季語/鷭(ばん)を使った俳句

「鷭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷭」について

【表記】鷭

【読み方】ばん

【ローマ字読み】ban

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鷭の笑い(ばんのわらい:bannowarai)

・川烏(かわがらす:kawagarasu)

・大鷭(おおばん:oban)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鷭を含む俳句例

深川に家を移して鷭を聞く/洗耳

潟波に白山古風鷭飛べり/宮武寒々

鷭の子の親に連れ浮く小さよ/感来

鷭鳴いて船堀の船寝飽きたり/林翔

天日に曝せる卵鷭浮巣/石井とし夫

から川のけふは流れて鷭の宿/中勘助

芦叢の中なる水路鷭飛べる/大竹孤悠

鷭鳴いて青田茫々湖かこむ/堀口星眠

雨あとの沼の濁りや鷭の月/橋本鶏二

鷭なくや月に佇む四つ手守/橋本鶏二

刈萱の沈めしままや鷭の鳥/石川桂郎

鷭仰ぐ板半ば欠く舟着場/中戸川朝人

鷭鳴くや男の厚きマッチ箱/飯島晴子

宵の口鳴いて曇るや鷭水鶏/立花北枝

渉る鷭の浮びて行きにけり/川端茅舎

鷭の巣に雨南北に國長し/長谷川草々

鳰の巣は鷭の巣よりも暖かし/松藤夏山

鷭の子のもう親離れして漁る/松本圭二

これからが面白くなる齢と鷭/神尾季羊

鷭の子の舳かけりし蓮見かな/岸風三楼

俳句例:21句目~

とらんとす鷭の卵に真菰かげ/松藤夏山

鷭の巣の中より菅の嫩芽かな/松藤夏山

みほとけに鷭鳴く沼の夕明り/大山百花

鷭の江をわたりPTAへ行く/木村蕪城

子をつれて鷭のあるける菱畳/吉川葵山

鷭鳴いて夏これよりの隠れ沼/東原芦風

小屋を出てあるく簗番鷭の月/橋本鶏二

鷭鳴いて沼も男もやさしかり/中村明子

鷭啼くや浮草に潮落ちてあり/渡辺水巴

月を待つ芦原ひくゝ鷭翔けり/岸風三楼

月青し鷭巣籠りのころならん/藤永霞哉

水浴びて鷭も四温の舟溜り/石井とし夫

沼の家灯れば鷭の雛も巣へ/石井とし夫

立ち去るや沼風に来る鷭のこゑ/及川貞

立待の霧がくれつつ鷭鳴けり/堀口星眠

舟ゆけば蒲綾なすや鷭のこゑ/石田波郷

葭の中巣ごもる鷭か声きこゆ/山谷春潮

送り出て鷭の月夜の沼ほとり/橋本鶏二

鷭の巣を隠れ見ているなんの愛/峠素子

蒲生ふる水に雨意あり鷭翔ける/木村蕪城

俳句例:41句目~

うすうすと四方の峯あり鷭の月/橋本鶏二

稲扱のさなかに鷭を撃ち落す/米沢吾亦紅

鷭飛びて利根こゝらより大河めく/菅裸馬

鷭たちて真菰の水の昏れゐたる/岸風三楼

子を負へば鷭も子連れや雨の中/堀口星眠

鷭一羽御かりにもれていく程ぞ/加舎白雄

鷭の子は風の真菰にうたれつつ/松村蒼石

鷭啼いて梁のつらぬくひとつ家/黒田杏子

沼の面に大鷭降りて小鷭飛び/為成菖蒲園

鷭の子の小さき水尾も夕焼たる/岸風三楼

湖べりへはしれる鷭や滑走路/水原秋櫻子

蒲生れる水に雨意あり鷭翔ける/木村蕪城

鷭なくやまがきのうへに沼の月/橋本鶏二

鷭鳴いて病める教師に朝が来る/木村蕪城

水をすぐ上つてしまひ巣立鷭/石井とし夫

木の又に巣組みし鷭や走り梅雨/田中敦子

鷭の子の現れてきてふえにけり/石井とし夫

鷭の子の親より先に駆けて巣へ/石井とし夫

えり多き舟路となりぬ鷭もとび/加藤かけい

鷭の脚しづかに動く梅雨のひま/室生とみ子

俳句例:61句目~

鷭らしや良夜の沼に引ける水尾/石井とし夫

鷭出で来はたして巣立鷭出で来/石井とし夫

鷭の卵とり来りしがはや寝たる/千代田葛彦

鷭水に節を画きてかくれけり/阿部みどり女

鷭鳴いてたそがれ近き沼ひかる/下村ひろし

鷭とぶや蓮見の舟の行くかたを/大橋櫻坡子

ちかぢかと鷭の声ある浮巣かな/大橋櫻坡子

取りし雑子づれ鷭にも少し投げ/石井とし夫

撃ちし鷭拾ふ田舟を借りにけり/米沢吾亦紅

撃ちし鷭釣師馳せ来て押へたり/米沢吾亦紅

浅間けふかくれて鷭も巣にひそむ/大島民郎

鷭一羽くびほそめつつ湖さわがす/加藤知世子

鷭の子の踏みわたりゆく浮葉かな/八木林之介

どこからか巣立ちて沼の鷭となる/石井とし夫

鷭でもゐるやう八つ手古葉を掻いとる/喜谷六花

連れられて鷭の子駆けてばかりゐる/石井とし夫

青い卵ある鷭鳥の巣なり他にもある筈なり/安斎櫻カイ子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ