季語/射干(ひおうぎ)を使った俳句

「射干」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「射干」について

【表記】射干

【読み方】ひおうぎ

【ローマ字読み】hiogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・檜扇(ひおうぎ:hiogi_)

・烏扇(からすおうぎ:karasuogi)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

射干を含む俳句例

射干の花大阪は祭月/後藤夜半

檜扇の葉に漏る顔や燕子花/嵐山

射干に娘浴衣の雫かな/松藤夏山

檜扇に娘浴衣の雫かな/松藤夏山

射干の炎々燃ゆる芝の中/石塚友二

射干や氏藤原の禰宜の墓/大屋達治

射干に煉瓦造りの天主堂/清崎敏郎

射干や山の雨きて寺濡らす/舘岡沙緻

射干や肩より吊りし女の服/横山白虹

射干にその花色の蝶の来る/橋爪靖人

射干や草もむしらず寺の茶屋/原月舟

射干を活けて一軸風に浮き/村沢夏風

鉄漿の甕よりい出て射干へ/久米惠子

銭湯の跡地射干咲いてをり/高澤良一

檜扇のうしろ清少納言かな/平井照敏

射干の紅一花を蝋干し場/冨田みのる

射干の花や高野をこころざす/森澄雄

射干の花より砂をうち払ひ/岸本尚毅

射干も一期一会の花たらむ/石田波郷

射干や刻を忘れて読む少女/新井英子

俳句例:21句目~

射干や家を毀ちて家が建ち/高澤良一

射干にすぐやむ雨や推古陵/大峯あきら

射干の前をときどき笑ひ過ぐ/岡井省二

射干や住み捨てられし関所跡/高橋悦男

射干の最後の花と思ひ見る/若山/良子

射干や明通寺みち雨来つつ/小沢満佐子

射干にオホーツクを来し風のあり/野上裕

射干に母となりても母を恋ふ/北原みち子

射干に雨の雫のかがやけり/曽我部多美子

射干や医師に出す舌やゝ巻きて/今村俊三

うばたまの夜学の窓をあけし儘/飯田蛇笏

中尊寺うばたまの暗つゞれさせ/山口青邨

山の日に檜扇の実もはじけたり/細見綾子

射干の実のぬばたまの淑気かな/青木重行

檜扇の金の月夜でありにけり/佐々木六戈

子を産んで射干の朱を見て居りぬ/飯島晴子

射干や私道くねくねしてややこし/高澤良一

射干のまはりびつしより水打つて/波多野爽波

車降り檜扇の花教へ給ふ師に従きて来し秋の信濃路/神作光一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ