季語/冬の蝶(ふゆのちょう)を使った俳句

「冬の蝶」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の蝶」について

【表記】冬の蝶

【読み方】ふゆのちょう

【ローマ字読み】fuyunocho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬蝶(ふゆちょう:fuyucho)

・越年帳(おつねんちょう:otsunencho)

・凍蝶(いてちょう:itecho)

・蝶凍つる(ちょういつる:choitsuru)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の蝶を含む俳句例

凍蝶や襖はづせし太柱/上村占

凍蝶を掃けり津の朝の雨/中田剛

冬蝶や牧草青き農学部/奥村良臣

凍蝶に落石の音谺しぬ/羽部洞然

石人の石の袂に冬の蝶/橋本鶏二

冬蝶の夢崑崙の雪雫/富澤赤黄男

点鐘のごとし冬蝶漂ふは/柿本多映

凍蝶の天与の朱を失はず/飯島晴子

凍蝶の失ひゐたる重心よ/大橋敦子

凍蝶の己が魂追うて飛ぶ/高浜虚子

凍蝶を過のごと瓶に飼ふ/飯島晴子

転生の深き河あり冬の蝶/鈴木栄子

芥焼く煙のなかの冬の蝶/澤木欣一

凍蝶の葉裏を移る漸くに/萩原麦草

駅前広場冬蝶のはらはらと/原田喬

濁流に生れ外灘の冬の蝶/吉原文音

凍蝶の翅伏す霜の寂光土/西島麦南

凍蝶に最も短かき紐使ふ/攝津幸彦

一休の体重かかる冬の蝶/永田耕衣

水の香の奥へ奥へと冬の蝶/櫂水尾

俳句例:21句目~

妃の陵は細き参道冬の蝶/皆吉爽雨

凍蝶を過のごと瓶に飼ふ/飯島晴子

冬の蝶魂抜けて飛び廻る/星野立子

冬の蝶羽の合掌解きて死す/柴田奈美

凍蝶よいくたび逢える篠原か/三谷昭

凍蝶のいのちの翳の漂へる/鈴木栄子

すれ違うごと凍蝶と曲芸師/対馬康子

冬の蝶柩送りしあとに舞ふ/田中英子

冬の蝶実験といふ核使ひ/染谷佳之子

凍蝶や生きて一縷の沢のおと/金子潮

冬の蝶凩の里に飛びにけり/室生犀星

倒れずにゐる凍蝶の二枚翅/辻田克巳

凍蝶の終の力が翅たたむ/小川原嘘師

人に蹤き墓を離るる冬の蝶/中山純子

凍蝶や朝は縞なす伊豆の海/原田青児

冬蝶のただ美しき疲れかな/阿部完市

たど~と籬に沿ひて冬の蝶/西山泊雲

仏像の朱は渋き朱や冬の蝶/久米正雄

凍蝶のふと翅つかふ白昼夢/野澤節子

月明し凍蝶翅を立て直す/橋本多佳子

俳句例:41句目~

放ち甲斐なき冬蝶をたなごころ/林翔

安中や凍蝶工女鉄路に消ゆ/橋本夢道

冬蝶の翅のこするる音ならむ/石嶌岳

凍蝶や舌下に舌下錠解かれ/柿本多映

冬蝶の翔てば静かに影従ふ/高田秋仁

凍蝶のゐさうなものよ花時計/森田峠

右手つめたし凍蝶左手へ移す/澁谷道

凍蝶を魂出入りしてをりぬ/藤崎久を

凍蝶の倒れて影と重なれり/三島晩蝉

凍蝶の庇より地に落ちしのみ/石嶌岳

凍蝶にかゞみ疲れて立上る/星野立子

凍蝶の日向といふも風少し/玉城仁子

茶畑の波濤が生みし冬の蝶/富安風生

凍蝶や畑のどこかに子守唄/飯田龍太

翅ひろげゐて放心の冬の蝶/稲田眸子

凍蝶の日差貪ることもなく/高木石子

冬蝶や音をなくせしうしろ山/岸田稚

凍蝶の息ひきとりし谺かな/宗田安正

凍蝶に寒き日ざしも頼み哉/松瀬青々

玉羅紗の外套着たる冬の蝶/久米正雄

俳句例:61句目~

燈台の影につまづく冬の蝶/近藤暁代

凍蝶となり眠りたし透析日/朝倉和江

湖へ木戸あいてゐる冬の蝶/坂本政子

凍蝶の歩むに羽の重すぎる/柴田奈美

凍蝶や日の果に雲一朶燃え/豊長秋郊

凍蝶に海の音する木末哉/佐藤惣之助

合掌のごと凍蝶は翅立てて/朝倉和江

金色の日かげ氓びぬ冬の蝶/内藤吐天

凍蝶の内に彼の世の火の燐/久富風子

完璧の飢ゑ泣き男と冬の蝶/齋藤愼爾

凍蝶を拾ふてのひら岬なす/進藤一考

凍蝶の消えたるは球形の海/対馬康子

凍蝶の傷みなき翅合掌す/佐野まもる

凍蝶の眉高々とあはれなり/高浜虚子

冬蝶を股間に物を思へる人/永田耕衣

凍蝶に満月ほうと出でにけり/有働亨

冬の蝶冥府に翅をひろげたる/山川幸子

冬の蝶吉井勇の歌碑にとぶ/茂上かの女

冬の蝶海の匂いのふいに消え/二村典子

冬の蝶睦む影なくしづみけり/西島麦南

俳句例:81句目~

北上の空に必死の冬の蝶/阿部みどり女

はさまれし凍蝶透けてゆく頁/対馬康子

山の日は掬ふほどなり冬の蝶/田口章人

不覚にも冬蝶刻をみごもれり/柴田朱美

心臓を押さえた形に冬の蝶/宇多喜代子

冬蝶と仮寝してゐる幼女かな/齋藤愼爾

日のぬくみ重し重しと冬の蝶/柴田奈美

冬蝶のごとくしづけき妻を愛す/進藤均

残鐘や離れもあへぬ冬の蝶/水原秋櫻子

冬蝶の一羽で生きし月日かな/高橋沐石

冬蝶の夢見むとゐる伽藍かな/藤田湘子

冬蝶の居丈をとばず日暮れぬる/齋藤玄

眠り薬まだ効いてをり冬の蝶/久米正雄

冬蝶の濃き影を見る芝の上/松本たかし

籬ともおどろとも見ゆ冬の蝶/高橋馬相

冬蝶の置きてゆきたる棄民の書/原田喬

冬蝶の翅の気負ひも帰心ゆゑ/中島畦雨

冬蝶の致死量の風見てをれず/倉橋羊村

冬蝶の舞ひをさめたるかに館/高木晴子

冬蝶の身をひらきたる怒濤音/斎藤梅子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ