季語/芋の花(いものはな)を使った俳句

「芋の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芋の花」について

【表記】芋の花

【読み方】いものはな

【ローマ字読み】imonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

芋の花を含む俳句例

芋の花咲くや国道真つ平ら/小川蘆哉

芋の花月夜を咲きて無尽講/飯田蛇笏

足の指芋のごとくに芋の花/和知喜八

二三日いけられてあり芋の花/田中王城

芋の花見せて廻って疲れけり/古川迷水

懈き身の目があそびをり芋の花/小沢鼎々

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ