季語/薄暑(はくしょ)を使った俳句

「薄暑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薄暑」について

【表記】薄暑

【読み方】はくしょ

【ローマ字読み】hakusho

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

薄暑を含む俳句例

脚長き若者多し街薄暑/黒川悦子

訪づれし少女賢き薄暑かな/篠原

薊濃き薄暑の雨の花車/西島麦南

伝自作業平朝臣像薄暑/細川加賀

薄暑る水動かずよ芹の中/龍之介

堂薄暑懶きさまに伎芸天/稲岡長

夜風たつ薄暑の欄の花槐/西島麦南

沖へ向く牛を見下ろし薄暑山/原裕

炒飯は炎と睦む薄暑かな/櫂未知子

朝より瀬戸の船音旅薄暑/高浜年尾

山梔子の尚莟持つ薄暑哉/小澤碧童

木曽殿と並ぶ翁の墓薄暑/浦野芙美

山頂に童児走れば薄暑光/飯田龍太

だんご虫節々返す薄暑光/高澤良一

新宿の空は凸凹薄暑来る/中村明子

水音の方へ薄暑の径たどる/隈柿三

生醤油の匂ひて佃島薄暑/今泉貞鳳

窓曇る卓の静物薄暑かな/飯田蛇笏

鬣のかげが薄暑の水をみる/緒方敬

頤をのぼる羞らひ夕薄暑/佐野美智

俳句例:21句目~

裸身の蓑虫吹かれきて薄暑/瀧春一

一塔の風鐸高し薄暑来る/佐藤峻峰

衛兵の臂に薄暑の防諜規/宮武寒々

亭薄暑手袋をしてゐる女/高濱年尾

街薄暑病む眼に光るもの溢れ/沢聰

旅帰り軽暖薄暑心地よし/高浜虚子

蝶白し薄暑の草の道埃/田中田士英

薄暑来ぬ人美しく装へば/星野立子

港湾の音の働く薄暑かな/西村和子

時計外せば丸腰に似て薄暑/鈴木栄子

栴檀の花うすいろに郷薄暑/飯田蛇笏

皆が見る私の和服パリ薄暑/星野立子

町両側流るゝ水も薄暑かな/増田龍雨

廚芥車薄暑の辻に鈴鳴らす/西島麥南

汐騒の社頭の薄暑賽し去る/高濱年尾

熔岩薄暑巫女口説の告知板/椎橋清翠

街薄暑階上の歯科匂はする/宮武寒々

濃紺の白く汚れし薄暑かな/二村典子

愕然と天辺禿げし薄暑かな/細川加賀

戦傷兵征けり薄暑の映画街/宮武寒々

俳句例:41句目~

朴活けし画房薄暑の大陶壺/西島麦南

揚泥の乾く匂ひの薄暑かな/日野草城

放哉の墓に瓶立つ薄暑かな/三上史郎

窗くもる卓の静物薄暑かな/飯田蛇笏

大仏の背を庭先の薄暑かな/石川桂郎

飼犬の穴掘つてゐる庭薄暑/倉内法子

旅に過ぐ薄暑の漆器町匂ふ/皆吉爽雨

水べ家薄暑の簾かゝりけり/清原枴童

青空の中に風吹く薄暑かな/松瀬青々

関取に前歩かるる薄暑かな/高澤良一

草むらの中の荵の薄暑かな/増田龍雨

女帯目立ち初めけり街薄暑/吉屋信子

若者の長き脛行く街薄暑/長門美煕子

一枚に海を展べたる薄暑かな/森澄雄

三枚におろされている薄暑かな/橋石

花はてし薄暑の桐に鴉飼ふ/西島麦南

街薄暑美しき端切を購へり/鶴岡容子

官邸の薄暑をいづる花売女/飯田蛇笏

笋の皮の流るる薄暑かな/芥川龍之介

小判草小判まぶしき庭薄暑/清崎敏郎

俳句例:61句目~

蟻いでて風薄暑なる杣の路/飯田蛇笏

人妻よ薄暑の雨に葱や取る/飯田蛇笏

小謡の流るる加賀の町薄暑/今泉貞鳳

満目の草木汚さず薄暑来る/飯田龍太

種子蒔いて即日の愛薄暑光/飯田龍太

山墓に薄暑の花の鬱金かな/飯田蛇笏

薄暑来る信越雲の彼方にて/飯田龍太

たたみ来る漣匂ふ沼薄暑/岡田佐久子

再びの病にかちた薄暑きし/星野立子

剪花や薄暑の夜の人だかり/原田種茅

十方に花の木の花降る薄暑/江口良子

砂丘薄暑空の香水瓶ころがる/有働亨

厨芥車薄暑の辻に鈴鳴らす/西島麥南

薄暑よし受贈の句集雪白に/亀井糸游

薄暑の身粥に飼ふこと多し/林原耒井

地下室に花を蔵せり街薄暑/福田蓼汀

御柱の一と声送り薄暑かな/角川源義

薄暑かく殺生石を匂はしむ/藤田湘子

峠茶屋子育て飴も薄暑かな/細川加賀

薄伽梵を樒で隠す薄暑かな/筑紫磐井

俳句例:81句目~

声かけし眉のくもれる薄暑かな/原裕

石積んで石積んで恐山薄暑/石川文子

夕薄暑むかしながらに竹の樋/松本進

海草の打上げられて島薄暑/武田光子

東京を海から眺め薄暑光/和田耕三郎

夕薄暑青い果実のような時間/大高翔

落魄や薄暑の草を歩きけり/小林康治

薄暑の地に嵌まれる石に釘直す/篠原

昼みればにごれる海の薄暑かな/上村占

卓にのる壺の胡椒と塩と薄暑/宮津昭彦

桐あふち薄暑夕餉の家族見ゆ/宮武寒々

槐ちる水に薄暑のくもりあり/石原舟月

かもめ呼ぶ少年とわが間薄暑/池田澄子

滝音をとほく衣干す薄暑かな/松村蒼石

無愛想に切符飛出る薄暑かな/太田梨三

物差を見ても薄暑を感じる/加倉井秋を

物買うて団扇貰ひし薄暑かな/小杉余子

こめかみに人形町の薄暑かな/有馬朗人

真鍮の手すりは船の薄暑かな/久米正雄

眼のどこか緩む薄暑の白い橋/田波富布

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ