季語/行水(ぎょうずい)を使った俳句

「行水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「行水」について

【表記】行水

【読み方】ぎょうずい

【ローマ字読み】gyozui

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

行水を含む俳句例

行水や昔々の大盥/瀧春一

行水や雷雨を催さず/福田井村

行水や船宿の夜を篝せり/乙字

行水の捨て所なき虫の声/鬼貫

風呂桶の傍ら低う行水す/篠原

行水の膚に流るる緑かな/上野泰

行水や虹消え残る東山/石井露月

こがらしや岩に裂行水の聲/蕪村

ほの~と行水沸す夕煙/尾崎紅葉

行水や盥の空の樅の闇/飯田蛇笏

行水や盥に遊ぶ児二人/子規句集

行水の人髣髴と起ちにけり/草城

中年の膩肥りや行水す/石塚友二

行水や水引の花蓼の花/田中冬二

五月雨や朝行水のたばね髪/洛翠

行水や椎高々と古庵/東洋城千句

名月や煙はひ行水の上/服部嵐雪

行水や戸板の上の涼しさに/素牛

行水や我立杣の苔の水/尾崎迷堂

行水や寺を預る気草臥/籾山柑子

俳句例:21句目~

行水も里はめぐるに網代守/成美

行水の裸に麦の夕日影/飯田蛇笏

行水の童を慕ひまぐれ犬/瀧春一

行水の砂美しき盥かな/星野高士

行水の女に灯す簾越し/日野草城

隣人古めき声に行水す/宮武寒々

行水の音暫し絶え暫し絶え/杉本零

ある暗さ行水盥置くほどの/岡本眸

行水も日まぜになりぬ虫の声/来山

藪越や物語りつゝ行水す/角田竹冷

行水やつく~法師痩法師/小澤碧童

行水や二人に還る老夫婦/岩木躑躅

行水や児がつかみをる瓜の蔓/桐明

行水や呉山の下の裏借家/野村泊月

行水や戸の節穴も恥しく/野村喜舟

行水や日帰りに峰詣して/高田蝶衣

行水や沛然として夕立す/子規句集

行水や肌に粟立つ黍の風/杉田久女

蝉鳴くや行水時の豆腐売/子規句集

大ながしけふ行水や巴の筒う/才丸

俳句例:41句目~

行水や黍畑から裸にて/岡本癖三酔

行水に誘れがほの花藻哉/高井几董

行水のあとの大雨や花樗/飯田蛇笏

行水の心やすさよ山の月/酒葉月人

行水の女にあばら骨弐本/猪原丸申

行水の女に惚れる鴉かな/高浜虚子

行水の子の声備中国分寺/山本洋子

行水の闇や柑子の花匂ふ/三宅孤軒

行水の盥に嬶が腹あます/巌谷小波

気持よや行水過ぎて雨を見る/虚子

行水の簷に聳ゆれ伊吹山/村上霽月

行水の籬に掛かる女もの/玉置仙蒋

行水の老尼はなげく二日月/原石鼎

行水の此桶明治の底抜けし/佐藤紅緑

行水の妻に声かけ外出す/五十嵐播水

おしろいの花行水の盥かな/小杉余子

行水や脱衣の上の老眼鏡/富田くにを

行水の下焚き立つる蚊遣りかな/野明

行水のしたたか歌をうたひをり/龍男

行水も名残りの風や水の月/松村蒼石

俳句例:61句目~

行水も妻に寐すごす氷かた/野澤凡兆

行水をすれば祭の思ひあり/松瀬青々

十字架もぬぎて行水つかひけり/篠原

行水の四股踏む裸和尚かな/河野静雲

行水の名残鳴きけり法師蝉/小沢碧童

雲水や庭行水に落ちかかる/上島鬼貫

静かなる音して妻の行水す/久保一秀

行水やこわごわ脱ずす小褌/富田潮児

行水の老骨さらす蝉時雨/米澤吾亦紅

暗き湖に何洗ふ音や行水す/西山泊雲

行水の盥に小さく坐りけり/富田潮児

来る水の行水洗ふすゞみ哉/服部嵐雪

行水の稍稍温かりし嚏かな/会津八一

行水の子の尻蒼し合歓の花/宮坂静生

爺が行水のあと婆が洗濯や/鵜沢四丁

行水や縁踏み来る次ぎの人/尾崎迷堂

行水や奥能登にして京言葉/松井恭子

行水の捨場蛙を殺したり/芥川龍之介

行水や晒し場暮るる垣の隙/飯田蛇笏

行水の繭売りし夜のしづかさに/汀女

俳句例:81句目~

麻痺の子の行水あはれ水多し/齋藤玄

行水に一桶水の清さかな/松根東洋城

行水に君子うすまる高ぐもリ/松澤昭

行水に咄すをきけば西鶴忌/松瀬青々

行水に天の夕焼したたれり/相馬遷子

行水に星生む麻の風湧けり/大竹孤悠

あつ過ぎる行水にさす夕日影/飯田蛇笏

行水の曲突築いて居る裸かな/尾崎紅葉

行水やことしは旅を思ひ止み/小杉余子

ゆふ顔や大工にわたす行水場/横井也有

行水の名残やなすび葉隠りに/石川桂郎

三日月さま行水させまする/牧山牧山人

行水や月に吹かるるあばら骨/臼田亜浪

枸杞の実や竹藪越しの大夕日/工藤行水

行水の名残に更くる灯かな/佐々木綾華

行水の児にかへり来る父坑夫/増田原子

宋玉も行水の子を見しやらん/松瀬青々

行水のすめばまたとる袋蜘/吉岡禅寺洞

行水のすみし児ぬれし額髪/高橋淡路女

行水や盥も古りて身も老いて/小澤碧童

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ