季語/薔薇(ばら/そうび)を使った俳句

「薔薇」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薔薇」について

【表記】薔薇

【読み方】ばら/そうび

【ローマ字読み】bara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・しょうび(しょうび:shobi)

・花ばら(はなばら:hanabara)

・薔薇香る(ばらかおる:barakaoru)

・薔薇散る(ばらちる:barachiru)

・薔薇園(ばらえん:baraen)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

薔薇を含む俳句例

通ひ路の春光ふかき薔薇垣/麦南

兄葬り戻れば庭の薔薇紅し/滝青佳

迎春や薔薇百株と文学と/原田青児

波激し三等船室のバラ造花/杉本寛

薔薇の虫神の手の如我潰す/上野泰

白薔薇沸々と死が近くあり/石嶌岳

棘に触れ薔薇より紅き薬塗る/林翔

薔薇園に点す一燈聖夜餐/原田青児

夕風や白薔薇の花皆動く/正岡子規

眦に薔薇の溢るる端居かな/上野泰

指ふとき女薔薇売る巴里祭/高島茂

花薔薇したたかな幹枝構/瀧井孝作

百本の薔薇に匹敵する言葉/生野雅

霜月や夜に抗ふ薔薇の白/石塚友二

金葬る吾子に薔薇も枝伸べて/林翔

友情や薔薇の芯なほ蕾形/中村明子

月光にかたち崩さぬ白薔薇/石嶌岳

西域の古き傅へや薔薇水/松瀬青々

父が夢の煉金薔薇霧暗し/内藤吐天

蝿ひとつ夜深き薔薇に逡巡す/草城

俳句例:21句目~

藪跡や筍生える薔薇の側/子規句集

悔の糸夜の薔薇と甦へる/石塚友二

薔薇一輪鏡に在りし美き朝/中尾白雨

かくれ泣く妻が肩見ゆ白薔薇/有働亨

薔薇一輪心の奥にかすり傷/和田幸司

薔薇一輪一輪ゆゑに重信忌/攝津幸彦

薔薇一輪の教壇は荒れ易し/対馬康子

舞踏の人薔薇花前に語る哉/尾崎紅葉

白薔薇口渇く日の続きけり/谷口桂子

緑陰の白バラ緑ならんとす/山口青邨

盛花や撫子軽く薔薇の上/島村元句集

相応の薔薇の門あり領事館/高澤良一

働いてきて恋人ら薔薇公園/和知喜八

日の薔薇まぶしめば風髪を吹く/原裕

入口に近きは原種薔薇の園/田辺洋子

風の薔薇妻に少女期了るなり/有働亨

室咲の百万本の薔薇君に/稲畑廣太郎

初日記薔薇園作業二行ほど/原田青児

ひたすらに赤し颱風前の薔薇/桂信子

薔薇園一夫多妻の場を思ふ/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

家主に薔薇呉れたる転居哉/会津八一

薔薇園の瘤白鳥に木蔭なし/大島民郎

薔薇の根に蟻の群る日向哉/寺田寅彦

尖鋭も叡智も薔薇の姿とし/後藤夜半

十二橋薔薇咲く庭を終りとす/森田峠

薔薇に逢ひ旧師旧友白髪に/秦羚羊子

卓上に一本の針薔薇匂ふ/和田耕三郎

潦つながりそめし薔薇の雨/後藤夜半

薔薇園の渦より男抜けていく/森玲子

福藁や籾置を敷く薔薇の蔓/香西照雄

金網の向うが広し薔薇の園/森田智子

窓掛に風が吹くなり紅薔薇/寺田寅彦

薔薇園の全景海へ傾けり/山崎ひさを

薔薇に読む船に始まる物語/橋本風車

わが生も晩期諾ふ薔薇黄なり/早崎明

薔薇園あり真中に老婆たち/寺田京子

名は晶子魂の名は赤い薔薇/高澤晶子

起き抜けの水を一杯薔薇曇/橋本榮治

赤も黄も太陽の色薔薇盛り/和田西方

誘惑に耐えたる悔や夜の薔薇/岨静児

俳句例:61句目~

椋鳥の飛翔律儀や薔薇の雨/堀口星眠

聖女学院薔薇ありて壁に傷/辻田克巳

薔薇に背を廻せば風の櫻島/古舘曹人

善良に公園の薔薇見て帰る/富安風生

晩年を薔薇に腐心の老大家/高澤良一

喪の合唱白く珠なす薔薇の雨/三谷昭

一政の龍三郎の得手の薔薇/高澤良一

一束の緋薔薇貧者の誠より/杉田久女

薔薇館浴後黄昏ながきかな/原田青児

一片の薔薇散る天地旱の中/西東三鬼

薔薇開き今宵の団扇新しき/中村汀女

薔薇活けて外料病室に花鋏/品川鈴子

王宮に薔薇と鏡の大/公使/筑紫磐井

坂急になりて抱きし薔薇香る/大高翔

薔薇館言葉気取りし鸚鵡ゐて/原田青児

垣薔薇に海の夜明けの雨光る/内藤吐天

垣薔薇の売女に匂ふ旦暮かな/飯田蛇笏

沖の船あるひは隠し薔薇の雨/池田秀水

河童の恋路に月の薔薇ちれる/飯田蛇笏

蘂深く薔薇のゆるせる雲の影/木下夕爾

俳句例:81句目~

泣き虫のまま卒園の薔薇胸に/吉原文音

夏夕日石柱青き薔薇をまとふ/太田鴻村

親王の御輦の薔薇白妙に富士/飯田蛇笏

夜の薔薇我が瞳に宿る赤き闇/吉原文音

夜の薔薇遥かよりわれ戻り来る/徳弘純

誕生日この一日の薔薇を買ふ/河野南畦

うづ高き石炭かすや白き薔薇/寺田寅彦

豪華なる薔薇盛り沼を見はるかす/林翔

貧乏寺蜂はぬくぬく薔薇の中/中山純子

大寒の薔薇に異端の香気あり/飯田龍太

深く捲き尖る白薔薇自省勝ち/香西照雄

贅沢に寡黙に薔薇に降る雨は/原田青児

天心の浜薔薇に朋たてこもる/大井恒行

夫の咳やまず薔薇喰ふ虫憎む/横山房子

辺福は青天と薔薇書買ふのみ/香西照雄

迎春やわが薔薇園に海を容れ/原田青児

濃き薔薇が大輪となる遅日かな/及川貞

蟻よバラを登りつめても陽が遠い/篠原

子が与ふ薔薇の花びら天道虫/沢木欣一

逢魔時色褪せし薔薇に雨灑ぐ/内藤吐天

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ