季語/春の雪(はるのゆき)を使った俳句

「春の雪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の雪」について

【表記】春の雪

【読み方】はるのゆき

【ローマ字読み】harunoyuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の雪(春雪:しゅんせつ)

・shunsetsu(:春吹雪)

・はるふぶき(harufubuki:)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の雪を含む俳句例

春の雪方六尺の病臥窓/上村占

春の雪林の空の力抜け/岸田稚

春の雪鮨の匂ひの耳朶よ/林桂

春雪や金閣金を恣/松根東洋城

洗濯の朝日か宵は春の雪/鶴正

越人に二重廻しや春の雪/齋藤玄

山中や空にみなぎる春の雪/林徹

春雪を潔く踏み楽屋入/荻江寿友

百歳の柩の軽く春の雪/成田千空

赤松や峠は春の雪とべる/有働亨

春の雪割箸問屋皿問屋/斉藤夏風

女傘浪に千鳥の春の雪/岡本松浜

辻々の清酒白雪春の雪/坪内稔典

疱瘡の児に春雪の川走る/中拓夫

誰が辿る轍の跡や春の雪/稲岡長

春雪や金閣金ンを恣/東洋城千句

春の雪目鼻に遊ぶ厠風/小林康治

春雪や茶糞の上のむら烏/毛がん

七宝の錦窯焚く春の雪/中川四明

下崩の気色を消すや春の雪/李由

俳句例:21句目~

春雪や学期も末の苜蓿/芝不器男

内浦や渚を白う春の雪/尾崎迷堂

友白髪奉りけり春の雪/尾崎紅葉

春雪の浮び漂ふ芦の池/高濱年尾

柊に春の雪降り一樹の音/野澤節子

鴛鴦の寺に客あり春の雪/中川四明

鮟鱇の肝一樽や春の雪/鈴木真砂女

青竹のしのび返や春の雪/永井荷風

春の雪大路の風に乱れ鳧/内田百間

雲水の若き素足や春の雪/草間時彦

降込や棚なし船に春の雪/松岡青蘿

年玉の数に加えん春の雪/水田正秀

店前の畳屋にほふ春の雪/石川桂郎

糀屋が春の雪嶺を見てゐたり/澄雄

どぶ板や火かげはら~春の雪/一茶

庭土に葱埋むより春の雪/石塚友二

春の雪幾久しくと父の声/二村典子

忘恩の春の雪降り積りけり/上田操

百日忌の顔把へらる春の雪/岸田稚

踏跡の花型なれや春の雪/村越化石

俳句例:41句目~

折鶴に息を通はす春の雪/櫻内玲子

温泉の山へ俥つゞきぬ春の雪/篠原

秒針が春雪はぬる花時計/植田桂子

火袋に雀の宿る春の雪/山崎新多浪

春の雪暫く降るや海の上/前田普羅

猪鹿と喰ひ春雪に口晒す/石川桂郎

赤き森黒き湖越ゆ春の雪/対馬康子

百ケ日一門濡らす春の雪/石川桂郎

母恋ふや一日春雪動乱す/小林康治

犀川の扇洲に布く春の雪/西本一都

春雪を見つめ茨に紅見る日/斎藤玄

纜の思ひ出したる春の雪/松山足羽

大層に考えずとも春の雪/花谷和子

あはび噛む灯暗し春の雪/会津八一

春雪に寧かれ誰彼受験子よ/及川貞

大粒の杉の雫や春の雪/高橋淡路女

父恋し春の雪ちる有馬山/松瀬青々

春雪や色濃き杣の雪眼鏡/前田普羅

七味買ふ清水坂の春の雪/水木鈴子

大欅なり春雪の一本目/神尾久美子

俳句例:61句目~

三椏に春の雪降る雪の奥/小林康治

杉玉の杉匂ひたつ春の雪/岡本芳子

春の雪筧の縁に少しかな/田中裕明

春雪や柩はさみて傘の列/河野静雲

蝮屋も春の雪ふり稲荷町/山口青邨

虚子像の額に眉に春の雪/田中冬二

春雪や松に城ある美し景/尾崎迷堂

仲見世に笄の名や春の雪/石川桂郎

春雪や提灯ふつて荷宰領/橋本鶏二

何急ぎ逝きしぞ春の雪仏/石塚友二

東京に近づく車窓春の雪/松尾緑富

俎の乾きし裏に春の雪/長谷川秋子

春の雪のせて若狭の魚売/平田千鶴

春の雪蜆が万の舌を出す/坪内稔典

春雪や先生の墓よその墓/細川加賀

姫鏡台春の雪山間近にす/館岡沙緻

切口に春の雪積む峯薬師/古舘曹人

婚以後の茶碗大ぶり春の雪/石嶌岳

春の雪貯木筏の上にかな/館岡沙緻

春雪や一艦泊す与謝の海/宮武寒々

俳句例:81句目~

南天に寸の重みや春の雪/夏目漱石

単行本一冊ほどの春の雪/伊藤敬子

春の雪遊がてらに降りにけり/一茶

春雪の降り込む葎捉へたり/岸田稚

参宮や中ヵ一日の春の雪/尾崎迷堂

春の雪北枝鏡花の町同じ/中西舗土

春雪の鏡の中にゐて懶し/古舘曹人

潦に映りては消ゆ春の雪/西山泊雲

乗鞍岳の春雪喬眠らせる/中澤康人

春雪の暫く降るや海の上/前田普羅

草屋根の能楽堂も春の雪/有馬朗人

春雪の悪霊乗りし夜の枕/小林康治

春雪の二夜の深雪星を得ぬ/及川貞

啄木はいつも青年春の雪/丸山正俊

春雪のなほ繭籠り越後の燈/森澄雄

春雪のきそヘる天に強心/飯田蛇笏

春雪のあとの夕日を豆腐売/大串章

春雪に黒き足跡夢疲れ/小檜山繁子

春の雪駅に別れの京言葉/中坪達哉

春雪に面あぐれば鷹が峯/前田普羅

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ