季語/寒竹の子(かんちくのこ)を使った俳句

「寒竹の子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒竹の子」について

【表記】寒竹の子

【読み方】かんちくのこ

【ローマ字読み】kanchikunoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒筍(かんたけのこ:kantakenoko)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

寒竹の子を含む俳句例

寒竹に光る風あり独居る/北原白秋

寺裏の寒竹垣に小家あり/高浜虚子

寺院の実る寒竹巌に垂る/飯田蛇笏

寒竹の下ゆく水となりにけり/北原白秋

寒竹はすでに子を持ち二日月/萩原麦草

寒竹や少年無頼をつらぬけり/齋藤愼爾

芽寒竹黒芽ばかりの早熟児/中村草田男

寒竹の芽の向き初日さしにけり/室生犀星

寒竹鳴つて父は言葉を捜しをり/田川飛旅子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ