季語/鳳仙花(ほうせんか)を使った俳句

「鳳仙花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳳仙花」について

【表記】鳳仙花

【読み方】ほうせんか

【ローマ字読み】hosenka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・つまべに(つまべに:tsumabeni)

・つまぐれ(つまぐれ:tsumagure)

・つまくれない(つまくれない:tsumakurenai)

・染指草(せんしそう:senshiso)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

鳳仙花を含む俳句例

姉母似妹母似鳳仙花/坊城俊樹

家の鶏隣の犬や鳳仙花/尾崎迷堂

鳳仙花牛重心を動かせり/西谷孝

故郷を百度捨てし鳳仙花/杉田桂

山寺の局造りや鳳仙花/前田普羅

鳳仙花葬の鉦に置く鏡/宮武寒々

鳳仙花影紅にたまり水/佐久間法師

雷の居坐る日々の鳳仙花/坪内稔典

百姓の大往生や鳳仙花/深川正一郎

吾妹子や白水漑ぐ鳳仙花/野村喜舟

我室や便所に近く鳳仙花/寺田寅彦

昼酒へ男女が沈む鳳仙花/坪内稔典

物干すに躓く石や鳳仙花/西山泊雲

唖の子に教ふ発音鳳仙花/羽部洞然

畳屋の汗は大粒鳳仙花/大岳水一路

腰低い男来て去る鳳仙花/坪内稔典

種弾く大事起りぬ鳳仙花/野村喜舟

鳳仙花白に隣りて赤濃し/松藤夏山

鳳仙花焼餅の粉をふた莚/西本一都

寄宿舎や便所の脇に鳳仙花/寺田寅彦

俳句例:21句目~

鶏掻いて痛めし土や鳳仙花/西山泊雲

浦島の玉手箱あり鳳仙花/鈴木しげを

送り膳二つはこびぬ鳳仙花/中川四明

葬ひの終る夕日や鳳仙花/岡本癖三酔

母に似ぬ子の福耳や鳳仙花/水原春郎

落日に蹴あへる鶏や鳳仙花/飯田蛇笏

雑草を削りしほるゝ鳳仙花/右城暮石

砂あびる鶏の埃りや鳳仙花/塩谷鵜平

餌追はれて猫の横目や鳳仙花/原月舟

鳳仙花はじけて地獄谷深し/櫂未知子

今もなほ借家暮しの鳳仙花/小林一行

鳳仙花紅白砂にけがれざる/林原耒井

父のみが知りし早熟鳳仙花/津森延世

子が二人自転車二台鳳仙花/小原牧水

子の残す泥の手型や鳳仙花/原田早苗

祖母の櫛我には弱し鳳仙花/依光陽子

家富んで朝暮の粥や鳳仙花/飯田蛇笏

過ぎしことみな懐しや鳳仙花/徳永球石

さびしくて嗽してゐる鳳仙花/中山純子

海女陸にもどれば母よ鳳仙花/福田蓼汀

俳句例:41句目~

よその子が少し憎くて鳳仙花/辻田克巳

トタン板めくれ上れる鳳仙花/行方克巳

ロシヤ女こうし肥りに鳳仙花/遠藤梧逸

仏滅や鳳仙花散り地を焦がす/高澤良一

掘りあげし土管の土や鳳仙花/西山泊雲

古網をかけて鶏飼ふ鳳仙花/石島雉子郎

禁欲の死に神はじけ鳳仙花/増田まさみ

小庭にて一ばんの日向鳳仙花/瀧井孝作

正直に咲いてこぼれて鳳仙花/遠藤梧逸

山の蜂かえりまつかな鳳仙花/和知喜八

降り足らぬ砂地の雨や鳳仙花/杉田久女

小商ひ殖えし路地うら鳳仙花/中村苑子

飯櫃に蟻来る宿や鳳仙花/菅原師竹句集

紅いのも白いのも散り鳳仙花/細見綾子

鳳仙花いささか肚の立つ仕事/辻田克巳

鳳仙花かばかり白き山に来ぬ/林原耒井

鳳仙花がくれに鶏の脚あゆむ/福永耕二

鳳仙花その種も手に移らばや/石塚友二

鳳仙花どこかに癌が横たわり/坪内稔典

原点に焦土がありぬ鳳仙花/鈴木しげを

俳句例:61句目~

地震あとの瓦礫の土や鳳仙花/野村喜舟

鳳仙花夕日に花の燃え落ちし/鈴木花蓑

鳳仙花妻子は神が預り置く/磯貝碧蹄館

初めての町なつかしき鳳仙花/角川春樹

鳳仙花昨日の如く散りてあり/前田普羅

鳳仙花木曽はどの家も鯉太り/本多静江

鳳仙花機嫌よき種飛ばしけり/朝倉和江

児を抱いて風邪聲憂ふ鳳仙花/富田木歩

湯の町は端より暮るる鳳仙花/川崎展宏

煮炊して留守守る童女鳳仙花/富安風生

鳳仙花空けば又住む門長屋/石島雉子郎

鳳仙花童女の機嫌すぐ変り/益本三知子

呟きは黄泉につながる鳳仙花/橋石和栲

鳳仙花茎も見えざる花盛り/大橋櫻坡子

移り来し人の喪服や鳳仙花/石島雉子郎

鳳仙花蛇の目の傘を明るうし/中村花野

鳳仙花路地を迷ひて同じ場所/稲畑汀子

鳳仙花はじけし音の軽かりし/西野雨邨

鯵の鮨つくりなれつつ鳳仙花/水原秋櫻子

なすな恋そんな日の花鳳仙花/すずき波浪

俳句例:81句目~

わざをぎの盆の湯治や鳳仙花/水原秋櫻子

仔猫すでに捨猫の相ほうせん花/野澤節子

鳳仙花くろかみ土にまろびけり/宮武寒々

割る薪のよく飛ぶことよ鳳仙花/小島昌勝

咲き分けし鹿の子も露の鳳仙花/石塚友二

鳳仙花の赤散る雨の降りはじめ/細見綾子

子猫見て親猫の居ぬ鳳仙花/長谷川零餘子

愛の言葉に聡くて爆ぜる鳳仙花/寺井谷子

鳳仙花まろめてパンは石の炉に/小池文子

鳳仙花ペダルの端が崩したる/稲畑廣太郎

鳳仙花一つはじけぬ死はそこに/猿山木魂

昼三味にこぼるるものや鳳仙花/太田鴻村

泣いて勝つことを覚えて鳳仙花/柴野/静

無知が可愛彩とりどりの鳳仙花/福田蓼汀

鳳仙花散るところにて別れけり/石井桐陰

犬の子のいつもかたまる鳳仙花/籾山柑子

百姓によびとめられぬ鳳仙花/成瀬正とし

秋蚕飼ふひつそりさ散り鳳仙花/細見綾子

鳳仙花母とゐて茶も飲み飽きぬ/黒木野雨

鳳仙花源平に散りこぼれつつ/鈴木しげを

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ