季語/初嵐(はつあらし)を使った俳句

「初嵐」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初嵐」について

【表記】初嵐

【読み方】はつあらし

【ローマ字読み】hatsuarashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

初嵐を含む俳句例

浅間山夕焼ながら初嵐/鬼城

古池や蓴菜に起る初嵐/保吉

藤棚に月よく動く初嵐/立子

塵もなき朝の机や初嵐/原石鼎

鶏の尾につられけり初嵐/荊口

そよ~や藪の内より初嵐/旦藁

初嵐香煙急に斜なり/寺田寅彦

武蔵野に残る欅よ初嵐/杉本寛

初嵐何と汝が新世帯/尾崎紅葉

観世音十一面に初嵐/鷹羽狩行

初嵐水颯々と声放つ/大竹孤悠

纜にしぶき煙や初嵐/西山泊雲

天窓の落す煙や初嵐/野村泊月

国道を猿のはしる初嵐/武村幸子

初嵐菩薩は歩みたき瞳/中島畦雨

繕はぬ垣の穴より初嵐/寺田寅彦

稲の穂に馬乗り掛けて初嵐/車庸

水楢の大木を揉み初嵐/新谷根雪

初嵐馬を芒に放ち見ん/佐藤紅緑

村人に親疎の譏り初嵐/木村蕪城

俳句例:21句目~

襖絵の岩に人立つ初嵐/廣瀬直人

初嵐仔犬捨てきし手を洗ふ/昌寿

納豆があれば朝や初嵐/石川桂郎

蘭の葉のとがりし先を初嵐/荷風

初嵐師の病句帖覗き見に/岸田稚

五六度やばか念入れて初嵐/一茶

本堂へ通ふ廊下や初嵐/寺田寅彦

巨濤砕けて残る水泡や初嵐/石鼎

山伏の篠山渡る初あらし/泉鏡花

市振の松こそよけれ初嵐/川崎展宏

帷子の紺あでやかに初嵐/野村喜舟

権現の鳥居吹き抜け初嵐/大橋敦子

波の上を走る波あり初嵐/岡田耿陽

温泉湧く谷の底より初嵐/夏目漱石

白壁に雨のまばらや初嵐/西山泊雲

空をとぶ鴉いびつや初嵐/高浜虚子

竹藪の奥の竹見ゆ初あらし/戸田進

初嵐して二三人帰りゆく/高野素十

花売に鎌倉道の初あらし/石原舟月

蔓長に下がる瓢や初嵐/岡本癖三酔

俳句例:41句目~

里芋を掘り試みよ初嵐/大須賀乙字

ぽつ~と黍の孕み穂初嵐/西山泊雲

雨雲の切れ間の藍や初嵐/野村喜舟

馬どころ馬皆美なり初嵐/石井露月

初嵐御茶の水まで舟遡る/斉藤夏風

初嵐石尊さまに掌を合はす/瀧春一

初嵐穂蘆の外に鰡飛んで/臼田亞浪

初嵐胸の団扇をとばしけり/岸田稚

何となく人に親しや初嵐/高浜虚子

初嵐舟より逃げし蛸泳ぐ/小川軽舟

初嵐衝立はたと倒れける/寺田寅彦

夕顔はこれよりの花初嵐/中村汀女

大椨のあげ潮の音初嵐/加藤知世子

家探すこの胸を貫け初嵐/杉山岳陽

あさ晩の膳にむかふや初嵐/浜田酒堂

草々の風を吹き消し初嵐/大岳水一路

いと小さき孔雀の貌や初嵐/長崎玲子

英雄の帽子澄みたり初嵐/宇多喜代子

君こねばあぶら灯うすし初嵐/炭太祇

駕籠に居て挑灯持つや初あらし/太祇

俳句例:61句目~

しますすき縞けざやかや初嵐/龍岡晋

日を拝む蜑のふるへや初嵐/服部嵐雪

初嵐なかなかつかぬ仏の灯/阿部子峡

築山に人吹かれをり初嵐/楠目橙黄子

琴の音や芭蕉すなはち初嵐/飯田蛇笏

朝抜いて腹泣く視野や初嵐/石川桂郎

湯上りの渋茶すゝれば初嵐/寺田寅彦

木々の葉や日影揺り漉す初嵐/柴浅茅

足の出る夜著の裾より初嵐/寺田寅彦

一遍に阿弥衣はりつく初嵐/高澤良一

一雨のありたることも初嵐/鵜川易子

不機嫌に砂巻き上げて初嵐/中村苑子

傷心を散らすすべなし初嵐/福田蓼汀

蟷螂のいたくも長けぬ初嵐/林原耒井

初嵐一眼に燈のとびつくよ/村越化石

木の揺れの窓に激しく初嵐/須山重信

吉野葛ひさぐ戸かたき初嵐/三嶋隆英

崖ぶちに出て鶏むしる初嵐/福田蓼汀

向日葵の焦げて了りし初嵐/石川桂郎

蓮なほ咲くにうたてし初嵐/大谷句佛

俳句例:81句目~

初嵐いま開きたる花のあり/柴崎七重

取り散らす新聞の上や初嵐/寺田寅彦

萩叢の一ゆれしたり初嵐/大橋越央子

熔岩の上の四阿初あらし/深川正一郎

魚梯とぶ魚のしろがね初嵐/小山えりか

鳥舎の鶏ぬれてふくるる初嵐/大谷句仏

逢ひみたき人は遠さよ初嵐/高橋淡路女

ともづなの張りては弛み初嵐/松本光生

なんの湯か沸かして忘れ初嵐/石川桂郎

にはとりのたたら踏みけり初嵐/飴山實

はりまぜの一つ剥げけり初嵐/高田蝶衣

ゆきくれてはぐれて草屋初嵐/手塚美佐

初あらし母居ぬ家の寂しさよ/小野白湖

初あらし洞爺は大き湖なれば/林原耒井

初あらし胸乳かすかに樹下仏/宮坂静生

初あらし野馬にも似たる波頭/能村研三

初嵐いやひこ晴れて片帆真帆/会津八一

初嵐こぼせる雨に佐渡巡り/鈴鹿野風呂

古蚊屋にランプの宿よ初あらし/泉鏡花

初嵐青田のうねり谷戸かけて/石川桂郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ