季語/三光鳥(さんこうちょう)を使った俳句

「三光鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三光鳥」について

【表記】三光鳥

【読み方】さんこうちょう

【ローマ字読み】sankocho

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

三光鳥を含む俳句例

三光鳥声ふる谿に嗽ぐ/岩崎珠

深翳る林や声の三光鳥/成智いづみ

三光鳥檜山杉山淋しくす/瀧澤宏司

三光鳥百の赤松みな響く/脇本星浪

何喰うて三光鳥は月日星/川崎展宏

三光鳥飛鳥に多き謎の石/壷井久子

三光鳥女は強く帯巻けり/原田冬水

三光鳥帯解き放つ宿院に/小坂順子

三光鳥風筋の石乾きをり/水上孤城

老僧の耳が動きぬ三光鳥/板谷芳浄

山と山出会ひ頭に三光鳥/市村究一郎

富士疎林三光鳥の声わたる/浅羽緑子

失恋に三光鳥がホイと言ふ/小林貴子

三光鳥鳴くよ梢越す朝風に/伊東月草

三光鳥声かさなりて梢まぶし/泉鏡花

三光鳥かなしき声の遠けれど/岸風三樓

三光鳥聴きに来いとよ暮石翁/後藤綾子

三光鳥背戸への小橋湿りがち/水野爽径

庭よぎる山川のあり三光鳥/赤塚喜美重

杉木立縫うはニンフか三光鳥/高山紀子

俳句例:21句目~

三光鳥あそべる樹々の暗さかな/森田峠

鳥寄せに近づく霧の三光鳥/水原秋櫻子

三光鳥けふ建つ句碑は鵙を詠む/亀井糸游

三光鳥からまつもみじ黄けぶり/和知喜八

三光鳥あかとき梢にうつりそむ/水内鬼灯

三光鳥来鳴く庭木や空あをき/上村比呂子

杉の秀のゆらゆらとして三光鳥/中西舗土

三光鳥啼きつぐ彼方雨明るし/渡辺七三郎

よき風に乗りて三光鳥のこゑ/今井杏太郎

三光鳥鳴く鳴け山家まだ暮れず/市村究一郎

三光鳥とざさぬ坊の明けそめつ/米勢珊瑚子

三光鳥鳴きやみし尾を垂れにけり/島崎秋風

三光鳥はっきりと啼く沙羅の木に/加藤三七子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ