季語/更待月(ふけまちづき)を使った俳句

「更待月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「更待月」について

【表記】更待月

【読み方】ふけまちづき

【ローマ字読み】fukemachizuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・更待(ふけまち:fukemachi)

・亥中の月(いなかのつき:inakanotsuki)

・二十日亥中(はつかいなか:hatsukainaka)

季節による分類

・「ふ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

更待月を含む俳句例

天窓に更待月や休め機/大宮広子

更待の月荒涼と岬の果/宮下翠舟

中辺路の更待月を心あて/高木晴子

機終ふ更待月の出る頃と/勝俣のぼる

更待月驢馬なきかはす家群に/小池文子

更待の月を帰国にともなへり/稲畑汀子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ