季語/五月雨(さみだれ/さつきあめ)を使った俳句

「五月雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「五月雨」について

【表記】五月雨

【読み方】さみだれ/さつきあめ

【ローマ字読み】samidare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・さみだるる(さみだるる:samidaruru)

・五月雨雲(さみだれぐも:samidaregumo)

・五月雨傘(さみだれがさ:samidaregasa)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

五月雨を含む俳句例

五月雨や筏組行く日傘/丸露

毎年の長逗留や五月雨/三角

五月雨や鼠の廻る古葛籠/闌更

雁門や鯨さばしる五月雨/露沾

五月雨の降残してや光堂/芭蕉

髪生えて容顔青し五月雨/芭蕉

雪にせば何丈積ん五月雨/十捨

簔張や枕にひびく五月雨/立独

塩鮭の油たるらん五月雨/暁台

五月雨にざく~歩く烏哉/一茶

竹馬や軒の下闇五月雨/調幸子

上戸衆の物が降けり五月雨/丸石

五月雨や硯箱なる番椒/服部嵐雪

家一つ蔦と成りけり五月雨/一茶

日の道や葵傾く五月雨/松尾芭蕉

五月雨や滄海を衝く濁り水/蕪村

五月雨や仏の花を捨に出る/蕪村

笠叩く松の雫や五月雨/野村泊月

五月雨や肩など打く火吹竹/一茶

五月雨や背戸に盥の捨小舟/也有

俳句例:21句目~

五月雨や田中に動く人一人/蓼太

ほつ~と二階仕事や五月雨/一茶

五月雨や船路に近き遊女町/几董

五月雨に火の雨まじる蛍哉/守武

五月雨や天下一枚うち曇り/宗因

五月雨や起上りたる根無草/鬼城

五月雨や蠶煩ふ桑の畑/松尾芭蕉

骨太き傘借りつ五月雨/会津八一

五月雨や夜の山田の人の声/一茶

提灯の出迎へ頼み五月雨/上野泰

五月雨や思はぬ川瀬桐油舟/沾葉

さみだれや鼠の廻る古葛籠/闌更

五月雨の空吹き落せ大井川/芭蕉

五月雨の竹に隠るゝ在所哉/一茶

五月雨や折々出づる竹の蝶/樗良

降うちに降出す音や五月雨/玉束

五月雨や朝行水のたばね髪/洛翠

五月雨や大河を前に家二軒/蕪村

五月雨や蚕わづらふ桑ばたけ/翁

五月雨や兄の形見の老の杖/滝青佳

俳句例:41句目~

五月雨や色紙へぎたる壁の跡/芭蕉

五月雨に籠り薬を點檢す/石井露月

太綱に繋げる亭や五月雨/野村泊月

五月雨や館晝灯し廂深/松根東洋城

五月雨や噴水の桶鯉の桶/会津八一

五月雨や猫かりに来る船の者/卓池

船頭も饂飩打つなり五月雨/泉鏡花

大欅かぶる灯や五月雨/大谷碧雲居

五月雨に鳰の浮巣を見に行む/芭蕉

五月雨をあつめて早し最上川/芭蕉

五月雨や夏猶寒き箱根山/羅蘇山人

縁側に棒ふる人や五月雨/子規句集

五月雨や夜もかくれぬ山の穴/一茶

つれ~や双ケ岡の五月雨/角田竹冷

磯はたや蟹木に上る五月雨/森鴎外

矢取丁稚声のやすめや五月雨/調泉

五月雨や天水桶のかきつばた/一茶

さみだれや平泉村真の闇/山口青邨

病蚕に焼酒を吹く五月雨/萩原麦草

さみだれや大河を前に家二軒/蕪村

俳句例:61句目~

さみだれの畳くぼむや肱枕/森鴎外

さみだれのうつほ柱や老が耳/蕪村

さみだるる一燈長き坂を守り/林火

牛若の鞍馬上るや五月雨/正岡子規

五月雨の徴発駄馬を今や引/森鴎外

新しき柄杓が水に五月雨/下村槐太

髪はえて容顔蒼し五月雨/松尾芭蕉

燕もかはく色なし五月雨/榎本其角

一日は物あたらしき五月雨/炭太祇

三井寺や湖濛々と五月雨/正岡子規

灰ふきや下水つかへて五月雨/山夕

雨乞は山下りけり五月雨/会津八一

五月雨や三日見つめし黒茶碗/成美

五月雨や我宿ながらかゝり舟/竿秋

湖の水まさりけり五月雨/向井去来

命は一度五月雨小熄み光堂/草田男

就中おん蒔柱五月雨るゝ/高野素十

五月雨や二軒して見る草の花/一茶

水中の青蘆ほのと五月雨/西山泊雲

五月雨や蚓の徹す鍋の底/服部嵐雪

俳句例:81句目~

朝寝昼寝夏の夜長し五月雨/調盞子

閉山の赤旗を焼く五月雨/宮下邦夫

五月雨や今日も勘文奉る/高田蝶衣

詮なさの昼念仏や五月雨/河野静雲

五月雨や桶の輪切るる夜の声/芭蕉

五月雨や胸につかへる秩父山/一茶

五月雨や棹もて鯰うつといふ/鏡花

蓮池の浮葉水こす五月雨/子規句集

五月雨に御物遠や月の顔/松尾芭蕉

葛城やあやめもわかぬ五月雨/青々

苫の香の舟にあきけり五月雨/徳野

物あぶる染どのふかし五月雨/炭太祇

いたつきに名のつき初る五月雨/子規

短夜のうらみもどすや五月雨/千代尼

空も地もひとつになりぬ五月雨/杉風

竹育つ白光の径五月雨/長谷川かな女

竹隠の君子を訪ふや五月雨/寺田寅彦

五月雨やある夜ひそかに松の月/蓼太

筆結ひの心もほそる五月雨/立花北枝

舟小屋に薺花咲く五月雨/佐野青陽人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ