珈琲香だちゐて/柴田白葉女

どうしても子宮に手がゆく/アマリリス/松本恭子

アマリリスラジオのヴォリューム一杯に/高澤良一

アマリリス道化師はしんそこ愉快なのかも/石井雲子

紅の花アマリリス咲き残る地もせつなしたたかひやまぬ/木俣修

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ