季語/旱(ひでり)を使った俳句

「旱」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「旱」について

【表記】旱

【読み方】ひでり

【ローマ字読み】hideri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・旱魃(かんばつ:kambatsu)

・夏旱(なつひでり:natsuhideri)

・旱続き(ひでりつづき:hideritsuzuki)

・大旱(たいかん:taikan)

・旱空(ひでりぞら:hiderizora)

・旱天(かんてん:kanten)

・旱年(ひでりどし:hideridoshi)

・旱畑(ひでりばたけ:hideribatake)

・旱草(ひでりぐさ:hiderigusa)

・旱雲(ひでりぐも:hiderigumo)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

旱を含む俳句例

碧空に山充満す旱川/龍太

洛南は山国どこも大旱/妹尾健

金魚玉空傾けて大旱/石塚友二

遠景に人馬動いて旱川/桂信子

鶏頭の紅しんかんと旱村/黛執

犀磧旱雀が嘴磨げる/西本一都

旱天の夜雲の白き盆の唄/森澄雄

波除に旱雀の痩せにけり/森田峠

仲悪しく旱の畑を嗤ひ合ふ/念腹

追腹の守敏も降らす旱かな/蕪村

正座して薪割る旱の一老婆/澄雄

大旱や泥泉地獄ふつふつと/誓子

昇天寸前旱老婆の白日傘/森澄雄

芋畠旱りの雲の高きかな/木母寺

旱雲飯盛山は尖りたる/宮武寒々

竪戸樋の中は旱の時雨かな/士丸

旱天に蜆掻く音のみ遺る/斎藤玄

大旱の棺板反つて釘浮かす/源二

朝夕瓜もみ食ふ旱かな/前田普羅

真白なる猫によぎられ大旱/楸邨

俳句例:21句目~

一滴も水無し近江旱川/山口誓子

地獄見て憤ろしも大旱/山口誓子

旱雲坐る善丁の瓜畑/築城百々平

日傘みな沼へ傾く芋旱/小林康治

干梅の紅見れば旱雲/河東碧梧桐

旱鶏の一羽大股関ケ原/吉田鴻司

大旱の蟻はしるその影の上/楸邨

瓜蠅旱天の暾を愉しめる/西島麦南

この旱むしろ清しと鳶鴉/村越化石

水を堰く石動かすや旱村/石井露月

しらしらと明けて影濃し旱雲/普羅

百町の芋畑持ちて旱かな/会津八一

石投げて石の音する旱谷/新島艶女

旱雲ひとひらの蝶のぼりつめ/原裕

種蒔いて幾日雨なき春旱/菅原師竹

旱野に崑崙の雪遥かなり/小林碧郎

絶壁の苔厚うして大旱/佐野まもる

ひろしまを縦断今も旱川/辻田克巳

桟橋を足して旱の続く湖/伊藤凉志

栴檀の大樹影濃き旱かな/大谷句佛

俳句例:41句目~

英世の地るつぼとなりし旱雲/原裕

茂り合ふ草に旱の埃かな/尾崎紅葉

一枚の戸板のごとき旱村/藤田三郎

蝶去つて重み加はる旱石/朝倉和江

一筋の道となりたり旱川/下村梅子

丑寅の風や旱の空を吹く/小澤碧童

赤ん坊を尻から浸す海旱り/飴山實

身一つの漂ひ歩く旱かな/山内山彦

車窓より拳現われ旱魃田/金子兜太

昼旱鉄軌綯ひ交ふ陸橋下/石塚友二

健児の足を揃へる旱みち/筑紫磐井

口に乗る春歌や旱の狐立つ/斎藤玄

向日葵の瞠る旱を彷徨す/野澤節子

旱害に遠く消耗病院あり/藤木清子

旱天や軒端甜め飛ぶ蝶ひとつ/松浜

地下一尺蟻の卵の旱かな/野村喜舟

墓の水旱川より運びをり/益田月石

墓原や松風たかき旱り空/角川源義

引とり手なき古本の旱山/高澤良一

旱魃や子の傷を舐め口甘し/岸田稚

俳句例:61句目~

大旱の夜風に鳴きて枝蛙/石原舟月

大旱の掃苔水を惜むなく/亀井糸游

大旱の獣らにまた餌時来る/徳弘純

旱魃の草に溺るる水位標/中村翠湖

旱雲犬の舐めたる皿光る/原子公平

大旱やめし屋汚き煤の町/森川暁水

大旱や強酒を売る煤の町/森川暁水

大旱や長き脚見せ浮御堂/芳賀雅子

旱天の百姓何も持たず歩く/上野泰

大旱鈴蘭は実を結びゐる/木村蕪城

天広く湖青々と旱かな/東洋城千句

天水も乾上り隠岐は大旱/勝部秀峰

海賊の村に水汲む旱かな/正岡子規

龍舌蘭咲きて大きな旱来ぬ/多佳子

流木のかゝりしまゝに旱簗/土山紫牛

水なくて泥に蓮咲く旱かな/正岡子規

つぶやきつ畦ゆく老や大旱/西山泊雲

てらてらと百日紅の旱かな/正岡子規

ねむたさの車窓の白き旱なり/有働亨

旱魃の閻魔大王口裂けし/藤平静々子

俳句例:81句目~

昼顔のとりつく草も旱かな/菅原師竹

一片の薔薇散る天地旱の中/西東三鬼

旱田の水口に佇ち畦に佇ち/堅田春江

旱の夜おんなじ貌の鰈焼く/寺田京子

旱田にからむ捨花外しけり/香西照雄

新幹線試走車が行く旱魃田/皆川白陀

掃苔や手をついて引く旱草/後藤夜半

姥捨の旱雲から岩つばめ/大峯あきら

浦上は愛渇くごと地の旱/下村ひろし

大旱の芋の葉裂けつ癩園も/中島斌男

渡岸寺観音立たす旱かな/大峯あきら

大旱や滝の絵かけし百姓家/前田普羅

灯の海の旱り無限の鎮魂歌/石原八束

悪鬼ゐて地獄たぎらす大旱/山口誓子

旅は紙コップの歪み大旱/千代田葛彦

百姓の大煙立てゝ旱畑/阿部みどり女

大旱や乾坤憎まれたる如し/野澤節子

大旱の川幅に水急ぐなり/千代田葛彦

地の旱閾を越えて乞食来る/成田千空

大旱や墓場もありて煤の町/森川暁水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ