季語/鉢叩(はちたたき)を使った俳句

「鉢叩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鉢叩」について

【表記】鉢叩

【読み方】はちたたき

【ローマ字読み】hachitataki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

鉢叩を含む俳句例

辻君に衣借られな鉢叩/旧国

花に表太雪に君あり鉢叩/蕪村

曙の松原行くや鉢叩/羅蘇山人

紛るべき物音絶えて鉢叩/樗良

頭巾着て尊くなりぬ鉢叩/路景

夏痩のもどらぬ顔や鉢叩/漣月

鉢叩四条を渡り東山/倉知漁村

納豆きる音しばしまて鉢叩/芭蕉

鉢たたき昼は浮世の茶筌売/支考

梟の空でわらふや鉢叩/松瀬青々

弥兵衛とは知れど哀や鉢叩/蟻道

愚なる御僧と申せ鉢叩/黒柳召波

戯れに雀ころがる鉢叩/宮坂静生

われもいま半僧半俗鉢叩/森澄雄

朝めしの浮世になりぬ鉢叩/田福

夜泣する小家も過ぬ鉢叩き/蕪村

今少し年寄見たし鉢叩/服部嵐雪

長嘯の墓もめぐるか鉢叩き/芭蕉

千鳥たつ加茂川こえて鉢叩/其角

夕かほのそれは髑髏か鉢叩/蕪村

俳句例:21句目~

月雪や鉢たたき名は甚之丞/越人

鉢叩五条東に行く声す/寺野竹湍

寐て聞は西へ過きけり鉢叩/佳則

鉢叩いまだ昭和の終らざる/原裕

清水の灯は暗うして鉢叩/藤野古白

その古き瓢箪みせよ鉢たたき/去来

縦横に洛の夜々や鉢叩/松根東洋城

船岡に影こほらすや鉢叩/内藤丈草

鉢叩かの岸とはん瓢箪船/椎本才麿

鉢叩き夜更けて道の広さかな/智月

鉢叩き月下の門をよぎりけり/闌更

鉢叩七つの月は西のあて/浜田酒堂

下京の暗に消えけり鉢叩/伊藤松宇

鉢叩応仁の乱過ぎしより/中川四明

鳴らし来て我夜あわれめ鉢叩/蕪村

嫁入の門も過ぎけり鉢たたき/許六

川音や声遠くなる鉢叩/石島雉子郎

幽霊に水のませたか鉢たたき/智月

投節のその次来るや鉢たたき/野坡

鉢叩ものに狂はであはれなり/家足

俳句例:41句目~

殊勝なり牛の糞ふむ鉢叩/上島鬼貫

なき父に似た声もあり鉢叩/正岡子規

戻ろかと月に問ふなり鉢叩/高田蝶衣

鉢たたき修行初かおさな立/水田正秀

一しきり雨に止みけり鉢叩/大谷句佛

京にきて京の辻なり鉢叩/星野麦丘人

鉢たたき洛中洛外初しぐれ/角川春樹

狼のひよつと喰ふべし鉢たたき/野童

落柿舎の日記に句あり鉢叩/正岡子規

裏門の竹にひびくや鉢叩き/内藤丈草

鉢叩うかれ女に名を問はれけり/可重

鉢叩かたまつてゆく橋の上/角川春樹

白髪より細き世や経ん鉢叩/松岡青蘿

真葛から女夫出てゆく鉢叩/中川四明

東寺まで道濡れてゐる鉢叩/西田栄子

月の夜に笠きて出たり鉢叩/高浜虚子

子を寝せて出て行く闇や鉢叩き/蕪村

一瓢に酔ふや出初の鉢叩/名和三幹竹

朔日は猶あはれなり鉢叩/イセ-柴雫

鉢叩枯木に影の添ふごとく/野村喜舟

俳句例:61句目~

先達も藪もおそろし鉢叩/鈴木六林男

これはこのあたりの僧や鉢叩/巌谷小波

鉢たたき右京左京の行き戻り/黒柳召波

われが手で我が顔なづる鉢叩/上島鬼貫

旅人に銭もらひけり鉢たたき/五車反古

鉢たたき頭巾まくれて髪の霜/黒柳召波

鉢叩惟然丈草戀しさよ/孤輪/尾崎迷堂

飯くはぬ腹にひびくや鉢叩き/正岡子規

師の坊にまねて見せけり鉢叩/吉野左衛門

鉢たたき来ぬ夜となれば朧なり/向井去来

まねし人のゆかしや夜半の鉢叩/高井几董

山彦をつれて歩行や鉢たたき鉢叩/千代尼

わが門を鉢叩かずに通りける/河東碧梧桐

われてこそ空の一宇ぞ鉢たたき/立花北枝

賀茂川に灯のこぼれたる鉢叩き/大森理恵

北さして暗に消えけり鉢叩/菅原師竹句集

鉢たたき夜毎に竹を起しける鉢叩/千代尼

有りし世の憂さをも語れ鉢叩き/井上井月

聞きも居るや行くか踊るか鉢叩/松根東洋城

付そひて妻は出でぬか鉢たたき/京-淵瀬/元禄百人一句

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ