季語/源五郎(げんごろう)を使った俳句

「源五郎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「源五郎」について

【表記】源五郎

【読み方】げんごろう

【ローマ字読み】gengoro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・源五郎虫(げんごろうむし:gengoromushi)

・龍蝨(げんごろう:gengoro_)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

源五郎を含む俳句例

源五郎鮒とう昔二重瞼/武田仲一

源五郎游ぐ水口祭りけり/林大馬

蓼科の雲稚かり源五郎/小林貴子

空みあげまた出没の源五郎/穴井太

源五郎提灯漁の灯をおそふ/原好郎

畦近く蓮の巻葉や源五郎/高野素十

水草の茎伝ひ浮く源五郎/木島寿水

掌に掬ふ水に山あり源五郎/岡田久慧

春水や蛇籠の目より源五郎/高野素十

源五郎少年の指なまぐさし/沢木欣一

苗代の籾に抱きつく源五郎/高浜年尾

夕暮を傍らに寄せ源五郎/田口満代子

宇佐八幡池の濁りの源五郎/森田公司

腹広く見せて反転源五郎/大辻山査子

菖蒲田の水に潜みし源五郎/大塚育子

萍のとぢてしづみぬ源五郎/木津蕉蔭

帰省子に鉄の翅擦る源五郎/高井北杜

コロラド河に脚震はせて源五郎/原田喬

仰向けに火蟲の塵へ源五郎/篠田悌二郎

源五郎力をぬけば浮きあがり/徳永球石

俳句例:21句目~

源五郎話をききに灯を取りに/千賀静子

源五郎へへと闇より現はるる/高澤良一

田廻りの母の灯に飛ぶ源五郎/原田桃里

田掻波をさまり巡る源五郎/藤原たかを

秋水に孕みてすむや源五郎蟲/村上鬼城

竜の玉父の齢は生きがたし/藤田源五郎

源五郎地底を匐へり天台寺/遠藤いし夫

水口に遊べるものは源五郎/深川正一郎

飛んで来て畳を這へる源五郎/加藤三陽

世に絶えしものに厳父や源五郎/伊藤孝一

代掻けばおどけよろこび源五郎/富安風生

巻尺を伸ばしてゆけば源五郎/波多野爽波

田に浮いて沈んでその名源五郎/細川加賀

源五郎ぬすめる水に顔見せし/阿波野青畝

源五郎故郷の貌をしてあゆむ/ほんだゆき

源五郎日に舌出してすぐ沈む/野見山朱鳥

藻の花を鼻にぶらぶら源五郎/本間/一萍

山高帽の馭者がゐて源五郎がゐて/古館曹人

巻き尺を延ばしてゆけば源五郎/波多野爽波

源五郎虫次男の髪に隠れけり/長谷川かな女

俳句例:41句目~

源五郎ときどき浮いて顔を出す/瀧澤伊代次

源五郎と知られたるあと浮上せず/松山足羽

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ