季語/綿帽子(わたぼうし/かずきわた)を使った俳句

「綿帽子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「綿帽子」について

【表記】綿帽子

【読み方】わたぼうし/かずきわた

【ローマ字読み】wataboshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「わ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

綿帽子を含む俳句例

風もなき秋の彼岸の綿帽子/鬼貫

北山の雪や相似て綿帽子/松瀬青々

綿帽子に赤毛布の男かな/会津八一

綿帽子の糊をちからや冬の蝿/許六

綿帽子士農工商の妻の体/黒柳召波

綿帽子首傾くは風のせい/二村典子

菜園に我妻見たり綿帽子/石井露月

小町寺尼がかむれる綿帽子/大森積翠

狗背の綿帽子ぬぐ日和かな/水田正秀

綿帽子上の乳人で在しけり/岡本松浜

日ざし来てうるほふ如し綿帽子/山崎駿

綿帽子共に老いたる五十年/筏井竹の門

綿帽子白拍子とは見えにけり/小澤碧童

綿帽子ふかぶかとして眉目あり/行方東湖

綿帽子ありて此の家死に絶えし/池内たけし

綿帽子ぬぎたる祖師にまみえけり/足立蓬丈

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ