季語/榛の花(はしばみのはな)を使った俳句

「榛の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「榛の花」について

【表記】榛の花

【読み方】はしばみのはな

【ローマ字読み】hashibaminohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

榛の花を含む俳句例

良寛は細面かと榛の花/星野紗一

傷きし白鳥榛の花おもく/松村蒼石

古利根の鉄橋小ぶり榛の花/杉良介

枝先に昼月かかる榛の花/寺岡捷子

赤んぼに逢ひにゆく径榛の花/林徹

音のせぬ雨の滴る榛の花/相馬沙緻

榛の花どどと嶺渡る夜の雷/巌谷小波

榛の花対馬は海と山ばかリ/巌谷小波

磨かれし青空揺れる榛の花/布川武男

航跡の沖にとゞまる榛の花/森田正実

遍路にも昼はさびしき榛の花/森澄雄

雪催ふ夕べに垂れて榛の花/松村蒼石

まなじりを流るる風の榛の花/草間時彦

夕雲に浮くうすらひの榛の花/松村蒼石

山の木と別れ来りて榛の花/市村究一郎

榛の花余呉は琵琶湖の忘れ潮/川井玉枝

榛の花雪嶺かすかに光り暮れ/岡田日郎

渓声に山羊啼き榛の花垂りぬ/飯田蛇笏

空ふかく夜風わたして榛の花/飯田龍太

むかしより田伏はくらき榛の花/松村蒼石

俳句例:21句目~

榛の花かむさつてくる空があり/石田郷子

榛の花仰げばぎらと空ゆらぐ/川島彷徨子

榛の花垂るるに月のあることも/神山冬崖

雪ゆるぶ曇り日つづく榛の花/篠田悌二郎

雪後の天息つめてをり榛の花/篠田悌二郎

榛の花夜目にも垂れて寒ンぬくき/金尾梅の門

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ