季語/出水(でみず)を使った俳句

「出水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「出水」について

【表記】出水

【読み方】でみず

【ローマ字読み】demizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏出水(なつでみず:natsudemizu)

・梅雨出水(つゆでみず:tsuyudemizu)

・出水川(でみずがわ:demizugawa)

・水害(すいがい:suigai)

季節による分類

・「て」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

出水を含む俳句例

出水の加茂に橋なし夏祓へ/蕪村

流木の骨狼藉の出水跡/福田蓼汀

童はや出水の筏漕ぎ慣れぬ/林翔

大出水引きたる水に水馬/右城暮石

大演習出水の稲を踏渡り/増田龍雨

出水引き馬焼く煙磧より/亀井糸游

出水禍の十一月も畳なし/近藤一鴻

銃剣の州兵屯す出水町/保田白帆子

只独出水の湯女の迎傘/阿波野青畝

位牌先づ二階に移し出水急/小林石

梅雨出水人群れ頭上大鴉/細見綾子

出水踏み関草食みをり放牧馬/林翔

盃を手に眺めゐる庭出水/岡本松浜

庭先に現れし出水の助け舟/安原葉

玉垣を借りて出水の畳干す/森田峠

出水や牛引出づる真暗闇/村上鬼城

出水を名残り弱々し浮く/喜谷六花

朝顔の出水を渡る鼠かな/河東碧梧桐

雨乞のあげくの果ての出水かな/一茶

月照るや一途に濁る出水川/松村蒼石

俳句例:21句目~

山川は卯の花腐しさへ出水/加藤其峰

輪中村囲みて濁る梅雨出水/松井利彦

みみしひの鶺鴒春の出水川/松村蒼石

山々がまさをに囲む出水川/相馬遷子

蝙蝙や出水明りに書く手紙/久米正雄

蝗とびつきて出水の渡舟着く/森田峠

胡瓜棚傾きうつる出水かな/野村泊月

一昼夜流れて目減り出水川/高澤良一

一村の墓流したる出水かな/加藤斐子

二日月ひくく出水の人叫ぶ/小宅容義

放心の妻の手をとり出水中/増富草平

干大根出水のものは干しをへて/林翔

今日晴れて布ひるがへす出水跡/林翔

種麻につく群雀や出水原/金尾梅の門

八方に殖やす出水の恩と黴/近藤一鴻

着流しの男見に来し出水川/松村幸代

山川の出水一縷の葛ひたし/山口青邨

天竜の出水汚れの乱れ萩/小田実希次

白日に出水の泥の亀裂かな/沢木欣一

犬耳を立てて走れり簗出水/橋本鶏二

俳句例:41句目~

六甲の山肌さらに出水跡/鈴鹿野風呂

庭先に出水禍のもの並べ干し/北川草

沢出水老鴬の昼闌けにけり/石川桂郎

橋脚に水引つ掛かる出水川/山口誓子

出水して森の奥なる月明り/中川宋淵

出水禍の流木を積み通行止/西本一都

玉葱の流れて来るや出水川/岸本尚毅

桑原に登校舟つく出水かな/芝不器男

杭といふ杭に芥や出水引く/下村梅子

岩の上に出水名残の岩乗れり/森田峠

山川は出水してをり葛の花/高濱年尾

鶏が棒鳴きをして出水して/佐々木六戈

づぶ濡れの棹一本の出水舟/百合山羽公

ひらひらと真菰悲しき出水中/高野素十

まぎれなき出水の上の鴉の巣/宮岡計次

わが庭のノアの洪水梅雨出水/大中祥生

人呑みし川に出水のもの洗ふ/藤浦昭代

今年亦出水に住むべき蚊遣哉/増田龍雨

出水して墓地沼底や時鳥/長谷川零餘子

出水の量見る提灯や月草に/石島雉子郎

俳句例:61句目~

出水修羅駆け去り堤曼珠沙華/近藤一鴻

出水川とゞろく雲の絶間かな/飯田蛇笏

出水川徒渉り来て朝の彌撒/下村ひろし

出水引き蛇垂る桃樹月さしぬ/宮武寒々

出水後の蘆色もどる泳ぎかな/中村汀女

出水野に一軒ポツと朝灯/阿部みどり女

卯の花のさながら腐つ山出水/石川桂郎

各戸一炉出水に映る灯もありて/堀葦男

夜といふ不安の中に出水守る/河野扶美

大阪へ出る途中はや出水して/高濱年尾

寝返りの闇に出水の闇ありぬ/城取信平

小波をたてて出水田夜となる/今瀬剛一

山の秀の山にしづもる出水後/宮坂静生

山径の礫あたらしき出水あと/田原央子

峡の家夜すがら灯す出水かな/芝不器男

峡の田を沢蟹はしる出水あと/太田蓁樹

梁に手かけてのぞく出水かな/橋本鶏二

往診のこゝより行けず梅雨出水/瓦玉山

日のさして力みなぎる出水川/石井健作

梅雨出水あばれ遭難碑を倒す/岡田日郎

俳句例:81句目~

梅雨出水烏飼はれて遊びをり/石川桂郎

梅雨出水簗の緊張つづくかな/大橋敦子

梅雨出水蘆が簾のごとく揺れ/松村蒼石

梅雨出水鳥飼はれて遊びをり/石川桂郎

梅雨出水鴉飼はれて遊びをり/石川桂郎

橋脚にかかれるものも出水跡/西村和子

海をなす出水に障子洗ひけり/鈴木花蓑

淋しさや出水の岡の蕎麦の花/高浜虚子

牛小屋の小戸を外しぬ出水急/三星山彦

鶏抱いて来り刻々出水増す/百崎つゆ子

立臼の浮いて倒れし出水かな/野村泊月

草花にあはれ日のさす出水かな/原石鼎

鉄橋を歩くほかなき出水かな/福井一福

あはれなる出水話のをかしさに/京極杞陽

出水見に行きてなか~戻り来ず/下村非文

夏出水ピカソがそつと泣くことも/鷲田環

一歩づつ出水を鳴らし夜の往診/川上季石

羊蹄花や出水の泥にまみれ咲く/佐々赤竹

ぽつてりと没日ありたる出水村/山尾玉藻

出水跡畝なしに菜種振り蒔けり/高田蝶衣

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ