季語/百日草(ひゃくにちそう)を使った俳句

「百日草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「百日草」について

【表記】百日草

【読み方】ひゃくにちそう

【ローマ字読み】hyakunichiso

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

百日草を含む俳句例

百日草百日の花怠らず/遠藤梧逸

蝶歩く百日草の花の上/高野素十

雨やみし百日草に蝶多し/武田操

百日草澄江堂の書の装幀/瀧春一

毎日の百日草と揚羽かな/三輪一壺

百日草百日強し荷車曳き/中山純子

物陰や百日草の今も咲く/子規句集

蕊とれし百日草の花一つ/京極杞陽

ああ今日が百日草の一日目/櫂未知子

百日草子供の干衣竿に高く/富安風生

百日草咲いて質屋の定休日/高澤良一

中年や百日草に日蔭なく/高橋さえ子

自得して百日草は愚の如し/遠藤梧逸

百日草芯よごれたり凡詩人/草間時彦

坩堝なす落暉を沖に百日草/松本幹雄

製麺所休んでゐたり百日草/秋山幹生

一つ咲き百日草のはじめかな/瀬野直堂

心濁りて何もせぬ日の百日草/草間時彦

海鳴の冥さに慣れて百日草/ほんだゆき

物書いて声錆びつかす百日草/清水衣子

俳句例:21句目~

病みて日々百日草の盛りかな/村山古郷

百日草がんこで知れる父と母/坪内稔典

百日草ひと日ひと日を丁寧に/石川文子

百日草今どきこんな花咲かせ/高澤良一

百日草凡の生活をいとしみつ/根岸善雄

これよりの百日草の花一つ/松本たかし

もの古りし百日草の花となり/大石暁座

朝の職人きびきびうごき百日草/植村通草

百日草ごうごう海は鳴るばかり/三橋鷹女

尼寺やすがれそめたる百日草/軽部烏頭子

八十路まだ夢みる日々や百日草/千原満恵

会議果ての週末百日草の一枚畑/福富健男

百日草に鱗浴びせて島ぐらし/能村登四郎

百日草がうがう海は鳴るばかり/三橋鷹女

百日草在りしごとくに書を重ね/徳田千鶴子

水替へるはじめ仏間の百日草/長谷川久々子

百日草園児の描く絵さまざまに/行廣すみ女

百日草がんこにがんこに住んでいる/坪内稔典

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ