季語/枯木(かれき/こぼく)を使った俳句

「枯木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯木」について

【表記】枯木

【読み方】かれき/こぼく

【ローマ字読み】kareki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・裸木(はだかぎ:hadakagi)

・枯枝(かれえだ:kareda)

・枯木立(かれこだち:karekodachi)

・枯木道(かれきみち:karekimichi)

・枯木宿(かれきやど:karekiyado)

・枯木星(かれきぼし:karekiboshi)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯木を含む俳句例

蹲る枯枝の鳩や春隣/風生

日輪を金剛縛り大枯木/上野泰

枯枝に湧く白雲や百千鳥/石鼎

煙突や枯木の中の製造所/戯道

水鳥や枯木の中に駕二挺/蕪村

夕日中甘柿渋柿裸木に/杉本寛

寒月や枯木の中の竹三竿/蕪村

裸木と紅葉半々山手線/高澤良一

朝迎ふ裸木を日に押立てて/林翔

瓦斯燈の光の翼枯枝に/京極杞陽

裸木に裸灯を吊り飾売/飯野燦雨

白露や命はありて枯木かな/来雨

犬細し女も細し枯木中/高野素十

鹿寒し角も身に添ふ枯木哉/蕪村

野猿群跳べり裸木裸蔓/西本一都

寒月を網する如き枯枝かな/虚子

枯木星貧窮既に定まるか/有働亨

枯木中仏に礼し僧帰る/高浜虚子

蹲る鳩を裸木見下ろせり/高澤良一

誰か折る枯枝近し良寛忌/石川桂郎

俳句例:21句目~

木訥の木の心をもて枯木/高澤良一

撃たれ落つ鳥美しや山枯木/原石鼎

瑠璃の空柿の枯枝の曲折に/瀧春一

老足を遊ばす故山枯木中/岩木躑躅

裸木に号泣といふ縋り方/橋本榮治

枯枝ほきほき折るによし/尾崎放哉

裸木の瘤の如しや信濃人/草間時彦

枯枝に初春の雨の玉円か/高浜虚子

裸木の無心が心憎き日や/高澤良一

しら梅の枯木にもどる月夜哉/蕪村

裸木の欅の如菩薩仏菩薩/高澤良一

打仰ぐ大枯木枝飛ばしをり/上野泰

枯木山黒き果実となる鴉/高井北杜

晩年の枯木の管を水通る/高澤晶子

兎狩枯木枯枝鳴らしつゝ/西沢破風

寒禽や枯枝も繁に柞の木/成田千空

入日急遠目の馬に枯木添ふ/桂信子

癩人の相争へり枯木に日/村越化石

枯木たつ中に電信柱かな/松瀬青々

町内に枯木と月と銭湯と/高澤良一

俳句例:41句目~

冬木より枯木に移る夕鴉/長谷川双

枯木から絞り出したる時雨哉/斗文

枯枝の網の目に星牡丹鍋/平畑静塔

枯枝に烏とまりけり秋の暮れ/芭蕉

凧遠し家根と枯木と半せり/瀧春一

凩に三味も枯木の一ツ哉/正岡子規

温顔のそのまま枯木菩薩かな/原裕

枯木大揺れ煙突煙横倒し/高濱年尾

裸木の光と蔭の部分かな/高澤良一

少年の口笛澄みぬ枯木星/石川文子

道埃どうと上るや枯木中/西山泊雲

堂の扉の枯木模様の又変る/上野泰

裸木の一本づつに朝日影/高澤良一

鳥礫また飛び枯木山静か/加古宗也

風あたり強き妙義の枯木宿/上村占

頂上の枯木に群るゝ秋燕/野村泊月

大枯木前後左右を忘却し/津田清子

山廬まだ存す岳麓枯木中/高浜虚子

椿山荘枯木の中の椿かな/会津八一

奥山や枯木の穂にも初日影/原石鼎

俳句例:61句目~

枯枝を笄ざしや落葉籠/吉岡禅寺洞

雪解や枯木の上の青い山/佐野良太

裸木に雀あつまる神迎/柴田白葉女

雁の棹枯木の上に一文字/高野素十

鏡なす空に枯木の物狂ひ/高澤良一

枯木中白樺凝乎と巨の骨/石塚友二

雲遊ぶ秋山頂の枯木かな/臼田亞浪

裸木となりてはじめて交す影/檜紀代

裔いまだ體中の微塵枯木星/石塚友二

むつくりと岨の枯木も霞みけり/杉風

薄き冬日枯木の瘤に集中す/菖蒲あや

葱買ふや枯木のうらの風からび/康治

枯木道脇挾む本ぬくとかり/高澤良一

葱買て枯木の中を帰りけり/與謝蕪村

花嫁着く枯木は道の一行詩/古舘曹人

ダムの春水没枯木動かれず/辻田克巳

脱帽といふ他はなき枯木瘤/高澤良一

枯木山からしんがりの雨男/長谷川双

枯木星赫と一顆や神話村/迫田白庭子

枯木星仰ぎ男は素手で泣く/中村苑子

俳句例:81句目~

一すぢの滝のこころや枯木山/原石鼎

縦横に枯木の影や下萌ゆる/高浜虚子

木っつきや枯木尋る花の中/内藤丈草

一匹だに影の見えぬ枯木谿/高澤良一

枯木山日暮のいろを怺へをり/石嶌岳

綿摘みてあとは枯木や綿畠/村上鬼城

朴枯木匂ひて僧の通りけり/村越化石

枯木山曲りて大き屋根かくす/及川貞

七宝の時計も置かれ枯木宿/原コウ子

枯木山美しければ人に添ふ/原コウ子

三葉ちりてあとは枯木や桐の苗/凡兆

世に敗れ悔なし枯木矗々と/山口草堂

最上源流音なく白し枯木中/千手和子

立春の朝霧しづる枯枝かな/臼田亞浪

枯枝ぽきぽきおもふことなく/山頭火

人生の如し枯木と松交り/田川飛旅子

立ち止り羽織に枯木影とまり/上野泰

神楽師の飲食枯木踏む音す/栗林千津

神木の枯木の影も踏むまじく/上村占

枯木かげ夜の蒟蒻氷りけり/松瀬青々

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ