季語/春の草(はるのくさ)を使った俳句

「春の草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の草」について

【表記】春の草

【読み方】はるのくさ

【ローマ字読み】harunokusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新草(にいくさ:niikusa)

・芳草(ほうそう:hoso)

・草芳し(くさこうばし:kusakobashi)

・草かぐわし(くさかぐわし:kusakaguwashi)

・草かんばし(くさかんばし:kusakambashi)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の草を含む俳句例

芳草や黒き烏も濃紫/高浜虚子

芳草に舟かぎりなく遡る/汀女

歳月や老年に草芳しき/森澄雄

春草に雀沈みて現れし/上野泰

我帰る道いく筋ぞ春の草/蕪村

春草は足の短き犬に萌ゆ/草田男

芳草の中の継子の尻拭/大橋敦子

池塘春草石臼を踏み石に/南雲等

春の夜や局女の草双紙/子規句集

目薬の一滴硬し春の草/小川軽舟

沓拭ふ草芳しや君が門/高田蝶衣

女、眉引いて草芳しき/中島月笠

鎌倉の草庵春の嵐かな/高浜虚子

劉生の習作春の坂の草/高澤良一

経机足反り支ふ春草忌/横光利一

芳草や遺影百日髯黒し/百合山羽公

春草のあまつゆ繁き古甍/下村槐太

芳草に船かぎりなく遡る/中村汀女

春草肥えた二本の柿の下/喜谷六花

人寰や雨粒ためて春の草/下村槐太

俳句例:21句目~

木曾の情雪や生えぬく春の草/芭蕉

残りたる紙一枚や春草忌/横光利一

春草や手綱ゆるめば駒は食む/素逝

法隆寺前の往来や草芳し/野村喜舟

杜甫の挿す簪おもふ春の草/日原傳

春の草鉄骨重く揚りゆく/横光利一

毛氈に草芳しき野点かな/森田洋子

日毎踏む草芳しや二人連/夏目漱石

月島の渡舟の中の定斎屋/青木芳草

大空に春の雲地に春の草/高浜虚子

里の子や髪に結なす春の草/炭太祇

醜草も春草として萌ゆ廃墟/有働亨

西海の硝學書屋草芳し/下村ひろし

種牛の影が四角い春の草/櫻庭幸雄

而して春草うたゝ人うたゝ/高野素十

芳草の遠き半ばを鹿すぎぬ/山西雅子

農具市見て春草に横たはる/金子蜂郎

風わたり泥も乾きて春の草/服部嵐雪

垣間見る好色者に草芳しき/高浜虚子

火葬塚草芳しく刈りのこす/古舘曹人

俳句例:41句目~

草芳し吉備路は雨を呼ぶ風に/村田脩

倫敦の春草を踏む我が草履/高浜虚子

分け入れば水音ばかり春の草/千代女

割箸の裂き揃ひたる春草忌/横光利一

草芳し女は靴を脱ぎて座る/藤松遊子

草芳し皇子の墳守る熊野犬/村上光子

幔幕の裾に萌え出て春の草/野村泊月

草芳し皓歯に力おのづから/大石悦子

挽く薪のおが屑捧げ春の草/石黒哲夫

放牛放馬波の際まで春の草/大野林火

草芳し艇棒げゆく漕者達/石田あき子

春草に百夜通ひのほそき径/伊藤柏翠

春草の墳は香具山を北に負ふ/秋櫻子

春草の石垣ゆるみ土こぼれ/高橋紀子

春草や白く小さき司祭館/平松茂都子

春草を踏みてをりをり堆し/皆吉爽雨

春の草風のドリブル通しおり/安西篤

波形の絵島の岩に春の草/五十嵐播水

牛の子に荷のつけ初めや春の草/乙由

牛の尾も残らぬ色や春の草/松岡青蘿

俳句例:61句目~

春草のつややかなるはまむし草/半澤律

お彼岸に追はれ掃除や春の草/河野静雲

しばらくは春草を見て夕かな/日野草城

草芳しもつとも遊ぶ咳する子/中村汀女

時時のむかしなるらん春の草/永田耕衣

むしつてはむしつては捨つ春の草/来山

蕗の葉のひろきも交り春の草/野村泊月

墨するや月のぼりゆく春草忌/横光利一

川波のうつろひやまず春草忌/横光利一

芳草に堕す涙や御座所御座/松根東洋城

春の草こそばゆ素足老い初め/杉本弥生

薬草として見るときの春の草/稲畑汀子

大阪の地図をひろげて草芳し/山本洋子

春草静にして第一砲車撃てい/尾崎紅葉

本伏せて眠つて居るや春の草/野村泊月

春草にづかづかと倚り犬の鼻/高澤良一

芳草やみ空のものゝ閣の屋根/尾崎迷堂

春草に伏し枯草をつけて立つ/西東三鬼

春草に轍のあとの外れてあり/高野素十

春草に燕尾割れて歩きけり/大橋櫻坡子

俳句例:81句目~

鈴虫の壺中の楽の澄みわたり/青木芳草

春の草ふみて浅茅原といふ/瀧澤伊代次

春草や光りふくるる鳩の胸/松本たかし

芳草にこぼるる梅も鞠子みち/富安風生

芳草や世に聞えざる活花の流ゥ/尾崎迷堂

春草に足投げ出して打笑める/西山小鼓子

若き日を今誰れ知るや春草忌/大場白水郎

春の草親子のままに老いにけり/古舘曹人

風さきの来ぬに春草うち顫ふ/篠田悌二郎

春草を踏みゆきつゝや未来あり/星野立子

支へ合ふ巌のはざまの草芳し/鷲谷七菜子

売りながらつくる木槌や農具市/青木芳草

春の草陽が眠る間もみどりかな/藤代静江

ひんやりと手の甲に当つ春の草/高澤良一

まつさきに起きだして草芳しき/田中裕明

草芳しと見つゝや草履作るらむ/石井露月

春草の嬰をしやぶらせてよ晩年/永田耕衣

春草の濃くまつすぐに帰らむか/飯島晴子

転んでもおきてもゑむ子春の草/橋本榮治

春草に野はまろし白き道を載せ/池内友次郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ