季語/太藺(ふとい)を使った俳句

「太藺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「太藺」について

【表記】太藺

【読み方】ふとい

【ローマ字読み】futoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

太藺を含む俳句例

昼深き太藺の水の曇かな/木村蕪城

一点の太藺の花の水の影/山口青邨

須く太藺青天目指すべし/高澤良一

林なす太藺の下が螢かな/高澤良一

太藺中何か起りし水騒ぎ/星野立子

太藺散る水平らかや水馬/島村元句集

太藺田の方へ曲つて行く男/高野素十

学ぶこゑ太藺の水の上をくる/上村占

放牧の馬あり沢に太藺あり/高浜虚子

晩涼や太藺の池は水湛ふ/柴田白葉女

花つけて傾き易き太藺かな/瀬戸十字

蛇が太藺の中へ消えゆけり/高澤良一

向うゆく人の明るき花太藺/後藤比奈夫

太藺咲く隙間だらけの通り雨/苅谷敬一

水葱の花折る間舟寄せ太藺中/杉田久女

水葵の花折る間舟寄せ太藺中/杉田久女

沼の雨太藺を打ってやゝ荒き/高澤良一

沼昏るる方へ靡けり太藺原/村上しゅら

花太藺ささら波立つ風消えて/乾/節子

蜘蛛の糸太藺一本たわみよせ/西山泊雲

俳句例:21句目~

太藺折れ水の景色の倒れけり/粟津松彩子

舟たのし太藺の花を折りかざし/富安風生

雨の中雨が太藺に凝りにけり/阿波野青畝

青嵐に花もつれたる太藺かな/島村元句集

梅雨上るらし夕風の太藺うつ/金尾梅の門

太藺田や消ゆること無き風の窪/有働木母寺

いつまでも太藺のそよぎ見て立てる/山口青邨

吹かれ来て太藺にかゝる落花かな/五十嵐播水

折れしまゝ活けてよきもの花太藺/後藤比奈夫

籠を編むごとく太藺の折れはじむ/加藤三七子

藺にあらずこれは太藺のがらっぱち/高澤良一

太藺花咲いてゐて女性若くてこゑす/中塚一碧樓

真っ直ぐに水突きぬけし太藺かな/小川/真砂二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ