季語/酉の市(とりのいち)を使った俳句

「酉の市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「酉の市」について

【表記】酉の市

【読み方】とりのいち

【ローマ字読み】torinoichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・お酉さま(おとりさま:otorisama)

・酉の町(とりのまち:torinomachi)

・酉の町詣(とりのまちもうで:torinomachimode)

・一の酉(いちのとり:ichinotori)

・二の酉(にのとり:ninotori)

・三の酉(さんのとり:sannotori)

・熊手(くまで:kumade)

・熊手市(くまでいち:kumadeichi)

・おかめ市(おかめいち:okameichi)

・頭の芋(とうのいも:tonoimo)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

酉の市を含む俳句例

夜の雲斑らに黒き酉の市/菅裸馬

近道の思はぬ暗さ酉の市/関野俊雄

雜鬧や熊手押あふ酉の市/正岡子規

電球も黄金光りに酉の市/高澤良一

お多福の一人笑や酉の市/酒井土子

七味売る口も八丁酉の市/高澤良一

酉の市一筋裏を戻りけり/鈴木榮子

挿絵めく赤提灯や酉の市/高澤良一

病室に届く熊手も酉の市/高濱年尾

傾城に約束のあり酉の市/正岡子規

傾城の顏見て過ぬ酉の市/正岡子規

半月に風の納まる酉の市/高澤良一

畦道や月も上りて大熊手/正岡子規

東京ににんげん多く酉の市/山崎聰

此頃の吉原知らず酉の市/高浜虚子

烈風の西空燃えぬ酉の市/千代田葛彦

酉の市むかし廓のありし闇/恩田秀子

寒き故灯の美しき酉の市/深川正一郎

淋しさや護国寺近き酉の市/野村喜舟

酉の市の人波囃す神楽かな/野村喜舟

俳句例:21句目~

途中から頭巾被りぬ酉の市/角田竹冷

酉の市欅落葉がすっ飛び来/高澤良一

風の橋いくつ渡りし酉の市/梅田桑弧

練炭に火がつき雨の酉の市/斉藤夏風

昔より江戸美しき酉の市/深川正一郎

起つ風に身震ひ一つ酉の市/高澤良一

角店で酒ひっかけて酉の市/高澤良一

子をつれし裏店者や酉の市/正岡子規

お宮迄行かで歸りぬ酉の市/正岡子規

お酉樣の熊手飾るや招き猫/正岡子規

かたまりて男ゆまるや酉の市/瀧春一

熊手持つ空似の人や酉の市/高澤良一

このにほひ一体何や酉の市/高澤良一

吉原を始めて見るや酉の市/正岡子規

胸に袖重ねをみなら酉の市/福田蓼汀

酉の市行かず仕舞の水仕事/菖蒲あや

縁喜取る早出の人や酉の市/正岡子規

吉原ではぐれし人や酉の市/正岡子規

酉の市疱瘡神も照らさるゝ/高野素十

酉の市噂どほりの二人なる/柴原保佳

俳句例:41句目~

威勢よき武州の宿の酉の市/小宮久美

鯛焼きの餡に舌焼く酉の市/関森勝夫

黒子にも吉凶のあり酉の市/児玉岳陽

ぶつかられ躰くるりと酉の市/高澤良一

三つ目で地下鉄を降り酉の市/高澤良一

世の中も淋しくなりぬ三の酉/正岡子規

人ごみにまぎれて僧や酉の市/西沢信生

人混みを抜けて夜風の酉の市/辻田操子

又しても火事日暮里や酉の市/増田龍雨

境内に迷路をなして酉の市/砂長かほる

外套の仕立下しや酉の市/久保田万太郎

女つれし書生も出たり酉の市/正岡子規

押され出て切山椒買ふ酉の市/石崎宏江

時雨にもあはず三度の酉の市/正岡子規

母老いて妻をさそへり酉の市/白岩三郎

波郷病む夜空まさをき酉の市/鈴木鷹夫

どぜう屋に老の気勢や酉の市/本郷和子

若夫婦出してやりけり酉の市/高浜虚子

裏みちの野路にも灯かげ酉の市/及川貞

襟巻を買ひおろしけり酉の市/増田龍雨

俳句例:61句目~

見えつつも鳥居の遠し酉の市/瀬田幸子

通りをる電車不思議や酉の市/久米正雄

遠き日のうなぎの味や酉の市/添野光江

酉の市いつか外れし闇に彳つ/久米正雄

酉の市おかめの顔のみな違ふ/川口咲子

酉の市すれ違ひざま脂粉の香/高澤良一

酉の市に一楫したる誰ならん/島田青峰

酉の市人の流れに蹤くばかり/高澤良一

酉の市六日の月も枯るるかな/太田鴻村

酉の市小き熊手をねぎりけり/正岡子規

酉の市はづれて買ひぬ香の物/池田充子

酉の市焦げし醤油の香の中に/山本光胤

酉の市福財布とて婆も買ふ/高橋淡路女

降りやまぬ雨に店解く酉の市/深町丘蜂

おかめ笑むほどの福請ひ酉の市/林昌華

ぬかるみに財布落しぬ酉の市/野村喜舟

遙かに望めば熊手押あふ酉の市/正岡子規

夕餉すみて根岸を出るや酉の市/正岡子規

吉原を通りてかなし酉の市/阿部みどり女

灯がついてよりの賑はひ酉の市/高澤良一

俳句例:81句目~

しもたやのにはか商ひ酉の市/藤井青杖子

酉の市そのお神楽の馬鹿囃子/高橋淡路女

星などの高きは見ずに酉の市/篠田悌二郎

酉の市に到りも着かず戻りけり/数藤五城

もういっぽん先の道だよ酉の市/高澤良一

酉の市身内のひとり店もちて/黒坂紫陽子

酔ひざまも農の名残りや酉の市/鈴木南史

くらがりに襟を立てゆく酉の市/高澤良一

おかめ等が夕日呼び込む酉の市/高澤良一

酉の市らしく朝から渡舟混む/石井とし夫

飴を煮てなまあたたかき酉の市/斉藤夏風

破魔矢うけたゞはぐれじと酉の市/及川貞

人の名を思ひ出せずに酉の市/辺見じゅん

酉の市到りも着かず戻りけり/数藤/五城

道ひとつはづれてさみし酉の市/茂野六花

人のうしろに銭なげて何酉の市/石原八束

酉の市少し離れてけとばし屋/町田しげき

酉の市更けて綺羅星かかげけり/菖蒲あや

路地に顔入れてもの啖ふ酉の市/奈良文夫

松葉屋の女房の円髷や酉の市/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ