季語/油照(あぶらでり)を使った俳句

「油照」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「油照」について

【表記】油照

【読み方】あぶらでり

【ローマ字読み】aburaderi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・脂照(あぶらでり:aburaderi_)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

油照を含む俳句例

油照ゆく少年と少女の影/原裕

大阪や埃の中の油照/青木月斗

川魚の鼻出す波紋油照/高井北杜

猫の下一枚二枚油照/郡山やゑ子

巻尺の弾みて戻る油照/田原央子

指缺けて楽舞俑群油照/柚木紀子

切株が斧噛むでゐる油照/星水彦

油照巖山は巖しぼり出す/金子青銅

噎び喀く胸の血甘し油照/石原八束

屁理屈の罷り通らぬ油照/高澤良一

雁宕の墓ほむらだつ油照/石原八束

また外れ真っ赤な嘘の油照/高澤良一

人死して蛇口をひらく油照/奥坂まや

大船を引きすゑてある油照/富安風生

樹に強く斧を打ちこむ油照/小澤克己

油照「一筆啓上」書翰の碑/内山泉子

油照老眼進むおもひかな/猿橋統流子

血を喀いて眼玉の乾く油照/石原八束

退屈な鼻がゐすわり油照/和田耕三郎

遺跡とは無言の歴史油照/田中まさし

俳句例:21句目~

こびりつく愛想笑ひや油照/仙田洋子

鮨屋へのカレーの出前油照/山口恵子

ざんばら髪の山彦あるく油照/長谷川双

母系家族は白のあけくれ油照/長谷川双

身ほとりに葬りつづけり油照/近藤一鴻

名刺から我が名こぼるる油照/藤岡筑邨

道迷ひゐる歩をつつみ油照/畠中じゆん

油照横ざまに寝て聴くラヂオ/石塚友二

錆こぼし橋痩せつづく油照/中戸川朝人

油照逃げ場なきこと空気にも/宮津昭彦

絵タイルの独楽まはり出す油照/高橋悦男

油照きりきり舞をせる木あり/相生垣瓜人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ