季語/夏至(げし)を使った俳句

「夏至」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏至」について

【表記】夏至

【読み方】げし

【ローマ字読み】geshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏至の日(げしのひ:geshinohi)

・夏至の雨(げしのあめ:geshinoame)

・夏至の夜(げしのよる:geshinoyoru)

・夏至夜風(げしよかぜ:geshiyokaze)

・夏至白夜(げしびゃくや:geshibyakuya)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

夏至を含む俳句例

八幡宮夏至の欅が亭々と/高澤良一

削岩機突く身ぐるみの音の夏至/森洋

原稿紙机上に白く夏至る/山口波津女

渦で了る女醤の巻尺夏至時刻/渋谷道

鹿島槍夏至残光をかかげたり/小澤實

指輪失う罪は夏至光砂利の山/渋谷道

夏至曇街裏床屋に一客あり/北野民夫

萍や夏至の太陽やや西に/百合山羽公

菜箸の油にぬれし夏至の月/如月真菜

夏至の夜の港に白き船数ふ/岡田日郎

夏至近し橋の真中に草噴きて/岡本眸

大阪のキタの朝の夏至の風/藤平寂信

散髪の夏至や途方もなき浪費/塚本邦雄

大槻に夏至の夕焼ふたたびす/亀井糸游

お人柄惜しみつ仰ぐ夏至の月/高木晴子

夏至の月草の匂ひの水流れ/市ヶ谷洋子

夏至ゆうべ地軸の軋む音少し/和田悟朗

高窓や紅粛々と夏至の暁け/赤城さかえ

雨の貌腕もて拭ひ夏至なりけり/岡本眸

隠れ蓑夏至の雨だれ伝ひけり/高澤良一

俳句例:21句目~

泛子沈む水のくぼみも夏至の昼/桂信子

金借りに鉄扉重しや夏至の雨/角川源義

夏至の夜の蟻の大貌卓の上に/井沢正江

空にふと蛾を追ふ雀夏至夕ベ/皆吉爽雨

孔雀捜し園丁が来る夏至真昼/原田青児

天日を仰ぐことなく夏至も過ぐ/稲岡長

納骨の双膝をつく夏至の砂/鳥居美智子

夏至の夜の北の都の時計台/町田しげき

禁煙す夏至の夕べのなど永き/臼田亞浪

夏至といふ何か大きな曲り角/山田凡二

海は目の高さまで満つ夏至夕/各務麗至

野花摘む少女に夏至の祭くる/岩崎照子

帽のまま夏至の文献書院かな/藤田あけ烏

葛飾や夏至のつばめをかほの前/黒田杏子

飯食ひに出て肩濡るる夏至の雨/草間時彦

ハープひく漁港の船の夏至白夜/飯田蛇笏

ビル陰に薄っぺらなる夏至の月/塚田采花

一人旅故のつれづれ今日は夏至/金井綺羅

夏至の日の団扇立なる奈良団扇/後藤夜半

夏至の日の家居いづくに立つも風/岡本眸

俳句例:41句目~

夏至の日の手足明るく目覚めけり/岡本眸

夏至の日の新妻としてパリの旅/千原葉子

夏至の月やうやく光得つゝあり/坊城中子

夏至の雨またひと頻り骸炭卸す/萩原麦草

夏至白夜濤たちしらむ漁港かな/飯田蛇笏

夏至の髪枕に置けば重さなし/長谷川秋子

夏至も青き夕となりて野に出づる/瀧春一

夏至前後橋のアーチを日日あらふ/竹中宏

夏至夕べもう一仕事出来さうな/河野美奇

冬至夏至けふは夏至なる月日かな/及川貞

夏至空の暮六つを啼く海の鳥/上田五千石

大酔し家に戻れり夏至と知る/田川飛旅子

大雨量かぶりて僅か夏至の蘆/百合山羽公

心澄めば怒濤ぞきこゆ夏至の雨/臼田亞浪

木曾馬の遊びて夏至となりにけり/森田峠

水影の木と立ちまじり夏至る/小檜山繁子

沖ぼろに夏至の小雨や脚立釣り/増田龍雨

神妙な顔して夏至のネパール茶/高澤良一

移転して明るき夏至の事務机/副島いみ子

老杉を仰ぎて夏至の日のありど/亀井糸游

俳句例:61句目~

夏至の日の母の飲食ひそやかに/冨田みのる

竹青く磨ける夏至の流れかな/長谷川かな女

エプロンに卵かかえて夏至通過/北原志満子

思想までレースで編んで夏至の女/伊丹公子

夏至の雨山ほととぎす聴き暮らし/田村木国

夏至の日を草木となりて山の人/宇佐見魚目

暗き梅雨夏至の為にも譲らざる/相生垣瓜人

夏至の雨娘ひとり舟をただよはす/飯田蛇笏

夏至も夜の更けてつめたき足の甲/荒井正隆

墨の香や鳩をのせゐる夏至の棟/宇佐美魚目

水上夏至乳あらはに黒髪洗ふ婦も/宮武寒々

地下鉄にかすかな峠ありて夏至/正木ゆう子

今日も降るこの雨夏至に続くらん/高澤良一

風の木のそのまま夏至の日暮れの木/岸田稚

夏至の日も晴耕かげを目深にす/宇佐美魚目

夏至鳥や啼くにも倦んで枝うつり/前田普羅

三時間もどす時計のけふは夏至/稲垣きくの

白衣きて禰宜にもなるや夏至の杣/飯田蛇笏

夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる/正岡子規

菩提樹の夏至の樹肌に手を添えて/高澤良一

俳句例:81句目~

夏至の雨田を駆る汽車に征馬満つ/宮武寒々

あらくさの香立ちてありし夏至のころ/岸田稚

枝を伐る夏至の日深く響きたり/阿部みどり女

夏至今日と思ひつつ書を閉ぢにけり/高浜虚子

水路交う暮らしの町のすぐ夏至に/佐々木らん

夏至もまた梅雨の隠微に倣ふなり/相生垣瓜人

夏至の日の蝶立たしめて師が眩し/冨田みのる

夏至の日の白き目覚めと思ひけり/冨田みのる

金の尾を持つ鶏夏至の点告ぐる/長谷川かな女

夏至といふ日の足どりのさびしき日/宮津昭彦

冬至にも見ざりし夏至の暗さなり/相生垣瓜人

夏至の日の仲見世ぺたぺた歩きけり/吉田鴻司

夏至に逢う劫初のリンゴ噛むように/川本洋栄

女声合唱夏至の草花咲かせけり/長谷川かな女

鳶の輪の高きに夏至はきてをりぬ/永田耕一郎

あぶらむし尻立てて夏至くもりけり/佐野俊夫

夏至の未明は素足の未明遠野ありて/北原志満子

暮れなづむ夏至ビフテキの血を流す/松崎鉄之介

夏至てむささびしてゐるなんせ宵しき/加藤郁乎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ