季語/夏燕(なつつばめ)を使った俳句

「夏燕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏燕」について

【表記】夏燕

【読み方】なつつばめ

【ローマ字読み】natsutsubame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏の燕(なつのつばめ:natsunotsubame)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏燕を含む俳句例

天網を繕つている夏燕/山口剛

天網を繕っている夏燕/山口剛

燈台の旗は紺色夏燕/高木晴子

伊勢手毬針返すよう夏燕/鱸久子

採石の一山白し夏燕/下村ひろし

山国の雨したたかに夏燕/瀧春一

城壁に影とび交す夏燕/高木晴子

夏燕壱号議案通りけり/橋本榮治

身の細る思ひに光る夏燕/北光星

夏燕なれば一気に揚子江/鷹羽狩行

古川のいぶせき駅や夏燕/青木重行

拝殿の先の天地夏つばめ/星野恒彦

夏つばめ一閃最上は男川/武田玄女

夏燕水影と刺し違へさう/西村和子

二番子の育ち盛りの夏燕/高橋利雄

噴き出して鉱泉赫し夏燕/毛塚静枝

夏燕故宮広場の凧もまた/加藤耕子

夏燕硝石にほふ海の崖/中村草田男

夏燕生存年齢のしるし/宇多喜代子

夏燕木場の引潮惨として/山口誓子

俳句例:21句目~

夏燕いまは見えざる国境/対馬康子

色街にいちにち遊ぶ夏燕/橋本榮治

白く建つモスクの天を夏燕/杉本寛

監督の若き声飛ぶ夏燕/小林ふく子

諸江屋の開かぬ朝扉夏燕/高木晴子

転牧の牛の先導夏つばめ/太田土男

かはらざるものに川あり夏燕/上村占

夏燕羅馬の丘に言葉ふらす/小池文子

夏燕夭折は男のみならず/宇多喜代子

夏燕祇園坂下灯れども/長谷川かな女

木曾川の光る瀬を打つ夏燕/佐藤漾人

夏燕だけが渡れて早瀬なる/稲畑汀子

夏燕波瀾の生というべき死/金子兜太

コーランの祈り夕辺の夏燕/加藤耕子

夏燕雨後の翼を強く張り/島田みつ子

夏燕もつとも低きとき光り/岡田史乃

喪の家の飲食見えて夏燕/山口みちこ

夏燕雁木が町をせばめをり/高木晴子

夏燕街のネオンにひるがへる/林康子

紅型を飛び立ちゆきし夏燕/伊藤敬子

俳句例:41句目~

荒天の埠頭の雲に夏つばめ/石原舟月

夏つばめ女が統べる隣り国/二村典子

夏燕光り逆ふ瀬風かな/長谷川かな女

橋立の松一文字夏つばめ/木下ローズ

雨雲のどこかが切れて夏燕/山田弘子

風探る白帆へぴしと夏燕/金箱戈止夫

子が通ふ父の母校や夏つばめ/飯田弘子

小学校跡地と知れよ夏つばめ/中西舗土

山頂ヘ二手にわかれ夏つばめ/土生重次

帯締めのきりりと決まり夏燕/丸喜久枝

むらさきのこゑを山辺に夏燕/飯田蛇笏

海越えし夏燕ありそれつきり/櫂未知子

潮の香にひらく改札夏つばめ/奥名春江

十ほどの鎌かけし壁夏つばめ/辻三枝子

召さるるといふ空の夏燕かな/石田勝彦

夏つばめ嬬恋村の瀬にひかる/蒲田陵塢

夏つばめ帆桁に若き脚揃ふ/濱田のぶ子

胸病めど心病まずや夏つばめ/河野南畦

高嶺より翔け来し競ひ夏つばめ/大串章

夏つばめ日曜の窓開け放つ/吉田八重子

俳句例:61句目~

夏つばめ昼の関の女唄もなく/林原耒井

夏燕あな高翔くる木曾路かな/西本一都

夏燕夕べ目の玉かゆしかゆし/小川千賀

過疎の島図太く切つて夏燕/木村日出夫

夏燕小家貫き見ゆ水田かな/東洋城千句

夏つばめ同齢者皆一家なす/能村登四郎

暮れて明るき空かぎりなし夏燕/重田暮笛

こんもりと残る中州や夏つばめ/渡辺芳子

機町を知りつくしてや夏つばめ/伊達外秋

夏つばめ喪服つぎつぎ山路より/飯田龍太

トーストで済ます朝食夏つばめ/羽吹利夫

人の死とひきかえに田の夏燕/宇多喜代子

ほどほどに人棲む村の夏つばめ/栗林千津

礼状はいつも絵葉書夏つばめ/長崎小夜子

夏つばめ高さを競ふメイポール/関森勝夫

安房は手を広げたる国夏つばめ/鎌倉佐弓

とはに我を透き抜けていく夏燕/寺田澄史

夏つばめ河口の没日避けて飛び/河野南畦

抜けがけのやうに青空夏つばめ/鎌倉佐弓

阿武隈に向けたる簷を夏燕/長谷川かな女

俳句例:81句目~

飛び交へる矢とも屋島の夏燕/伊東とみ子

お手玉のトコトンはずみ夏つばめ/黒川治子

夏つばめ是非なき黒を身にまとひ/岡本菊絵

照り込んで琵琶潮は見えず夏燕/佐野青陽人

夏つばめ遠き没り日を見つつゐる/山口誓子

山びこの真つすぐ来たる夏つばめ/酒井敏子

夏つばめ逢ふは書臭のやからのみ/林原耒井

ちぎり絵に濤音ありぬ夏つばめ/河野多希女

高みより夕日のこゑの夏つばめ/鷲谷七菜子

機を積めば舟唄となる夏つばめ/尾田秀三郎

ひるがへるときの大きさ夏つばめ/宗像夕野火

ちんどん屋の頭をかすめゆく夏燕/杉山三知子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ