季語/達磨市(だるまいち)を使った俳句

「達磨市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「達磨市」について

【表記】達磨市

【読み方】だるまいち

【ローマ字読み】darumaichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・福達磨(ふくだるま:fukudaruma)

・達磨店(だるまみせ:darumamise)

季節による分類

・「た」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

達磨市を含む俳句例

境内が一日赤き達磨市/池谷晃

竹群に寒風集め達磨市/真鍋貴子

関東の空の青さよ達磨市/小島健

福達磨重なり糶らる荒筵/北村風居

天心に昼月澄めり達磨市/永田徳子

布子着てむかし顔なり達磨市/篠原

達磨市賑ひ畦の凍ゆるぶ/島村時子

坐してこそ心ぞ歩む福だるま/林昌華

起き上り上手を選び福達磨/腰川瑛子

冨士昏れて枯野灯す達磨市/杉山葱子

雪嶺や白眼ばかりの達磨市/渡辺白峰

天日を高きにとどめ達磨市/池田秀水

富士昏れて枯野灯す達磨市/杉山葱子

転ぶ余地なく並べられ達磨市/館容子

足許を風吹きめぐり達磨市/野村洛美

酔ひ渡る達磨市裏夜霧濃し/小林康治

田の焚火一日燃えて達磨市/三関浩舟

遠嶺から日癖の風や達磨市/林青芒子

曇りつつ薄日映えつつ達磨市/石田波郷

曇りつゝ薄日映えつゝ達磨市/石田波郷

俳句例:21句目~

裸灯より釣銭掴み出す達磨市/雨宮抱星

達磨など買はずと達磨市にくる/貞弘衛

達磨市富士は大きな雪だるま/本宮鼎三

達磨市香具師もどこかの国訛り/瀧春一

青空のちらちら雪や達磨市/鈴木しげを

鶯や手書き地割りの達磨市/黒坂紫陽子

福達磨口をへの字に売れ残る/伍賀稚子

円になる力に燃ゆる福だるま/岡村文江

街の灯と山の灯つづく達磨市/塚越志津枝

福逃がすごとく転びて達磨市/五所平之助

一眼を入れてわがもの福達磨/池内てい子

目に雲がつまつてゐたり福達磨/大石雄鬼

武蔵野の富士は小さし達磨市/石田あき子

むさしのの大き日だまり達磨市/石田勝彦

裏山は芽吹きはげしや達磨市/石田あき子

ほどほどの未来を買へり達磨市/岡崎枕子

枯桑に打たせじと抱く福だるま/出牛青朗

福だるま妙義は雲を飛ばしけり/大嶽青児

売りごゑにつかまつてゐる達磨市/成瀬靖子

はるばると来て一つ買ふ福達磨/杉山伊都子

俳句例:41句目~

主婦のがま口いつもばら銭達磨市/草村素子

福だるま一つは病める友に買ふ/石田あき子

福だるま置きてととのふ書架の隙/松本可南

福だるま見下ろす炬燵塞ぎけり/津高里永子

風の日の捨値となりぬ福だるま/鈴木しげを

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ