季語/春の草(はるのくさ)を使った俳句

俳句例:101句目~

なぐりても萌えたつ世話や春の草/水田正秀

春草に土器はしづかな色持てる/吐合すみえ

芳草を嗅ぎ足らはして戻りけり/徳永山冬子

芸柄のおのづから草芳ばしや/久保田万太郎

われに分のあり芳草をむずと踏み/大石悦子

春草の織部を措きて志野をいふ/相生垣瓜人

腰下ろし春草にとりまかれけり/波多野爽波

赤児日光浴さわぎさわぎて春の草/寺田京子

神のみぞこれを知る草芳ばしき/久保田万太郎

春草を蹴ってジャンボ機テイクオフ/高澤良一

芳草の香に咽せび寝ぬあばらやの/竹下しづの女

戯るゝ牛の尾細し春の草/こさふえ/秋元洒汀、市岡傳太編

いろいろの名もまぎらはし春の草/膳所-珍碩/元禄百人一句

春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面の草に日の入る夕/北原白秋

タイトルとURLをコピーしました