季語/万緑(ばんりょく)を使った俳句

「万緑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「万緑」について

【表記】万緑

【読み方】ばんりょく

【ローマ字読み】banryoku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

万緑を含む俳句例

万緑の天地有情や杣男/原裕

万緑や泳ぐすがたの病臥身/稚

甕の濡れ一条黒し万緑下/静塔

万緑や瀬音のふかき峠道/林宏

万緑や木の根の湿り蹠に/原裕

万緑の万物の中大仏/高浜虚子

万緑の中さやさやと楓あり/青邨

万緑や採石山は万の傷/和泉伸好

万緑の一幹馬首のごと叩く/狩行

万緑の中の一山杉の鉾/野澤節子

方舟で万緑の梢漂わん/中島斌雄

万緑の吉野両断吉野川/右城暮石

寂として万緑の中紙は食ふ/楸邨

万緑に磐を配す立石寺/高澤良一

万緑になじむ風鈴夜も昼も/蛇笏

青年に万緑の塵見えず飛ぶ/原裕

万緑の中の一点美術館/橋本榮治

万緑の宇陀郡ぬけて吉野郡/暮石

万緑の奥のつめたき水の音/蕗村

万緑や力をこめて鐘をつく/非文

俳句例:21句目~

万緑の分水嶺に人灯す/加藤耕子

万緑に大吊橋の軋む音/山下美典

万緑の中鳳凰は釘づけに/大橋敦子

万緑やのぼりきつたる男坂/林尚子

万緑を抜けし列車は蒼白に/小林武

万緑や血の鮮烈に殉教図/内藤吐天

万緑や地の涯汀まで樹海/西本一都

万緑の底に棺桶用の樹よ/櫂未知子

万緑の底を歩きし髪湿る/森澤照子

万緑や江山文庫興りし地/桑田青虎

万緑の朴がしたたる禿頭/和知喜八

万緑や杣の葬りの吹流し/西本一都

万緑の法の高野に献木す/大橋敦子

万緑にゐて天地の息づかひ/川口襄

万緑を顧るべし山毛欅峠/石田波郷

万緑や産屋の刻の移りをり/齋藤玄

万緑や囚徒拓きし直線路/松本泰志

椿落ちて万緑叢中一朱唇/楠本憲吉

深吉野は深き万緑無音界/梅本幸子

火の山の裾万緑に道はあり/上村占

俳句例:41句目~

雲水の声万緑の堂に満つ/加藤耕子

可惜しや万緑とざす霧峠/川畑火川

万緑に染りて命綱外す/中居梨津子

万緑や産声を待つ控室/浅見まき子

万緑の雨に鳥獣生れつぐ/茂恵一郎

万緑に蒼ざめてをる鏡かな/上野泰

万緑に黄に横に竹四つ目垣/上野泰

万緑やわが掌に釘の痕もなし/誓子

万緑や幹の片側波はしり/近藤一鴻

万緑の一端を食む牧の牛/柿沼昭治

万緑の中に胎動日々強く/合原/泉

万緑や湿り貯はふ一据石/村越化石

万緑の中残雪の主峰峙つ/伊東宏晃

万緑を蒐めて伊豆の岬かな/福田清人

万緑を水に活けたり竹生島/杉浦和生

万緑や血の色奔る家兎の耳/河合凱夫

万緑や薩摩切子に日の返り/今泉貞鳳

ケーブルに赤子万緑従へり/野澤節子

一曲りして万緑の山に入る/佐藤八山

万緑や磔像錆の血を流す/野見山朱鳥

俳句例:61句目~

万緑と我と一瞬弓を引く/今井千鶴子

万緑や病者夕べも麦藁帽/上野さち子

万緑にラムネ奔騰させ若し/鷹羽狩行

万緑の湖畔はなべて幹倒れ/皆吉爽雨

万緑の点となるまで車椅子/小田欣一

万緑の谿へせり出す厠かな/近藤一鴻

万緑に抑へ込まるゝ一堂宇/高澤良一

万緑に抱かれしより光る沼/稲畑汀子

万緑に抱かれて渓の音弾む/渡辺嘉幸

万緑や現在位置を朱で示し/蛯子雷児

万緑も窓も無傷と思ふなり/櫂未知子

万緑の家に老婆が一人ゐし/右城暮石

万緑の展けて海の沖の照り/枡田国市

万緑やバスの後退笛ひとつ/那須淳男

万緑や天狗棲むには山低き/石山佇牛

万緑の底に物音なく牧場/畠中じゆん

万緑は甲斐の峠に他ならず/萩原麦草

万緑の中に名水訪ねけり/福島五十鈴

万緑の中より現れて神の鳩/毛塚静枝

万緑や古志の国より塩の道/西本一都

俳句例:81句目~

万緑の上にみどりの伊吹山/福田蓼汀

万緑の水うごきをり鳴子峡/青木重行

万緑の水打つ牛飼左千夫墓/巌谷小波

万緑の中はじめての喪服着る/皆吉司

万緑や猿の子はもう猿の貌/山田麦車

万緑叢中/花柄の忘れ傘/守田椰子夫

万緑裡蹄音おこり遠ざかる/大橋敦子

六甲といふ万緑を横たふる/三村純也

万緑の動いて風の五浦かな/福島壺春

万緑や球も楽しき右往左往/香西照雄

尚動く亡き子の時計万緑裡/楢崎六花

万緑の中より太き川出づる/加藤憲曠

万緑の一紺として四葩冴ゆ/石塚友二

樅は北方人万緑にこの黒さ/村上冬燕

歩みだす万緑といふ枷の中/櫂未知子

水軍の島万緑に盛りあがり/西村旅翠

万緑の中やこぼるゝ麦の飯/萩原麦草

万緑や山雨が醒ます昼の酒/石川桂郎

万緑の隠しきれざる火口壁/飯島正人

万緑や庭師に多き当麻族/つじ加代子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ