季語/黒南風(くろはえ)を使った俳句

「黒南風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黒南風」について

【表記】黒南風

【読み方】くろはえ

【ローマ字読み】kurohae

子季語・関連季語・傍題・類語など

・くろばえ(くろばえ:kurobae)

・荒南風(あらはえ:arahae)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

黒南風を含む俳句例

黒南風の島に蒙古の碇石/松本学

黒南風の裏磐梯は荒々し/猿渡青雨

黒南風や嬰児葬る甕出土/宮坂静生

黒南風や山皆墓の大谷廟/榎並悦子

黒南風や浜に弔ふ鯨の死/勝山彦義

黒南風や一歩一歩の重かりき/篠原

黒南風の叢打つて人来る/棚橋影草

黒南風や鞭つ如く描く顔/相生垣瓜人

黒南風や乾き初めたる鯨肉/内田美紗

黒南風や回転木馬修理中/一ノ木文子

黒南風や城に秘蔵の火縄銃/北村妍二

黒南風や城の守護霊鎧抜け/生駒清三

黒南風に右往左往の今年竹/津村青岬

黒南風の浪どろどろと庵の裏/石寒太

黒南風に嫌人癖の亢ずる日/相馬遷子

黒南風の浪累々と盛り上がる/河野真

黒南風や大河に臨む芭蕉像/須田修一

黒南風や嫌人癖の亢ずる日/相馬遷子

黒南風や巌削りたる舟著場/早坂萩居

黒南風や校倉ならぶ間に松/下村槐太

俳句例:21句目~

黒南風や燭盡きたれば鐵の針/竹中宏

黒南風や生家を壊す話出て/古川千鶴

黒南風や蘭渓道隆結跏趺坐/川崎展宏

黒南風の雀は細身閣は古り/下村槐太

黒南風や轆轤の首のすぐ太り/杉本渚

黒南風や鉄塔に鳴く群れ烏/下間ノリ

黒南風や陋港いつも魚臭し/西堀真爾

レーダーの円黒南風の操舵室/河原芦月

病癒え来て黒南風の黒に堪ふ/三好潤子

誰がための権力政治黒南風す/相馬遷子

鎧太刀見に黒南風の海わたる/高木良多

黒南風や傘煽らるる歩道橋/肥後秋晴子

黒南風に吹かるる人体解剖図/河合由二

黒南風の枝条架遠くなる島に/宮津昭彦

黒南風や浪音からむ榕樹林/下村ひろし

黒南風は洲の葦原を束ね吹く/松村蒼石

黒南風や昼なほ糶の羅臼港/村上喜代子

黒南風のねむき瞼とさくらんぼ/石寒太

黒南風や栗の花紐垂りしづる/臼田亞浪

黒南風の潮の湿りを二の腕に/坪井耿青

俳句例:41句目~

黒南風や紺青の波蹴立て行く/堤俳一佳

黒南風の舌先に蝶狂ひけり/広谷一風亭

黒南風の蘆原雲のごとくなり/松村蒼石

黒南風の埠頭淋しき倉庫群/酒井みゆき

黒南風や手首重たき朝餉前/日越意津子

黒南風や病む母をただ傍観し/相馬遷子

黒南風や枝葉騒ぐに振り返り/岩田由美

黒南風や人なき家の蔓の薔薇/田中冬二

黒南風や小蟹は穴へ海くるる/古賀佳子

黒南風や蔵の古文書湿り帯ぶ/米山方士

黒南風や虚ろに開く魚拓の眼/小山徳夫

黒南風や西瓜のつるの裏返る/藤井乃婦

黒南風や覆刻本の文字かすれ/石川桂郎

黒南風や帯の銀にも涙落つ/赤松けい子

黒南風や階段にある息づかい/二村典子

黒南風や雑魚流れゆく糶の果/鍋島貞子

黒南風や廻船問屋に隠し部屋/早川利浩

黒南風や鯉飛び跳ねる草の上/笹川悦子

黒南風を呂宋にはこぶ八幡船/筑紫磐井

黒南風を航く丸の字は浪の下/中村鈍石

俳句例:61句目~

黒南風の漁家あけすけの声笑ふ/山口草堂

黒南風の辻いづくにも魚匂ひ/能村登四郎

黒南風の雨に浸かれる富士裾野/長谷川裕

黒南風の岬に立ちて呼ぶ名なし/西東三鬼

黒南風や水夫もみあげの汗微塵/塚本邦雄

黒南風や河童百図の動き出す/北見さとる

黒南風や波は怒りを肩に見せ/鈴木真砂女

黒南風やニーチエの狂気伝はり来/堤保徳

黒南風や筑波の二神雲がくれ/後藤真佐子

黒南風や絵を抜けて鰐絵に還る/須川洋子

黒南風に幟はためく野間大坊/多和田きみ

黒南風や岬のはなの照り曇り/岩佐東一郎

黒南風に白南風ありて稿進む/池内友次郎

黒南風に草打つてゆく板ながし/横山白虹

黒南風のまゆみが砦死後の園/殿村莵絲子

黒南風や群牛の波だちて来る/田口満代子

黒南風のやがて白南風長命寺/大峯あきら

黒南風の一湾を航きかくれなし/行方克己

黒南風の切傷に沁む運河べり/秋元不死男

黒南風や電子レンジにもの弾け/今田恒子

俳句例:81句目~

黒南風の山じわじわと家に入る/六角文夫

黒南風に跼み通しの沙蚕掘り/下村ひろし

黒南風の林泉山へつづきをり/大峯あきら

黒南風の湾処に爽波知る人と/島田たみ子

黒南風や屠所への羊紙食べつつ/中村草田男

黒南風や見飼きて戻る飯匙倩の恋/鈴木寿恵

黒南風や目高が鉢のそとに死し/篠田悌二郎

黒南風やふいに駱駝の微笑せる/殿村莵絲子

黒南風にのりてぞひとの還りける/加藤楸邨

黒南風や火の爪あげて蟹はしる/赤松けい子

黒南風の日比谷にをりぬ湘子亡し/戸塚時不知

黒南風や買つてすぐ嘸む陀羅尼助/鈴木真砂女

黒南風のいづこを蹴りて狂ひたる/平松弥栄子

黒南風のやんだる没日ころがりぬ/八木林之介

黒南風は伏屋のものを染めつくす/相生垣瓜人

黒南風の海揺りすわる夜明けかな/芥川龍之介

黒南風や島山かけてうち暗み/高浜虚子「句日記」

黒南風や明石大門に潮うねり/田部みどり「貝桶」

黒南風日々怒りは希望つちかわん/赤城さかえ句集

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ