季語/葉月(はづき)を使った俳句

「葉月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葉月」について

【表記】葉月

【読み方】はづき

【ローマ字読み】hazuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・月見月(つきみづき:tsukimizuki)

・秋風月(あきかぜづき:akikazezuki)

・草津月(くさつづき:kusatsuzuki)

・木染月(こそめづき:kosomezuki)

・濃染月(こぞめづき:kozomezuki)

・紅染月(べにぞめづき:benizomezuki)

・萩月(はぎづき:hagizuki)

・燕去月(つばめさりづき:tsubamesarizuki)

・雁来月(かりくづき:karikuzuki)

・荘月(そうげつ:sogetsu_)

・桂月(けいげつ:keigetsu)

・中律(ちゅうりつ:churitsu)

・難月(なんげつ:nangetsu)

・中商(ちゅうしょう:chusho)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

葉月を含む俳句例

聖少年葉月の山寺で仕事/阿部完市

檜挽く匂ひの風も葉月かな/川井淵

汝が嫁ぐ紅染月の草木かな/岸田稚

家遠くありて葉月の豆畑/飯田龍太

鱗わが心を覆ふ葉月かな/柿本多映

葉月尽大切なものふと離す/田口於

これよりは葉月の心梳る/小中優実代

馬ひいてゆく大学の葉月かな/針呆介

葉月なる堅縞あらし男富士/富安風生

もちあるく葉月なか日の籠枕/松崎豊

橋立の片浪高き葉月かな/池上浩山人

靴脱ぎて佇てり葉月の夕渚/根岸善雄

沖波の兎のごとし葉月了ゆ/小沢萩雨

天嶽の葉月それきり口結ぶ/萩原麦草

山荘を外より閉ざす葉月尽/河府雪於

陽と風のポプラ葉月の村境/吉田素糸

底みせて米櫃晒す葉月かな/手塚美佐

恋ひ来ては虚しきセーヌ葉月雨/林翔

月見月なる二日月とぞ思ふ/高林蘇城

舌捲いて乳吸ふ仔牛葉月雲/中島斌雄

俳句例:21句目~

青くさき葉月始めの井水かな/平子公一

どこから外す釦だらけの葉月/櫂未知子

むしり食う唐黍淡き葉月かな/小澤碧童

呉服屋の葉月の誘ひ多すぎし/高橋玲子

大前に葉月の願ひ申しけり/平田卯芽女

松に来ていよいよ葉月冥想す/和田悟朗

科の木や葉月ぐもりの峠茶屋/佐藤鬼房

葉月空海は千筋の紺に澄み/中村草田男

胡桃樹の天蓋あをき葉月かな/富安風生

草蔭に眠りて葉月なまぐさし/攝津幸彦

葉月この摺り足でゆく海と山/柿本多映

葉月八月病名町名書いている/阿部完市

藍染の釜に水張る葉月かな/大信田梢月

補陀落の旅への一歩葉月かな/杉浦範昌

鎮魂歌遠うねりして海葉月/美馬かすみ

飴色に澄みて葉月のまむし酒/石川桂郎

魚棲まぬ湖の葉月の深みどり/田中敦子

鮮血や葉月を迎へ癒えんとす/成田千空

木の実みな雲呼んでゐる葉月空/飯田龍太

葉月かな昼顔の砂踏み荒るる/伊丹さち子

俳句例:41句目~

葉月かな濤音遠くあらたまり/藤原たかを

那智の滝葉月の空に懸りける/加藤不二也

産声や唇紅させる葉月稚児/長谷川かな女

わが葉月世を疎めども故はなし/日野草城

ねむる間に葉月過ぎるか盆の月/飯田蛇笏

葉月来ぬ木の葉のやうな月あげて/三嶋隆英

蛾の色に似て蝶なれや葉月過ぐ/軽部烏頭子

峡の温泉の星見にきたる葉月かな/今川青風

俎板のまつさら下ろす葉月かな/黒田櫻の園

水青き葉月に生まれ葉月に死す/宇多喜代子

葉月の火事舌にアラビア糊すこし/夏石番矢

鯖と葉といのちはこんで葉月の地/阿部完市

椎わか葉月さしのぼりくるを待つ/松村巨湫

そりこかしげてかしげて洗ふ葉月貝/林原耒井

葉月蛇ごろしまず蛇の夢みつくして/宇多喜代子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ