季語/蚯蚓(みみず)を使った俳句

「蚯蚓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚯蚓」について

【表記】蚯蚓

【読み方】みみず

【ローマ字読み】mimizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・縞蚯蚓(しまみみず:shimamimizu)

・蚯蚓出づ(みみずいづ:mimizuizu)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蚯蚓を含む俳句例

蚯蚓鳴く辺に来て少女賢しや/稚

板壁の木の丸殿や蚯蚓鳴く/蝸茗

参道を渡る横川の大蚯蚓/志城柏

呪詛で蚯蚓鳴かせず庵の僧/乙二

裏山の雨雲深し鳴く蚯蚓/会津八一

蚯蚓鳴く顔して山のひとり姥/澄雄

蚯蚓死す野に傾けて稲車/古館曹人

餌箱の蚯蚓鳴くなり流元/寺田寅彦

露と波とに蚯蚓鳴くらん芥川/才麿

里の子や蚯蚓の唄に笛を吹く/一茶

大蚯蚓仏となりて蟻の変/高澤良一

一日の如き十年蚯蚓鳴く/佐藤漾人

蓙ひえて蚯蚓鳴き出す別かな/寅彦

蚯蚓鳴きテレビ女の顔写す/皆吉司

啓蟄の蚯蚓の紅のすきとほる/青邨

蚯蚓鳴くや冷き石の枕元/寺田寅彦

蚯蚓なく明日は日和ぞ蓼の花/風斤

蚯蚓の屍の黒き一寸天皇史/齋藤愼爾

蚯蚓鳴く遺愛の硯中くぼみ/安田優歌

落葉の下で釘になつた蚯蚓/三橋鷹女

俳句例:21句目~

蚯蚓鳴く草むら月は七日頃/右城暮石

杭打ちて二月の蚯蚓驚かす/高澤良一

私より彼女が綺麗糸みみず/池田澄子

大蚯蚓仏頂面を引っ提げて/網野横月

蚯蚓鳴く間宮海峡真暗に/小檜山繁子

大蚯蚓消えたる村に風残る/小島花枝

竹伐会大蚯蚓出て雨を呼ぶ/大島民郎

蚯蚓鳴くや油に生きし昔の灯/東洋城

補陀落の墓へ蚯蚓の乾ぶ道/茂里正治

降り足らぬ闇の深さや蚯蚓鳴く/芦大

飯盗む狐か蚯蚓鳴き止みぬ/羅蘇山人

祭くる門川に殖ゆ糸みみず/高澤良一

争ひし後の沈黙蚯蚓鳴く/相河美智子

五月雨や蚯蚓の潜る鍋の底/服部嵐雪

監獄の裏の小溝や蚯蚓鳴く/寺田寅彦

湯気絶えし茶殻の下や蚯蚓鳴く/麦光

この村の土の俳諧蚯蚓鳴く/射場秀太郎

蚯蚓鳴く道より低き木地師村/道川虹洋

蚯蚓鳴く永井荷風を読む夜は/廣崎龍哉

蚯蚓鳴く大滑走路ひびわれて/山田春生

俳句例:41句目~

蚯蚓鳴くや肺と覚ゆる痛みどこ/木歩/

焼跡や井戸は埋れて蚯蚓鳴く/寺田寅彦

みみず鳴く日記はいつか懺悔録/五千石

蚯蚓鳴くかなしき錯誤もちつづけ/青邨

みみず道に乾きて四万六千日/沖/里石

掘りためし箱の蚯蚓や花糸瓜/西村雪人

痩詩人欄に蚯蚓を聞く夜かな/羅蘇山人

眼玉がない蚯蚓の眠り洗面器/久保純夫

手洗へば蚯蚓鳴きやむ手水鉢/正岡子規

出るやいな蚯蚓は蟻に引かれけり/一茶

土篩ふ蚯蚓に闇は無かりけり/真鍋蟻十

労働歌蚯蚓うるほひ身を進む/津田清子

恐ろしき無名の強さ蚯蚓這ふ/浅井霜崖

蚯蚓鳴いて隣の咄きこえけり/森川暁水

蚯蚓鳴き故郷の夜道今も同じ/福田蓼汀

涅槃会や蚯蚓ちぎれし鍬の先/正岡子規

新涼の土にとどまる蚯蚓の屎/飯田蛇笏

大蚯蚓空に桃色たなびけり/磯貝碧蹄館

背中曲げ歩く教師や蚯蚓鳴く/藤井彰二

仕置場の裏を通れば蚯蚓鳴く/寺田寅彦

俳句例:61句目~

童子呼べば答なし只蚯蚓鳴く/子規句集

一行詩ほどの蚯蚓に雨つゞく/丸山佳子

月の下に蚯蚓抜きけり翌の釣/野村喜舟

通夜番の角々に立ち蚯蚓鳴く/山田節子

やさしやな蚯蚓啼き出てけさの秋/沾峨

洗ひ場の底にうごめく大蚯蚓/高澤良一

鶺鴒の尾にはねらるる蚯蚓哉/正岡子規

君もまた長子の愁ひ蚯蚓鳴く/藤田湘子

蚯蚓鳴くあたりに非常口灯る/五島高資

鳴く蚯蚓破船は誰が倒せしか/今瀬剛一

鳴く蚯蚓肺と覚ゆる痛みどこ/富田木歩

仮の世に秘めごと多し蚯蚓鳴く/市堀玉宗

俳句史に発禁/検挙/鳴く蚯蚓/池田澄子

呻吟しまた自虐して梅雨蚯蚓/百合山羽公

声清く蚯蚓の鳴くと信ぜばや/相生垣瓜人

大蚯蚓出て庭仕事引きあげる/堀之内和子

大蚯蚓夕陽のかげを引きずりて/岸/典子

座ひえて蚯蚓鳴き出す別れかな/寺田寅彦

掘り返して団子虫やら蚯蚓やら/高澤良一

水かけて蚯蚓よろこぶ展墓かな/岸本尚毅

俳句例:81句目~

泥吐いて胸の痩せたる蚯蚓鳴く/佐原トシ

涅槃図や有情のなかの蚯蚓ン氏/河野静雲

十字架の釘のごとくに蚯蚓死す/対馬康子

空が余白に見える一日蚯蚓掘る/原子公平

肩に胸に抜毛するなり蚯蚓鳴く/森川暁水

蚯蚓出てひかりのくにをまぶしがる/原裕

蚯蚓出でひかりのくにをまぶしがる/原裕

蚯蚓出るや通りの絶えし真昼中/神田南畝

蚯蚓啼くや繰返し読む母の文/石島雉子郎

蚯蚓聞く墓より外に住む人も/相生垣瓜人

蚯蚓這うゴロゴロ石の乾きけり/倉橋尚子

蚯蚓鳴くこと延々と不意に止む/山西雅子

蚯蚓鳴く不義理重なり重ぬるも/清水基吉

蚯蚓鳴く六波羅密寺しんのやみ/川端茅舎

蚯蚓鳴く疲れて怒ることもなし/石田波郷

蚯蚓鳴く病母励ます術なくて/秋川ハルミ

蚯蚓鳴く空気うすしと思ふとき/橋本榮治

蚯蚓鳴く耳鳴りもまた闇のこゑ/山口草堂

蚯蚓鳴く蚯蚓にも閨ものがたり/辻田克巳

弥撒の庭蚯蚓が砂にまみれ這ふ/石田波郷

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ