季語/草紅葉(くさもみじ)を使った俳句

「草紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草紅葉」について

【表記】草紅葉

【読み方】くさもみじ

【ローマ字読み】kusamomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草の紅葉(くさのもみじ:kusanomomiji)

・草の錦(くさのにしき:kusanonishiki)

・色づく草(いろづくくさ:irozukukusa)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

草紅葉を含む俳句例

就中休耕田の草紅葉/塩川祐子

城南に展けし原や草紅葉/上村占

鱒池を繋ぐ清流草紅葉/関森勝夫

良寛の辿りし峠草紅葉/沢木欣一

草紅葉音楽堂へ導けり/村越化石

草紅葉磐城平へ雲流れ/大野林火

山鳥の羽音急なる草紅葉/石昌子

肥後赤牛豊後黒牛草紅葉/瀧春一

鷹の声青天おつる草紅葉/相馬遷子

牛飼の子供の素足草紅葉/山本洋子

犬が水舐める音かも草紅葉/中田剛

山墓の屯す如し草紅葉/松本たかし

学童の会釈優しく草紅葉/杉田久女

都への狼煙の起点草紅葉/小島由起

水害の草紅葉より尿赤し/近藤一鴻

跫音に夜の剥がれぬ草紅葉/松澤昭

草紅葉ここより熊野詣径/稲畑汀子

蘗の梅四五本や草紅葉/大須賀乙字

落日を湛へて沼の草紅葉/渡辺立男

草紅葉虚子先生に従ひし/矢津/羨

俳句例:21句目~

峠より来し車濡れ草紅葉/斉藤夏風

自ら句碑は淋しや草紅葉/京極杞陽

草紅葉枡形山といふ城址/高浜年尾

暁は水もやすらふ草紅葉/朝倉和江

水車場へ道は平らや草紅葉/高浜虚子

草紅葉大きな雲の流れけり/角川春樹

石まろく僧の墓なり草紅葉/今泉貞鳳

雷鳥の換羽吹かるる草紅葉/岡田貞峰

墓となる石材積まる草紅葉/佐藤信子

鹿の足よろめき細し草紅葉/西山泊雲

夥しく黄なる落葉や草紅葉/小澤碧童

鞍置いて遊べる牛も草紅葉/京極杞陽

猫そこにゐて耳動く草紅葉/高浜虚子

草紅葉蝗も色に染まりけり/西山泊雲

塗駕の中ぞゆかしき草紅葉/野村泊月

こゝに又飛鳥川あり草紅葉/野村泊月

草紅葉何に飛び立つ雀かな/寺田寅彦

碑に師の句やすらぐ草紅葉/河野南畦

草紅葉綾なす風の渡りけり/山田閏子

草紅葉禽舎の外の鶏あそび/富安風生

俳句例:41句目~

閑庭やはつかに霜の草紅葉/松瀬青々

山裾の河原となりて草紅葉/高木晴子

鉛筆の落ちて音せず草紅葉/星野立子

草紅葉大きな指を近づけて/石田郷子

酒赤し、甘藷畑、草紅葉/芥川龍之介

渉る水はつめたし草紅葉/五十嵐播水

水垢離に刀匠籠る草もみぢ/杉山恵子

山荘を出れば熔岩径草紅葉/藤松遊子

湯の中に見ゆる体や草紅葉/岸本尚毅

足なえに一歩は遠し草紅葉/井沢正江

衰へし日のまだ落ちず草紅葉/村田脩

四五人を北へ送りぬ草紅葉/石井露月

草紅葉心に留む日愉しきよ/高澤良一

木道の続く限りの草紅葉/五十島典子

草紅葉小野の黄昏真一文字/石塚友二

かろき嘘つきし少女に草紅葉/柚木紀子

くり舟に暗きもの満つ草紅葉/古舘曹人

ころがれる破れ太鼓や草紅葉/野村泊月

なか~に乾かぬ雨や草紅葉/高橋淡路女

よき友はものくるる友草紅葉/田中裕明

俳句例:61句目~

イーゼルの裾に縋りし草紅葉/河原貞子

亀石の厚きまぶたや草紅葉/大森井栖女

吟行はしたしからずや草紅葉/京極杞陽

国分尼寺天平の朱の草紅葉/町田しげき

地下足袋の先に挟まる草紅葉/太田土男

城の影城より小さく草紅葉/成瀬正とし

屈み寄るほどの照りなり草紅葉/及川貞

岩肌に火の手かざせる草紅葉/岡田日郎

島かげの牡蠣殻みちの草紅葉/石原八束

帰る家あるが淋しき草紅葉/永井東門居

御所跡に舟着場あり草紅葉/原田しずえ

憩ひ石あり草紅葉するところ/高濱年尾

東方より少年の使者草紅葉/水野真由美

枕あるところに帰る草紅葉/中尾寿美子

機関車のしろき蒸気や草紅葉/田中冬二

歩くときとっても無心草紅葉/遠藤秀子

殉教の野の草紅葉おのづから/朝倉和江

母の寝所より始まれり草紅葉/宗田安正

沼舟の水尾よせ濡るる草紅葉/福田蓼汀

海までの砂の起き伏し草紅葉/高井北杜

俳句例:81句目~

湖の波寄せて音なし草紅葉/深見けん二

無人島みづからのため草紅葉/津田清子

絵馬焚いて灰納めたり草紅葉/吉田冬葉

美しく老ゆるは難し草紅葉/新海りつ子

草もみぢ一図な道を火口湖ヘ/細見綾子

草もみぢ厩舎に並ぶ乗馬帽/里田/勝子

草紅葉きのふは柩通りたる/大峯あきら

草紅葉くぐるやさしき笹子川/沢木欣一

草紅葉してそのかみの銅の町/中村梅窓

草紅葉ちちが通ひしははの村/関戸靖子

草紅葉ひとのまなざし水に落つ/桂信子

草紅葉ふむ面上の日を侘ぶる/石原舟月

草紅葉人の帽子を譲り受く/磯貝碧蹄館

草紅葉塔夕靄をまとひ初む/徳永山冬子

草紅葉板戸で農婦商へり/小笠原須美子

草紅葉焦げて鰻の餌の終り/百合山羽公

選びし径ひとすぢの径草紅葉/中嶋秀子

都府楼も草紅葉せり来らずや/河野静雲

酒浴びて死すこの墓の草紅葉/古館曹人

鍛冶が火の花ちる庭や草紅葉/角田竹冷

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ