季語/八十八夜(はちじゅうはちや)を使った俳句

「八十八夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「八十八夜」について

【表記】八十八夜

【読み方】はちじゅうはちや

【ローマ字読み】hachijuhachiya

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

八十八夜を含む俳句例

白杖に八十八夜の杉雫/村越化石

額熱く八十八夜妻過す/清水基吉

筆一本洗ひ八十八夜かな/関戸靖子

病室に八十八夜冷ありし/松本圭二

干潟饐え八十八夜雨粗し/小林康治

霜害を恐れ八十八夜待つ/高濱虚子

音立てて八十八夜の山の水/桂信子

北国の春も八十八夜過ぐ/橋本春霞

一本の杖も八十八夜にて/高橋富里

犬猫に八十八夜の道濡れて/岸田稚

風の穴壁に八十八夜また/古舘曹人

八十八夜八方に水ひびき/廣瀬町子

八十八夜女を仮りの峠とす/鈴木明

半農の教師に八十八夜霜/福田蓼汀

八十八夜水田の上の大桜/岡本高明

楠の冷八十八夜足袋をはく/森澄雄

廃屋の島に八十八夜来る/田村恵子

子が使ふ八十八夜の文机/関戸靖子

紺屋町八十八夜の水流す/朝倉和江

聾盲の母の八十八夜来し/萩原麦草

俳句例:21句目~

種買うて母の八十八夜かな/山本輝明

夕虹のくきと八十八夜かな/石塚友二

八十八夜茶汲人形も襷せよ/高橋睦郎

息深く吸ひて八十八夜寒/片山由美子

にぎやかに八十八夜赤芽樫/古舘曹人

ほころびし白衣八十八夜なり/井上雪

もの刻む音の八十八夜かな/藤岡筑邨

八十八夜過ぎ山国の白豆腐/児玉南草

わが宿の八十八夜産湯焚く/木村蕪城

目覚めゐて八十八夜の北枕/手塚美佐

白骨を分けて八十八夜かな/横山笑子

磧湯の八十八夜星くらし/水原秋櫻子

八十八夜東京は灯を荒使い/宇咲冬男

抱き眠る八十八夜の火縄銃/久保純夫

山の風うまし八十八夜過ぐ/皆川白陀

病中のとある日八十八夜かな/斎藤玄

甘露煮の諸子や八十八夜寒/筒井恭子

灯して八十八夜夫と在り/石田あき子

桑の実の青き八十八夜かな/上田花勢

望郷の目覚む八十八夜かな/村越化石

俳句例:41句目~

味噌蔵の真闇八十八夜来る/西川織子

月下なるものに八十八夜かな/岸田稚

昼寝して天下八十八夜かな/大屋達治

山近くありて八十八夜かな/加藤真吾

箒の柄つめたき八十八夜かな/吉田明

水田辺の八十八夜星ゆたか/相馬遷子

水くもる八十八夜の榧の下/岡本高明

花何ぞ八十八夜の茶山過ぐ/角川源義

雨粒の甘き八十八夜かな/石田阿畏子

八十八夜海幸彦に魚群くる/佐野美智

海に降る雨の八十八夜かな/大石悦子

頬白は孵へり八十八夜かな/高橋馬相

満月の八十八夜家ぬち冷ゆ/山田文男

四日ひとり八十八夜机拭く/小池文子

鮭の子の下る八十八夜とか/高野素十

八十八夜深層水にかすかな味/田中英子

八十八夜畑のように眠らんか/鳴戸奈菜

八十八夜笊の莢豆茶に競ふ/百合山羽公

八十八夜老耄旅をこころざす/松村蒼石

八十八夜草の匂ひの猫を抱く/坂本敏子

俳句例:61句目~

八十八夜過ぎ山水の腰強し/櫛原希伊子

八十八夜鼠が白い米こぼす/磯貝碧蹄館

地に置かる梵鐘八十八夜寒/谷口いつ子

塩利かせ八十八夜の飯むすぶ/山本馬句

小屋を組む磧八十八夜かな/猪俣千代子

山の湯に膝抱き八十八夜かな/木内彰志

八十八夜骨壷によき益子焼/鳥居美智子

山裾の井を汲む八十八夜かな/岡井省二

昨夜月夜八十八夜曇りけり/篠田悌二郎

桑に言ふ八十八夜までの霜/長谷川素逝

歯にしみる風の八十八夜かな/手塚美佐

母に焚く八十八夜の昼湯かな/館岡沙緻

母ねむり八十八夜月まろし/古賀まり子

沼にゐて八十八夜の猫長し/小島千架子

泊りたる祖谷の八十八夜の炉/藤岡あき

熟睡して八十八夜かがやけり/相馬遷子

爺ヶ岳八十八夜の月くもる/服部鹿頭矢

琴立てて八十八夜雨に過ぐ/神尾久美子

きらきらと八十八夜の雨墓に/石田波郷

しら藤の見ゆる八十八夜かな/松瀬青々

俳句例:81句目~

すごく青い八十八夜妻病めり/佐藤鬼房

もの種や八十八夜はまだ遠し/高野素十

茅野の花紅きは八十八夜なり/角川源義

茶畑のうねりも八十八夜かな/森田虚逸

萎れ苗いただく八十八夜かな/永田耕衣

赤煉瓦うれしき八十八夜来る/田中裕明

逢ひに行く八十八夜の雨の坂/藤田湘子

七十八や八十八夜なげきの霜/井原西鶴

児を持たず八十八夜寒み寝る/石橋秀野

音たてて八十八夜の背戸の水/影島智子

八十七夜八十八夜きのふけふ/倉田紘文

八十八夜すべての波が陸めざす/原田喬

八十八夜の笊市に買ふ籠一つ/久保乙秋

二夜三夜過ぎし八十八夜かな/草間時彦

馬の仔に八十八夜の寝藁足す/三橋迪子

八十八夜母逝きてより義姉残る/中拓夫

鳴りひそむ月の八十八夜汐/下村ひろし

麦の穂のあをき八十八夜かな/高橋馬相

子を産まぬ八十八夜の唇づけす/松本恭子

手で割れる八十八夜の卵かな/吉田さかえ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ