季語/焚火(たきび)を使った俳句

「焚火」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「焚火」について

【表記】焚火

【読み方】たきび

【ローマ字読み】takibi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・落葉焚(おちばたき:ochibataki)

・朝焚火(あさたきび:asatakibi)

・夕焚火(ゆうたきび:yutakibi)

・夜焚火(よたきび:yotakibi)

・焚火跡(たきびあと:takibiato)

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

焚火を含む俳句例

湖は氷の上の焚火哉/夏目漱石

離れとぶ焔や霧の夕焚火/石鼎

蟷螂の卵も焼かれ夕焚火/一雄

茸山の仕事納の一焚火/杉艸子

唇と骨を熱して焚火跡/斎藤玄

炎皆大地に沈む焚火かな/鶏二

暁雲の中のすぢ雲春焚火/中拓夫

焚火して山の湖夜の秋/下村梅子

馬鈴薯の花青々と朝焚火/斉藤茂

夜焚火の焔吹き倒され昏む/林火

焚火守るとき人間に表裏/塙告冬

霊場の焚火明りに寺男/高見/弘

一枚の波屏風立ち磯焚火/上野泰

焚火する為の鍋あり藁仕事/素十

流木の月日消えゆく磯焚火/林翔

焚火人を犬嗅ぎ廻り~/清原枴童

流木を集め人の焚火跡/金堂豊子

夜焚火に金色の崖峙てり/秋櫻子

冬籠り焚火に曇る眼鏡かな/闌更

煙なき牡丹焚火の焔かな/原石鼎

俳句例:21句目~

山鳩の鳴くや焚火の音の中/秩父

臘八や辻の焚火に旅の僧/菅裸馬

肩越しに海珠なせる春焚火/原裕

織姫の歌垣山や捨焚火/巌谷小波

麦秋や籬の外の大焚火/西山泊雲

夕霜や湖畔の焚火金色に/泉鏡花

掃き寄する帚に焚火燃え移り/同

四辻にうどん焚火や冬の月/石友

放哉は雨の舟詠み春焚火/中田剛

磯焚火潮音どよむ松林/皆川盤水

獲物なき猟夫無聊の大焚火/沢聰

山中の馥郁たるは焚火あと/鴻司

炎とは別に焚火の煙這ふ/後藤夜半

焚火する寺に隣りて京の宿/車谷弘

湖を前に涼しき焚火かな/野村泊月

人老いぬ焚火埃を眉につけ/淡路女

鮎の川石を焦せし焚火跡/棚山波朗

大椨の根方に隆と焚火跡/高澤良一

焚火して紙漉村の川辺なる/所山花

大焚火して産土の神送り/高崎雨城

俳句例:41句目~

河岸の焚火に女盛り過ぐ/友草寒月

焚火して泳ぐ茫々石狩川/成田千空

大焚火闇に守られ衰へず/高橋悦男

兄妹の焚火のあとの寒の雨/安住敦

雪中の焚火の跡や祈年祭/石田勝彦

八十の母の焚火の勢ひ立つ/桂信子

公を焼く火と別に大焚火/鈴木鷹夫

照紅葉焚火跡ある瀞の岩/三原清暁

雀来て白く消えたる朝焚火/中拓夫

鐘楼に焚火跡ある三ヶ日/椎橋清翠

岩砕く金剛力や焚火人/楠目橙黄子

野良犬のなつく先生焚火守/渡たみ

誰となく焚火を育て釣仲間/森田峠

衰へし心身をもて焚火かな/上野泰

学僧の焚火の群に郵便夫/山田狭山

初寅や施行焚火に長憩ひ/田中王城

煉瓦塀炎まつすぐ春焚火/川崎展宏

焚火してところ~に高野市/森白象

初漁の船待つ磯の大焚火/熊田鹿石

我窓へ折々曇る焚火かな/小杉余子

俳句例:61句目~

藁灰を得べき焚火のすぐ終る/林翔

海女焚火淡し頭上へ水柱/香西照雄

焼藷の乾漆二体焚火よリ/皆吉爽雨

炎天の焚火埃りの荒々し/栗生純夫

焚火あと月読の香の流れけり/原裕

寒山は掃き拾得は焚火守る/蔦三郎

極月や孫と遊びの庭焚火/遠藤梧逸

指先に熱き記憶の焚火の輪/林三郎

烏瓜焚火煙にうすれ見ゆ/野村泊月

捨焚火寒山拾得来て育て/河野静雲

捨焚火掘兼村の井水鳴る/巌谷小波

焚火跡慕ひし鹿の糞ならめ/森田峠

焚火赤く黙せば力あるごとし/昌寿

一枚の岩を砦に海女焚火/土方真帆

春焚火少しくゆらせ婚近し/石寒太

焚火中竹飴の如燃えにけり/上野泰

年の夜や焚火のうつる鶏の顔/寛麗

秋山や草むら浅き焚火屑/飯田蛇笏

少年が守る夜伽の大焚火/市堀玉宗

神々の焚火出雲の夕焼は/柴田奈美

俳句例:81句目~

焚火中炎のせては落葉失せ/上野泰

母郷たしかむ焚火の芯は狐色/原裕

埋立地に人の匂ひの捨焚火/有働亨

磯焚火王子の祠煙らしぬ/石倉啓補

焚火の輪背に山々の寒さ負ひ/麦南

水音の暮れてひとりの大焚火/春樹

夕山の焚火を蔽ふ杣二人/飯田蛇笏

磯焚火海女総立ちに春驟雨/上野泰

浜焚火勢を得し彼方かな/山本歩禅

夕映えの遠き焚火は地の吐息/林翔

鹿鳴くや男ばかりの焚火の輪/沢聰

氷上やうつりかはして二焚火/風生

牡丹焚火炎は抱き合ふ形/永瀬十悟

日輪が焚火煙の中になる/湯浅桃邑

球根の焦げ残りたる焚火跡/右城暮石

前世は水なり焚火よく爆ぜる/穴井太

励まなんいま色一新遠焚火/香西照雄

田の焚火一日燃えて達磨市/三関浩舟

百八焚火の戦場の甲斐の国/浅羽緑子

古俵立てし焚火の客となる/後藤夜半

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ