季語/蚰蜒(げじげじ)を使った俳句

「蚰蜒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚰蜒」について

【表記】蚰蜒

【読み方】げじげじ

【ローマ字読み】gejigeji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・げじ(げじ:geji)

・大蚰蜒(おおげじ:ogeji)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蚰蜒を含む俳句例

老夫婦蚰蜒をにくみて住みにけり

蚰蜒に松の切株匂ひけり/高橋栄子

蚰蜒は古柱より生れけり/大橋櫻坡子

名月や石の下なる蚰蜒蜈蚣/高橋睦郎

げぢげぢや風雨の夜の白襖/日野草城

蚰蜒の逃げ足迅し荘開き/五十嵐/象円

げじげじが現れ消ゆる夜の壁/内藤吐天

げぢげぢが畳に対角線をひく/藤岡筑邨

蚰蜒眉むずと吊り上げ初閻魔/高澤良一

夕霧わたる青げじげじと家へ/阿部完市

春炬燵げじげじ土の香を齎す/栗生純夫

げじげじという静寂が動きたり/松本利次

花嫁を迎へに出たり蚰蜒陸馬/佐々木六戈

蚰蜒といふ字は覚えおく気なし/北野平八

蚰蜒に這はれし避暑の枕上ミ/吉岡禅寺洞

げぢげぢを躓き追ふや子と共に/石田波郷

蚰蜒や歳月くらく身を染むる/能村登四郎

蚰蜒を打てば屑々になりにけり/高濱虚子

影抱いて蚰蜒の居る鴨居かな/島村元句集

げじげじがげじげじと鳴く魂も/岸本マチ子

俳句例:21句目~

げじげじの影追ふおのれよりも濃く/岸田稚

げじげじの踊るかたちにあたり見る/岸田稚

げぢげぢよ誓子嫌ひを匐ひまはれ/山口誓子

蚰蜒に寝に戻りたる灯をともす/中村草田男

げぢげぢ疾走無為の人間黙殺して/藤岡筑邨

蚰蜒の死人を甜めてゐたりけり/加藤かけい

蚰蜒落ちて沙弥あらはれし太柱/島村元句集

げじげじの命ちりちりばらばらに/阿波野青畝

蚰蜒に鳴らぬ太鼓をかつぎゆく/長谷川かな女

生きてゐる蚰蜒なれや馳くるなり/軽部烏頭子

蚰蜒をそののち絶えて見ざりけり/大橋櫻坡子

げじげじや霧にゆらぎてランプの灯/志摩芳次郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ