季語/苺(いちご)を使った俳句

「苺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苺」について

【表記】苺

【読み方】いちご

【ローマ字読み】ichigo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・覆盆子(いちご:ichigo_)

・草苺(くさいちご:kusaichigo)

・苺摘み(いちごつみ:ichigotsumi)

・苺畑(いちごばたけ:ichigobatake)

季節による分類

・「い」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

苺を含む俳句例

夕方の町美しく苺出づ/栗原米作

大地這ふ西日に赤し畑苺/原石鼎

苺赤し一粒ほどの平安か/森澄雄

蔕去りて肌親しめる苺かな/篠原

城山や篠ふみ分けて苺採り/篠原

くらがりに苺喰ひけり草枕/史邦

初苺家族の数の匙ひかり/河前隆三

苺つぶす舌を平に日本海/古館曹人

苺買ふ子の誕生日忘れねば/安住敦

雨やみて苺畑に姉妹/阿部みどり女

固め植ゑして十月の苺苗/上原富子

沖よりの風を妊る苺狩り/対馬康子

跼まねば裾に風吹く苺園/横山房子

地に沈む石も寝墓や草苺/安部睦代

つば広の麦藁帽子苺摘む/高濱年尾

夕ぐれの卓の緑酒に初苺/飯田蛇笏

月の出に百紅らむか苺畑/石川桂郎

大粒の小粒の室の苺かな/西村和子

耳もとに太陽の私語苺摘む/堀内薫

苺畑ほとりす森の緑かな/尾崎迷堂

俳句例:21句目~

末の娘は愛称で呼ぶ皿苺/石川文子

秋草の苺一粒掌に享くる/小池文子

草苺朝の赤さや歌の中/加藤知世子

よく熟れて苗代苺向ふ岸/岡本圭岳

わらんべや麦稈籠に草苺/芝不器男

苺熟れ暖流雨をまた戻す/神尾季羊

苺さはに夫買ひ給ふ誕生日/及川貞

病人の覆盆子貪る寐台哉/滝川愚仏

優雅なり冬の苺を丸噛り/鈴木栄子

浪音に気づきて跼む苺園/横山白虹

草庵の砂糖涼しき苺かな/増田龍雨

草むらに紅点々と苺かな/赤木格堂

傘にさはる傘苺摘む/阿部みどり女

鼻紙の覆盆子に染る昼ねかな/朱廸

水の中指やはらかく苺洗ふ/大橋敦子

恋したや苺一粒口に入れ/鈴木真砂女

食すより摘む思ひ出の草苺/松岡豊子

野苺や噛めばみだらに舌動く/三谷昭

街中にして苺狩出来る場所/稲畑汀子

つぶしたる苺流るる乳の中/高浜虚子

俳句例:41句目~

とり出す苺の紅の箱に滲む/大野林火

手術経て苺つぶせり左手に/石田波郷

菜の窪の苺を寝かす患者食/石川桂郎

指の力抜いて摘みたき桑苺/中村芳枝

ふるさとや昔めく身に苺皿/京極杞陽

流水にたれて蟻ゐる苺かな/飯田蛇笏

スーパーの大鏡より苺買ふ/菅原章風

草苺あかきをみればはは恋ひし/篠原

昼灯す苺ハウスに日脚伸ぶ/百井芳枝

時かけて苺をつぶす腰痛持/高澤良一

海軍のような青空苺を染め/原子公平

匙につぶす苺の弾力さへ五月/瀧春一

デザートに年々大き苺かな/高澤良一

病者より苺贈られ寧からず/石田波郷

古りし世の産屋は別火草苺/北出礼子

朝苺一つふふみて畑に買ふ/田中祥子

兵稚く苺つぶせり霧霽れよ/沢木欣一

苺畑季過ぐる雨に沓を入る/飯田蛇笏

笠打敷けば泪こぼれぬ草苺/石井露月

ハンケチを戴きかざし苺摘/鈴木花蓑

俳句例:61句目~

花の芯すでに苺のかたちなす/飴山實

山鳩に病者等苺摘み餘し/石田あき子

灰皿を除けて苺の皿を置き/松井紫花

死火山の膚つめたくて草苺/飯田蛇笏

苺摘む太陽の子を拾ふごと/遠藤芳郎

晴耕の雨読の苺熟れはじむ/松下芳子

草刈や蕗の葉もりの蔓いちご/ぶん村

充実の一日に遠し苺つぶす/相馬遷子

けさ摘みて草の匂ひの苺かな/長谷川櫂

ねむる手に苺の匂ふ子供かな/森賀まり

ふりいでてしろき雨脚苺喰ぶ/木下夕爾

またもとの椅子にもどりて草苺/下田稔

コソボ空爆冷んやりと苺ジヤム/鈴木映

ベトナムに爆撃があり苺喰ふ/瀧井孝作

主婦の日は苺の店の前で閉づ/古舘曹人

借りてはく藁の草履や苺摘/今井つる女

入口と出口に見張り苺狩り/松本サキ子

出羽の国朝のつめたき苺喰ふ/細見綾子

初苺鵞鳥かしぎて寄りくるも/小池文子

厨の灯洗ひあげたる苺の香/今井千鶴子

俳句例:81句目~

団欒は紅き苺をつぶすとき/五十嵐播水

夢すくふごとく苺を洗ひけり/進藤明子

子がなくて苺ミルクの匙なむる/桂信子

子に頒つ苺のひとつ妻の唇に/石川桂郎

実の付いたまゝ提けたり苺苗/尾崎紅葉

室苺ぬくき血を子へ送るかに/田中英子

島住居苺の雨がしづかなり/佐野まもる

巴女と逢はず苺の季すぎたり/萩原麦草

幸来ずや苺をつぶす銀の匙/佐野まもる

思ひ出や苺が乳に混るとき/軽部烏頭子

悪女かも知れず苺の紅つぶす/三好潤子

摘みたての粒の揃はぬ苺かな/稲畑汀子

摘みとりて蟻はふ籠の苺かな/西島麦南

日曜になれば吾子来る苺熟る/池内鎖錨

星降つてまた星降つて熟れ苺/橋本榮治

暗中に崩れし苺アガメムノン/平井照敏

曇り日や野苺あかく毒もてる/岸風三楼

朝日濃し苺は籠に摘みみちて/杉田久女

本を買い苺の箱と重ねもつ/田川飛旅子

村の子も食べなくなりし草苺/杉内徒子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ