季語/烏瓜(からすうり)を使った俳句

「烏瓜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「烏瓜」について

【表記】烏瓜

【読み方】からすうり

【ローマ字読み】karasuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・玉瓜(からすうり:karasuri_)

・玉章(たまずさ:tamazusa)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

烏瓜を含む俳句例

麓なる当麻の寺や烏瓜/侘仏

烏瓜滅多に赤し姥の道/齋藤玄

烏瓜縞を装う数寄心/高澤良一

烏瓜粋な青縞装いて/高澤良一

石神の首が坐る烏瓜/古舘曹人

釣竿にかけて戻りぬ烏瓜/原月舟

籠塀や杉皮朽てからす瓜/森鴎外

落書の壁のつづきの烏瓜/長田等

烏瓜蔓に曳かれて下り来る/篠原

烏瓜海に拾ひて海の裔/木村蕪城

金売吉次ここに落命烏瓜/有働亨

烏瓜配して備前小物売/高澤良一

仲秋や青く縞なす烏瓜/鈴木貞雄

藪先や暮れ行くとしの烏瓜/一茶

縞青きお弓の墓の烏瓜/西本一都

蔓きりて心中に置く烏瓜/中田剛

潮が響きて歳晩の烏瓜/山西雅子

取りけるが遂に捨けり烏瓜/篠原

烏瓜細き蔓垂れ水の上/高濱年尾

白き蔓白き枯葉の烏瓜/後藤夜半

俳句例:21句目~

物音のよく通る空烏瓜/高澤良一

昨夜の雨残す雫や烏瓜/松田多朗

烏瓜赤き日向の山へゆく/森澄雄

最澄の山空海の里烏瓜/加藤耕子

桂郎忌天より烏瓜はづす/神蔵器

楸邨の歩幅に遠し烏瓜/栄水朝夫

落日の落し子ここに烏瓜/但馬美作

ゆく末を風に任せぬ烏瓜/高澤良一

烏瓜映る水あり藪の中/松本たかし

色見せてよりの存在烏瓜/稲畑汀子

烏瓜つついて種の仏かな/岡井省二

烏瓜置けば傾く洗屍台/相原左義長

一聯の水城をつづる烏瓜/下村梅子

紅葉散りはてし梢に烏瓜/野村泊月

湯の神の崖に日当る烏瓜/三木照恵

烏瓜日輪常のみち歩む/磯貝碧蹄館

高懸りたるまゝ残り烏瓜/高浜年尾

烏瓜蔓引く力入れすぎず/佐藤宣子

卓の上蔓引きずつて烏瓜/宮津昭彦

うら枯れていよいよ赤し烏瓜/太祇

俳句例:41句目~

烏瓜思ひつむれば仏かな/柿本多映

烏瓜引けば男の傾ぎけり/柿本多映

地図の上旅する町の烏瓜/能美澄江

夕暮の錘りのごとき烏瓜/山田雅子

永遠は真上にありて烏瓜/柿本多映

夕空を航くものがあり烏瓜/中拓夫

この谷戸の日照時間烏瓜/高澤良一

騒しく引かれて烏瓜の蔓/後藤夜半

姉の忌の天地をつなぐ烏瓜/仁平勝

秋風をわづかに染めぬ烏瓜/原石鼎

神々の留守の森にて烏瓜/鈴木松山

顔冷えて来たる頭上の烏瓜/岸田稚

山墓に声ひんやりと烏瓜/関戸靖子

烏瓜幾日溺れし潮を吐く/木村蕪城

廃屋は誰かの生家烏瓜/和田耕三郎

青空の芯より垂れて烏瓜/岩津厚子

烏瓜税につく嘘相似たり/川畑火川

産屋の外男がたぐる烏瓜/吉野義子

雪来るか鮴屋の藪の烏瓜/沢木欣一

烏瓜垂る光陰を思ひをり/館岡沙緻

俳句例:61句目~

烏瓜焚火煙にうすれ見ゆ/野村泊月

烏瓜酒密造のあばかるる/野村喜舟

烏瓜莟をあげて垣越ゆる/山口青邨

烏瓜からす天狗が好物の/高澤良一

突き当る杜の暗さや烏瓜/斎藤道子

つき当る杜の暗さや烏瓜/斎藤道子

近道の藪の径なり烏瓜/中島大三郎

烏瓜蕾を上げて垣越ゆる/山口青邨

まだ濡れて嘴のあと烏瓜/山西雅子

梵妻を恋ふ乞食あり烏瓜/飯田蛇笏

みめよきは白縦縞の烏瓜/大橋迪代

烏瓜一戸づつ減る山の村/河本好恵

烏瓜一部始終を話してよ/森田緑郎

烏瓜さげて吟行戻りかな/千葉大行

あの本の毒まわりたる烏瓜/森田緑郎

うすぐろく水際ありけり烏瓜/中田剛

食卓にあり食べられぬ烏瓜/山口誓子

騒がしく引かれて烏瓜の蔓/後藤夜半

くれなゐもかくてはさびし烏瓜/蓼太

たましひの枕してゐる烏瓜/柿本多映

俳句例:81句目~

わが乳は烏瓜よと告白せよ/平井照敏

快気焔あげてゐるなり烏瓜/高澤良一

一生のいま火の玉の烏瓜/櫛原希伊子

何にでも化ける力の烏瓜/宇多喜代子

別るるや野分がゆする烏瓜/野澤節子

十字架に向つて歩く烏瓜/大木あまり

口の中ねばつく烏瓜ひとつ/田中裕明

地の声を呼び出している烏瓜/実籾繁

夕空を引つぱつてゐる烏瓜/今田清乃

天へ行く綱梯子のごと烏瓜/関森勝夫

天辺の枯れの初めの烏瓜/伊丹さち子

崖の竹伐ればとぶなり烏瓜/藤原如水

恵まれて未知の天より烏瓜/古舘曹人

日は墓の家紋をはなれ烏瓜/古舘曹人

明史来ぬ飄と提げきて烏瓜/石川桂郎

晩年の生きざまふっと烏瓜/河江麗子

死者に無き歳月烏瓜手繰る/佐野美智

母あらばとどく高さに烏瓜/白岩三郎

母とゐる思ひ日ぐれの烏瓜/細川加賀

永き無為書棚に烏瓜ふたつ/星野石雀

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ