季語/青蜜柑(あおみかん)を使った俳句

「青蜜柑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青蜜柑」について

【表記】青蜜柑

【読み方】あおみかん

【ローマ字読み】aomikan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・早生蜜柑(わせみかん:wasemikan)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

青蜜柑を含む俳句例

撰出して淋しき色や青蜜柑/鼓舌

断崖の樹に青蜜柑油ぎる/津田清子

青蜜柑横目の牛が通りけり/桂信子

青蜜柑日暮の海の肩ひかる/中拓夫

朝市の朝の香りの青蜜柑/中村和子

鼻欠の猿石よ青蜜柑の木/佐藤鬼房

嫁がねば長き青春青蜜柑/大橋敦子

朝寝して鼻のひかりの青蜜柑/中拓夫

農の庭粒不揃ひの青みかん/蕪木啓子

根府川や石切る山の青蜜柑/正岡子規

渋谷てふ不思議な街の青蜜柑/皆吉司

湯の街の朝市に買ふ青蜜柑/滝田英子

青蜜柑個々颱風の傷を持つ/岩根冬青

空港に青蜜柑買ふ旅ごころ/小坂順子

青蜜柑はたと夕凪の村となり/中拓夫

農薬の付く葉に守られ青蜜柑/小牧敦子

雨夜なり爪立てて剥く青蜜柑/草間時彦

ゆく秋のなほたのもしや青蜜柑/ばせを

青みかん青の領域黄の領域/後藤比奈夫

青蜜柑しかと木につき秋日和/和知喜八

俳句例:21句目~

伊吹より風吹いてくる青蜜柑/飯田龍太

青蜜柑ひとに心の淵見せず/古賀まり子

青蜜柑少女に秘密ありにけり/菖蒲あや

夜の座のさざめきそめし青蜜柑/森澄雄

青蜜柑食べつつ不快つのり来る/上村占

黒鯛釣伊豆のあおあお青蜜柑/和知喜八

崖つたふ磯の香に輝る青蜜柑/河野南畦

撰り出して淋しき色や青蜜柑/五車反古

行くもまた末頼もしや青蜜柑/松尾芭蕉

行く秋のなほ頼もしや青蜜柑/松尾芭蕉

傷兵の生きて目に見る青蜜柑/加藤秋邨

いつのまに海はやつれて青蜜柑/川崎展宏

トラックで売る駅前の青みかん/井口朝子

剥き癖のめいめいにある青蜜柑/岡田史乃

半世紀経ぬ「野合婚」や青蜜柑/橋本夢道

子の声の風にまじりて青みかん/服部嵐翠

青蜜柑おのが青さに青ざめて/後藤比奈夫

青みかん肋膜に翳さすといふ/稲垣きくの

青蜜柑どこかに金の影ひそむ/百合山羽公

老の眼の僅かにたのし青蜜柑/百合山羽公

俳句例:41句目~

青みかん闇の深まる一人の夜/高橋喜代子

日雇の荷よりころげて青蜜柑/古賀まり子

青蜜柑昂然として諸果に伍す/相生垣瓜人

青蜜柑敢て売るなり敢て買ふ/相生垣瓜人

青蜜柑食ひ父母とまた別れたり/石田波郷

青蜜柑食べて帽子を冠りなほす/井本農一

髪のどこかひきつる痛み青蜜柑/辻美奈子

鰺かわく香に育ちおり青蜜柑/渡辺浮美竹

青蜜柑車窓暮るるにまかせたり/行方克巳

たちまちに青蜜柑色凝りにけり/八木林之介

バス止めて買ふや国府津の青蜜柑/石塚友二

青蜜柑剥きつつ児戯に類しけり/相生垣瓜人

青みかん青きころもをはがしけり/日野草城

汝鋏まばあまくなるらし青蜜柑/阿波野青畝

青蜜柑町にでそめてより病みぬ/加倉井秋を

青春のゴッホに似たり青みかん/佐野竹の子

寡婦さびしむけば香走る青みかん/鈴木真砂女

日当りて口惜しきときの青みかん/藤井冨美子

青蜜柑茶碗に水を満たしたり/冬の土宮林菫哉

湾のひろさつやつやと青蜜柑ふとる/川島彷徨子

俳句例:61句目~

青蜜柑汽車走りだせば見えなくなる/川島彷徨子

青みかんもぐ身のまはりより昏れぬ/加倉井秋を

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ